【新しくなった電気バスで黒部へ!】トロリーバスから電気バスに変わった関電トンネルで黒部ダムへ!

秋らしくなってきました…かね?最近暑い気がする今日この頃、どうもTakayamaLine85です。

さて、今年は電気バス元年!ということで、唐突ながら黒部ダムへ行きます!
電気バス誕生記念ということで乗車券割引券を去年もらったので、それを使いに…
実は飛騨高山から扇沢経由で黒部ダムに行く場合、往復セット券を買うと6,800円なんです…
一人から申し込める自由散策ツアー型の割引料金の金額です。
にもかかわらず、私は濃飛バス扇沢線正規運賃往復6,800円+関電トンネル電気バス2,050円を支払って黒部ダムまで来てしまったのです…

まぁそんなこんなで、高山濃飛バスセンターから平湯を経由して扇沢へ
一応高速バスです。
松本ICから安曇野ICまで1区間だけ高速に乗るんです(笑)

扇沢で名物の中里さんの口車にのせられ、弁当を購入(笑)

関電トンネル電気バス 黒部ダム駅にて

黒部ダムに到着!
音がとにかく静か!
一般の人は静かで心地いいと思いますが、なんせ先代のトロリーバスがあのGTO-VVVFインバータ搭載だったものですから、私からしたら物足りないです…
トンネル内に響くあの音が聞けないのは寂しいですね…

黒部ダムの虹♪

今回は電気バスに乗るのがメインなのですが、黒部ダムもせっかくなので見ておきます!
ありがたいことに虹が出ました♪
展望台から堰堤までを何回か行ったり来たり…この日だけで会談を1,000段以上は上り下りしたと思う(^_^;)
太陽が出ていたので暑かったぁ…

黒部ダムを満喫し、撮りバスをして帰ります。

関電トンネル交換所

トロリーバス時代は無軌条電車ということでれっきとした鉄道でしたが、電気バスになってから、鉄道としての届を廃止し、バス運行という形になりました。
免許も動力車操縦免許と大型二種から大型二種のみの免許で運転できるようになりました…
とはいえ、出発信号機や通票はまだまだ健在で、鉄道の感じがします。

大破砕帯 関電トンネルトロリーバス

破砕帯をあっという間に通過し…

電気バス 扇沢駅到着!

あっという間に扇沢…
電気バスは扇沢に着いたらやることがあるんです!

電気バス蓄電中

一番大事な充電!
車載パンタグラフをニョキっと伸ばして専用の通電設備にタッチ!
次の発車までの間に充電します!
大容量の急速充電バッテリーの技術の進歩によってなせる技ですね♪

今回の動画です♪

扇沢からは高山まで直行!
楽しい1日でした♪
そろそろ立山黒部アルペンルート通り抜けしたいですね…

登山アプリYAMAP限定ピンバッジを求めて~魔王岳登山と新穂高編~

前回の続きです!
前回の様子はコチラをクリック!

登山アプリYAMAPと北アルプスがコラボしたピンバッヂがもらえるとのことで、乗鞍へ。
YAMAPをインストールして岐阜県のアカウント「岐阜旅スタイル」をフォローしてレッツゴー!
前回は畳平のお花畑を巡りましたが、今回はちょいと登山。

とその前に、腹ごしらえ。

宿儺鍋とおにぎり、おやき 畳平バスターミナルにて

宿儺鍋と、おにぎりと、おやき。
飛騨と信濃の名物がひとつになりました!
畳平バスターミナル内にはレストランやお土産屋、軽食コーナーもあるので、ありがたい♪
山の上プライスということで少々高いのかな?

さて、腹ごしらえの後は腹ごなし。

魔王岳登山口

2度目の登頂を目指して出発!
といっても、所要15分。
軽い山登りです♪

熊がよく出てます!しかも21日は2頭も出た!

熊鈴を鳴らして登ります。

コマクサ 魔王岳にて

魔王岳に登る理由は高山植物の女王「コマクサ」を見るためでもあります♪
魔王岳の入口にはかなりの量のコマクサが群生しています♪

コマクサ 魔王岳にて

小さくてかわいい♪

魔王岳から剣ヶ峰と摩利支天岳を望む

曇りとはいえ、剣ヶ峰が見渡せました♪
白いドームは摩利支天岳のコロナ観測所。

そして登頂!

魔王岳山頂

乗鞍スカイラインが見えます♪
ガスがかった日も悪くないねぇ!

