【さようなら愛知原色DD51】ありがとう。ご苦労様でした。

C56160が本線引退という悲しいお知らせの後にまた悲しいお知らせが立て続きました…

JR貨物 愛知機関区で活躍していたDD51-1805とDD51-853がついに解体されました…
この2つのカマはJR貨物にいるDD51の中で唯一の原色でした。
現在、JR貨物に所属するDD51はすべてがJR貨物更新色となっている中、彼らはひと際人気でした。
国鉄時代のままの姿で走り続けた2人。すでに本線運用から離脱し、休車状態になっていましたが、5月28日~5月29日にかけて、愛知機関区の脇の解体線で解体されました…
貨物に目覚めるきっかけを与えてくれたカマたちだけに寂しい気持ちでいっぱいです。
元気に走っていたころのDD51-1805とDD51-853の様子です。
2080レ(DD51-853)と5307G(313系B521編成) 四日市駅にて 2016年4月16日
初めて見た原色愛知DD51は853でした!
この時は初めて四日市に降りた時で、貨物の貨の字もわからない頃でした…
懐かしいなぁ…
この日に同時にDD51-1805にも会うことができました!
四日市貨物駅で留置中のDD51-1805 四日市駅にて 2016年4月16日
めっちゃカッコいい…
この何というか…留置されていても感じる力強さ…
そしてこのカラーリング…美しすぎる力強さ、ため息しか出ないですね…
このころはまだまだ原色はフル活動で下調べなしでも会えることがしばしば…
2085レ(DD51-853) 富田ー富田浜にて 2016年9月10
2016年は2度ほど四日市へ撮りに行きましたね。
9月の時はコンテナの仕業に見事DD51-1805が入っていましたね。
このころから撮影する方が増え始めましたね。
この場所でも3人ほどいましたね。
2085レに入ったということは、2080レにも入るので、四日市駅で撮影しました。
仕業についてもあまり理解していなかったころでしたね。
必死に追いかけていたのを思い出します。
2080レ(DD51-1805) 四日市ー富田浜にて 2016年9月10
四日市を出てポイント制限が過ぎたころ、ノッチを上げて排煙が出始めたころですね。
本当にかっこよかったなぁ…
この時の貨物撮影遠征は原色で始まり、原色で終わった思い出が強いですね。
単8380レ?(DD51-853) 清洲ー稲沢にて 2016年9月10日
清洲で最後に石油輸送を撮って帰ろうとしたところ、稲沢線を単機原色が通過!
ラッキーサプライズでした!
原色を撮影した期間は極めて短かったですが、濃厚な思い出でした…
最後に、運用を外れ、愛知機関区でお休みをしていた彼らを目撃した時の様子です。
DD51-853 愛知機関区にて 2017年8月12日
四日市撮影の帰りでしたね。
今にも本線運用に復帰しそうな雰囲気が…
DD51-1805とDD51-853 愛知機関区にて 2018年5月4日
まさかこれが最後の姿になるとは夢にも思っていませんでした…
よく見るとすでにナンバープレートは取り外されていました。
1805しか写っていませんが、実はその隣に853が連結されているようでした…
まさに解体の下準備を行っていた最中だったのですね…
懐かしい色合い、東海道本線の電気機関車に交じって一生懸命走る姿。
重連で爆煙を上げて走る姿…何もかもが今となっては懐かしいです。
貨物の撮影を始めるきっかけを作ってくれたDD51。
その中でも国鉄の雰囲気を残して走ってくれた1805と853。
長い間本当にお疲れさまでした。そして、最高の思い出をありがとうございました。
そして今日、さらに悲しいお知らせが襲いました…
何と南四日市貨物終了( ゚Д゚)!!
寂しい…

“【さようなら愛知原色DD51】ありがとう。ご苦労様でした。” の続きを読む

【惜別!!C56160】ありがとう、ご苦労様でした!~我が家の中にいるシゴロク。~

5月27日。

ついに琵琶湖路から、名機が引退しました…
その名はC56160。通称シゴロク。
C56160 SL北びわこ号 京都鉄道博物館 梅小路蒸気機関車庫にて2018.03.23
シゴロクは主に小規模ローカル線での貨物や旅客に従事していた小柄な蒸気機関車です。
小柄で軽快な趣から「ポニー」とも呼ばれます。小海線でのシゴロクは高原のポニーなんて呼ばれてましたね。
その中でも160号機は″日本における″C56の最終製造機です。
「日本における」…そうなんですよね!
実はC56は164機製造され、160号機より後には161号機から164号機が存在していたんです。
C56の161号機から164号機、悲運な運命をたどった機関車だったことを先ほどデゴイチよく走る!で知りました。( ゚Д゚)!
161号機から164号機は日本の北、日本統治下の樺太で運用されました。
第2次世界大戦が終わり、ソ連軍が樺太に侵入。その時と思われますが、ソ連軍に接収され、ロシア本土で走ったとか目撃されたとか…
そこから彼らの消息は不明…シベリア抑留された日本人と同様にソ連に抑留された機関車という悲しい人生でした…今はどこにいるのかな?(T_T)
ちょっと横道にずれましたが、ここでC56160の人生をザックリと。
1939年4月20日のに現川重兵庫工場で新製。札幌や静内、室蘭を中心に活躍した後本州にやってきて岡山・鹿児島・横浜・松本・上諏訪・長野・七尾と転々としたのち、長野工場で動態保存仕様に改造され、梅小路へ。
いろんなところで活躍したんですね。
梅小路に配置された後も激動の人生でした。
SL北びわこ号を主な仕事場としながらも、時々SLやまぐち号のヘルプに赴いたり…
さらに、東北から四国までイベントSL列車の牽引機として貸出されましたね…
SL飛騨路号もその一つ。
そして、2018年5月27日。SL北びわこ号の運転をもって本線走行から引退…
ここまで激動の人生でしたね…本当に、本当にお疲れさまでしたm(_ _)m
今頃、引退セレモニーが京都鉄道博物館で行われている頃でしょうかね?
我が家の中にもC56160が残ってます。
C56159 なんちゃってC56160走行中
まずは模型。残念ながら小海線仕様のC56159ですが、強引にヘッドマークを付けました。
SL飛騨路号の最終日に行われた旧型客車2両を牽引して。
軽やかで小さなシゴロク。私の小さなジオラマにぴったりです♪
この機に160号機化しようかな…
C56160牽引「SL飛騨路号」 上枝ー飛騨国府にて 撮影者不明?