乗鞍スカイラインと濃飛バス

濃飛バスが走っていきます。
この雄大さは北海道と乗鞍くらいじゃないでしょうかね。

さて、下山して、シャトルバスで帰ります。

アルピコバスとほおのき平バスターミナル

帰りのバスは当初、アルピコ交通担当便の予定でしたが、まさかの満員!
畳平で濃飛バスのスタッフさんとアルピコ交通のスタッフさん協議の結果、アルピコと濃飛の2台体制で走ることに!
会社を超えたチームワークに感謝!
私は2号車の濃飛バスに乗車!
ということで、2台で運転するシャトルバスに揺られほおのきへ。

さて、今日はここまで…と思いきや!

新穂高ロープウェイ しらかば平駅

ほおのきから車で40分。新穂高へ!

こちらにもYAMAPとのコラボバッヂがあります!

しらかば平駅の向かいにある新穂高ビジターセンターでもらえます♪

YAMAPコラボバッヂ

こちらのバッヂもいいデザイン♪

一応ロープウェイは索道ということで、私は鉄道だと思い込んでいます!
調べてみたらロープウェイは鉄道事業法に基づいて営業しているらしいですが、鉄道に分類するのは厳しいらしいですね。

新穂高ロープウェイ 2階建てゴンドラ
新穂高ロープウェイ第2ロープウェイ 2階建てゴンドラ

麓からロープウェイに乗ろうと思ったのですが、最終が行っちゃった後だったので、鍋平高原まで車を走らせ、第2ロープウェイの始発駅でゴンドラを見送りました。

そしてそして!ビッグニュース!
今の第2ロープウェイ、日本初の2階建てゴンドラもついに引退…

ついに今の2階建てロープウェイも見納め!

近未来の黒っぽいゴンドラになります…
防滴ガラスなので、温度差によるガラスの曇りが軽減されるらしい…
来年に期待です♪

さて、最終のゴンドラを見送り、おうちに帰ります。
何度も行っている奥飛騨エリアですが、何度行っても楽しいなぁ…
今月中にロープウェイに乗りたいなぁ…今月だけ高山市民900円OFFやし…

登山アプリYAMAP限定ピンバッジを求めて~乗鞍岳お花畑編~

中々晴れないですよね…最近…
じめじめするし…気持ちが悪い梅雨日和が続いています。

土曜日の仕事を終え、1日だけの休日、6月21日にちょいと涼みに乗鞍へ行きました。
麓の天気も悪いので、もちろん山の上の天気も悪かったですが、どうしても欲しいものがあったので、わざわざ2,700メートルへ向かいます。

あ、ちなみに、今回は鉄道要素一切なしです!
今回は地元自慢ブログです♪

ということで、自宅から車を走らせ40分。
ほおのき平駐車場に到着!
ここから乗鞍スカイラインで畳平へ!

ほおのき平バスターミナル

乗鞍岳畳平バスターミナルへはマイカーでは行けません。
環境保護の観点で、乗鞍スカイラインはマイカー規制が行われていますので、ほおのき平バスターミナルからシャトルバスに乗り換える必要があります。
平湯バスターミナル始発のシャトルバスもあるので、奥飛騨温泉郷や上高地方面からも乗り継げます♪

バスで出発!
クネクネした道を登っていき、背の高い木が多い森林ゾーンから徐々に木の背が低くなり、森林限界を突破!

乗鞍スカイライン

ハイマツの鮮やかな緑。
高山帯に突入してきた感じがしますね♪

ほおのき平から約40分。あっという間に畳平に到着!

乗鞍山頂畳平バス停

日本一高いバス停です♪

そして、わざわざこんな高いところまで来たのは…これが欲しかったから!

YAMAP北アルプスコラボバッヂ

このピンバッジが欲しかった!
登山アプリ「YAMAP」と濃飛バスのコラボキャンペーンで、アプリをダウンロードして、YAMAP岐阜旅スタイルをフォローした人で、畳平までこれた人にはこのバッヂがプレゼントされるんです!
濃飛バスのエアロエースと雷鳥、コマクサと乗鞍岳がひとつになったピンバッヂ、なかなかクオリティが高い!

これにて任務終了!

乗鞍本宮中之社にお参りして御朱印を賜り、お花畑へ!

乗鞍本宮 中之社

せっかくここまで来たので、高山植物を鑑賞しましょう!

コバイケイソウのつぼみ 乗鞍畳平お花畑にて

淑やかに佇んでいます。

ミヤマキンバイ 乗鞍畳平お花畑にて

高山植物は寒い中で健気に我慢する姿にキュンとくるんですよね♪

乗鞍お花畑

まだつぼみの花もありましたが、いい感じに咲いていましたよ。

イワカガミ 乗鞍畳平お花畑にて

今回もイワカガミに出会えました♪
この小さな感じ、かわいいんですよね♪

そして、高山植物の王様といっても過言ではないこの花もにも出会えました!

クロユリ 乗鞍畳平お花畑にて

やはりクロユリ!
コマクサは高山植物の女王ともいわれていますが、私はクロユリは王様だと思っています。

高山本線の急行くろゆりの名前の由来にもなっていますよね♪

お花畑を散策していると、突然!

突然の霧 乗鞍畳平お花畑にて

あたりが真っ白に!
麓から上がってくる霧に包まれて前が見えなくなりました!
幻想的な空間♪

そろそろお昼。

ハクサンイチゲ 乗鞍畳平お花畑にて

ハクサンイチゲを撮ってからお昼にします♪

さて、次回はちょいと気まぐれで2度目の魔王岳に登りまして、下山します。

避暑地へ逃げろ!上高地・乗鞍へ向かう!~乗鞍・摩利支天岳編~

前回の続きです。

それにしても暑い!!!
前回は上高地で涼みましたが、次は乗鞍へ向かいます!

乗鞍畳平シャトルバス 平湯バスターミナルにて
平湯に戻ると猛暑に逆戻り…
ちょっとの暑さを乗り越えてシャトルバスに乗ります!
今回はアルピコ交通担当便!

乗鞍スカイライン シャトルバスから
ずんずん登ります!
どんどんと広葉樹の背丈が低くなり…
森林限界に突入!
ハイマツの茂る高山帯に入りました!
乗鞍スカイライン法面崩落箇所 シャトルバスから
今回の西日本豪雨によって乗鞍スカイラインもいくつか被災しました…
今は復旧しましたが、完全復旧ではないですね…
乗鞍畳平バス停
終点、乗鞍山頂(畳平)に到着!
日本一高いバス停です♪
乗鞍は2回目。
3週間前に行ったときは魔王岳に登りました!
今回は距離を伸ばして、目指すは…摩利支天岳!!
ということでその前にちょっとお花畑によります♪
畳平には高山植物が群生するお花畑があります!
この時期は高山植物にとっては春!今が盛りです♪
ということで、高山植物を紹介!
ハクサンイチゲ

ミヤマクロユリ

チングルマとコイワカガミ
コマクサ

ミヤマキンポウゲ
イワギキョウとイワツメクサ
こんなにいっぱい咲いてました!
どれも美しい…♪
花の名前、難しいですね…間違ってたらごめんなさいm(_ _)m
高山本線をかつて走った急行「くろゆり」の由来になったクロユリも見れて大満足!
さて、畳平から標高2873m、摩利支天岳を目指します!
乗鞍エコーライン 長野県側

岐阜県と長野県県境
途中、長野県側に下る道を発見…これは…あぁ!!
うわさに聞いた乗鞍エコーラインですね!!
岐阜県側の乗鞍スカイラインと長野県側の乗鞍エコーラインが畳平へのアクセス道路です。
長野県と岐阜県を行ったり来たりして遊んだら…
乗鞍登山道から畳平バスターミナルを望む
登っていきます!
コロナ観測所への物資搬入のために広く登山道が作ってあるので、登山というよりはハイキングに近い感じです。
不消ヶ池と摩利支天岳コロナ観測所
畳平にある施設の水源として利用している不消ヶ池。
雪がゆっくり解けてきれいな水が溜まっています。
おいしそ~!div>

左上にあるドーム状の建物が今回のゴール!
途中、乗鞍連峰最高峰の剣ヶ峰と摩利支天岳の分かれ道をさらに登ります!
摩利支天岳から剣ヶ峰と肩の小屋を望む
登り切りました!!
到着!
向かいには乗鞍岳最高峰剣ヶ峰が見えます!
フォ~!高い!
そして剣ヶ峰といえば…
自然科学研究機構乗鞍観測所 旧コロナ観測所
コロナ!!
ここに来たかった!
コロナ観測所としての機能は人工衛星に役目を譲りましたが、乗鞍観測所として設備は利用されています。
この日は誰もいませんでした…
それにしても涼しぃ!
雪も残っとるし、時折曇り空になる瞬間に冷たい風がまた気持ちいい!!
最高の避暑体験を満喫して平湯に戻り、あかんだな駐車場へ。
驚いたんですが、平湯バスターミナルからあかんだな駐車場までってバス運賃タダ!なんですね!
ちょうど財布の中身が空っぽになっていたので、助かりました(^_^;)
平湯に戻ってきたら…暑いっ!!
やっぱり下界は暑かった…現実に引き戻されました…
また行きたいなぁ…

“避暑地へ逃げろ!上高地・乗鞍へ向かう!~乗鞍・摩利支天岳編~” の続きを読む

避暑地へ逃げろ!上高地・乗鞍へ向かう!~上高地編~

いやぁ…暑い!!!

もはやこの猛暑は災害です…
かつては飛騨高山は避暑地として賑わいましたが、それは昔話…
都市部と変わらずとにかく暑い!
36度以上の日が続いています…
ついに高山から抜け出すことにしました!
向かうは最後の避暑地!上高地・乗鞍!
まずは上高地に向かいました。
上高地 大正池バス停
上高地はマイカー規制中なので、岐阜側から向かう際は平湯のあかんだな駐車場に止めてシャトルバスで向かいます。
長野県側からはさわんど駐車場等に止めてシャトルバスで向かう感じです。
上高地は5年前に行ったので、今回で2回目。
前回は高校の研修旅行で河童橋から北に行ったのですが、今回は自由なので、大正池から河童橋を目指します!
焼岳と大正池
最初にお出迎えしてくれたのはどーん!と構える焼岳!
粘性のマグマでできたドーム型のごつごつした感じがたまらない!
そして涼しい~!
クーラーが程よくかかっているかのような体感♪
林間の遊歩道を歩いて穂高・田代橋を渡ると梓川沿いに道が続きます。
梓川と霞沢岳方面
かぁ~っ!!水が透き通っとる!
冷たい!!
一人でキャッキャしていました…
さらに歩いて、今回の目的地、河童橋に到着!
上高地 河童橋から穂高連峰を望む
人が多い( ゚Д゚)!
でも天気が良すぎ!
上高地 河童橋から焼岳を望む
途中のシャトルバスも全便満席…
ダイヤにない臨時便も大量に増発され、バス車内では補助席も展開するという大盛況ぶりでした。
信州アフターDC効果もあってかお祭り状態でした!
上高地 河童橋から穂高連峰を望む
上高地は風光明媚なので、写生を楽しむ方々もいらっしゃいました!
油絵のキャンバスに穂高連峰が美しく閉じ込められました。
さて、お昼にしよう!
上高地ルミエスタホテル河童のひるめし 上高地 河童橋にて
散策途中にルミエスタホテルによってお弁当を購入!
ルミエスタホテルは売店でいろんなお弁当が売ってあるので、目移りしました!
山賊焼きに河童巻き。信州らしい料理を満喫!
最高の景色と最高の弁当を楽しんだ後、早いですが、上高地を後にします。
上高地バスターミナル
ず~っといたかった…
でも乗鞍が待っているので、平湯に戻ります!
アルピコ交通と濃飛バスがひっきりなしに出入りしています。
いやぁ…気持ちよかった…
次回は乗鞍畳平に向かいます!

“避暑地へ逃げろ!上高地・乗鞍へ向かう!~上高地編~” の続きを読む

プチ登山!乗鞍畳平へ向かう!~その3・帰る編~

前回の続きです。

魔王岳にプチ登山した後、畳平から乗鞍スカイライン経由で帰ります。
最終便で帰ろうかと思っていましたが、その前のバスが…
乗鞍線シャトルバス アルピコ交通担当便
何とアルピコ!!
松本電鉄バスは初めてなので、乗ってみました!
乗鞍線は濃飛バスとアルピコ交通の共同運行便です。
それでは出発!
乗鞍スカイラインの眺め 乗鞍シャトルバス車内より
何度見ても美しい道です♪
この場所、濃飛バスさんのホームページでも使われている有名な撮影スポットです。
乗鞍スカイラインから高山市街地を望む
高山市街地が見えてきました!
キラキラしているのが高山、右上にあるのは白山連峰!
自宅からかなり高いとこまで来たと実感できます。
疲れからかウトウト…
あっという間にほおのき平バスターミナルに到着!
ほおのき平バスターミナル
初めてのアルピコ車両。このカラーリングが好きです♪
ホントに心が洗われました!
すっかり乗鞍の虜になっちゃいました。
思えば今年は中部山岳国立公園を満喫していますね♪
大人の公園遊びですね(^^♪
また行こうかな…

“プチ登山!乗鞍畳平へ向かう!~その3・帰る編~” の続きを読む

プチ登山!乗鞍畳平へ向かう!~その2・魔王岳登山編~

前回の続きです。

乗鞍スカイラインで畳平に到着!
畳平から気軽に登れる魔王岳を目指します!
畳平から魔王岳までは高低差約60m。所要15分程度。
それではゆっくり登っていきましょう!
魔王岳登山道から恵比寿岳方面を望む
気分がいいです!めっちゃ風が強い!
後ろを振り返ると…
乗鞍コロナ観測所
おぉ!これがコロナ観測所!
2010年に人工衛星に役目を譲り、今は閉鎖中です。
乗鞍にあるこのコロナドームは乗鞍の象徴ですね!
登山道を歩いていると足元にはこんなかわいいものが!
コイワカガミ 魔王岳登山道にて
コマクサ 魔王岳登山道にて
まだまだ寒いので、縮こまって咲いていました!
写真ではよく見る高山植物たち。初めてこの目で見ることができました!
またいっぱい咲いたときに行こうかな♪
鶴ヶ池 魔王岳登山道
長野県側を見ると鶴ヶ池が広がります!
雪も残っています。なんだか、君の名は。を思い出すのは気のせいかな?
そうこうしているとどんどんと岩肌が厳しくなり…
魔王岳山頂
標高2,764m、魔王岳に到着!
天が近い…このまま吸い込まれそう…
いつも高山市民として眺めていた乗鞍岳。
その懐は壮大で強いものでした。
この山の麓に住んでいることが誇らしく感じた魔王岳登山でした。
さて、魔王岳から降りて、再びシャトルバスで乗鞍スカイラインを下り、帰路につきます。
次回へ続く…

“プチ登山!乗鞍畳平へ向かう!~その2・魔王岳登山編~” の続きを読む

プチ登山!乗鞍畳平へ向かう!~その1・乗鞍スカイライン編~

高山市民としていつも眺めている飛騨山脈・乗鞍連峰。

飛騨人の心のよりどころといっても過言ではない山です。
山の形が馬の鞍に見えることから乗鞍岳と命名されたと言われています。
そんな乗鞍岳の懐に飛び込みます!
ずーっと行きたかった乗鞍・畳平へ向かいます!
天気が良かったので、昼飯を食べて急行!
ほおのき平バスターミナル
今回のスタートはほおのき平バスターミナルから。
ほおのき平スキー場の駐車場に隣接しているバス停です。
高山からここまで車で向かいました。
なんといっても無料駐車場ということがありがたい♪
きっぷを買っていざ乗車!
乗鞍スカイラインから笠ヶ岳・穂高連峰・焼岳を望む
途中まで平湯峠に沿って上り、そこから乗鞍スカイライン!
自動車の通行規制が行われているので、シャトルバスと一部の許可車両のみが通行できる山岳道路です。
ぐんぐんと登っていきます!
知らないうちに焼岳より高いところにいました( ゚Д゚)!
乗鞍スカイライン走行中! 濃飛バス車内から
それにしてもよくこんなところに道路を作りましたね。
ここで、乗鞍スカイラインの歴史をザックリと。
乗鞍スカイラインは戦時中、陸軍航空本部の航空機の高地エンジンテストを行うための輸送道路として建設されました。
終戦後は一般道として整備され、自動車で賑わいました。
さらに、大型バスが通れるように濃飛乗合自動車(濃飛バス)が整備し、現在の道幅となりました。
平成15年には一般車両の乗り入れを禁止し、シャトルバスの運行を開始しました。
とまぁ、乗鞍スカイラインの説明をしていると知らないうちに木々がなくなり、森林限界を突破したようです!
ハイマツが広がり、高山帯に入ったことがよく分かります!
車内では乗鞍やスカイラインの説明も自動音声でされ、長めのいいところではいったん停車してくれます。
乗鞍スカイラインから松本市街を望む
ずいぶんと登り、そろそろ畳平に到着…
ふもとには松本市がよく見えます!すごいなぁ…この眺め!
乗鞍山頂(畳平)バスターミナル到着
乗鞍畳平に到着!標高日本一のバス停!
さむっ!!気温は12度( ゚Д゚)!!
空気が澄んでいました!
麓のほおのき平で買ったポカリスエットは膨張し、キャップを開けるとプシュッ!!と音がしました!
それだけ登ってきたということですね!
最高の天気!
次回は畳平からほど近い魔王岳に登ります!
とっても気軽な登山です!
クマ鈴をつけていざ!次回へ続く…

“プチ登山!乗鞍畳平へ向かう!~その1・乗鞍スカイライン編~” の続きを読む