C56160牽引「SL飛騨路号」 上枝ー飛騨国府にて 撮影者不明?
そして我が家の玄関にはSL飛騨路号の雄姿を写した写真を飾っております。
知り合いの人からもらった写真で一部くしゃくしゃになっていますが、額縁に入れたらいい感じになりました。
どなたが撮影されたか不明です。
この写真を撮影された方!いらっしゃいましたらコメントいただけると嬉しいです♪
PCの中の写真を漁っていたら…出てきました!
C56160 SL北びわこ号 京都鉄道博物館 梅小路蒸気機関車庫にて2018.03.23
おそらく、多分、C56160を自分の目で見たのはこれが初めて!
3月の北びわこ号の準備中でした。
高山本線とはあまり関わりの中ったカマでしたが、23年前の奇跡の汽笛でC56160と高山本線に縁ができたと思います。
小さいながらも一生懸命走るその姿に惚れました。
長い間、本当にお疲れさまでした。そしてありがとうございました!
SLスチーム号として活躍する姿を楽しみにしています!

“【惜別!!C56160】ありがとう、ご苦労様でした!~我が家の中にいるシゴロク。~” の続きを読む

定尺レール運搬車キヤ97、ちっ、近い…2018.05.26高山駅工臨

急行ぬくもり飛騨路号を撮影しに行く途中、高山駅にふらっと寄ったところ、なんと!!

キヤ97 R2編成 レール下ろし作業中 高山駅にて
キヤ97からレールを降ろすところでした!!
25mレールはおおよそ1.2トン程度(50kgレールの場合)。それが30本程度あるので、約36トンあるのではないでしょうか!!
JR東海のレール運搬は2008年までDD51などの機関車がレール運搬用貨車を牽引して運搬されることがほとんどでした。
しかしながら、機関車のメンテナンスや機関車運転士の確保など、煩雑になっていたため、旅客運転士でも運転できるレール運搬車を開発し、誕生したのが、キヤ97系です。
キヤ97は運転席のみが残っている特徴的な見た目から、「生首」などと呼ばれることも…
高山駅にいたキヤ97系はR2編成。25メートルの定尺レールを運搬するのが主な仕事です。
2両編成で運転されるR1・R2編成のほかにも、13両編成でロングレールを運搬するR101編成もありまして…前者は短キヤ、後者はロンキヤなんて呼ばれることもあります…
さて、この日の高山駅にはキヤ97のほかにも…
マルチプルタイタンパ UNIMAT 08-275 高山駅にて
マルタイもおる!!
そういえば、この週の半ばに我が家の横をタイピングしていきました!!
彼もなかなか古くなっているので、そろそろかな…
レールの下にある砂利、バラスト。そのバラストは振動の軽減と騒音の軽減という役割を果たしています。
列車が走っていると、バラストの間に隙間ができ、不快な揺れや騒音の原因となります。
そのバラストの隙間を埋めるのがマルタイ。8本の爪をバラストに突き刺し、高速振動させることで、バラストの感覚が詰まり、より強い路盤を作ります。
急行ぬくもり飛騨路号撮影後、サンアート高山で休憩。
サンアート高山 グレープフルーツレアチーズケーキ
このチーズケーキめっちゃうまい!!
もはやプリンを食べているようです!!プルっプル!!
サンアートでは只今、KKさんの蒸気機関車写真展が開催中!!

SL飛騨路号 1994年12月 高山駅にて
北海道を中心に撮影された写真たちの中に、今回は1枚だけ高山本線にまつわるSLの写真が飾られました。
SL飛騨路。高山本線全通60周年を記念して梅小路蒸気機関車館からわざわざやってきてくれたC56160。
彼もついに、本日5月27日をもって本線運用から退くことになります(T_T)
再び高山駅へ。
キヤ97 R2編成 高山駅にて
キヤ97 R2編成 高山駅にて
近い…近い…なかなかこんなにしっかりキヤ97を撮ったことがないので、大興奮♪
高山駅西側は午後順光なので、きれいに映ります♪

“定尺レール運搬車キヤ97、ちっ、近い…2018.05.26高山駅工臨” の続きを読む

暑い!!急行ぬくもり飛騨路号を撮る!2018.05.26

絶賛運行中!

急行ぬくもり飛騨路号!
2017年5月、新緑の高山本線に颯爽とデビューした臨時急行!
2018年も運行中!
5月12日から6月9日までの土曜日のみ、しかも下りのみとデビュー当時から縮小されました。
先週は乗って楽しみましたが、今回は撮って楽しみました。
回送ダイヤを把握していなかった後悔をもとにしっかり調べて、いざ!!
高山本線上枝ー飛騨国府間を中心にウロウロ…
1028D ひだ8号 飛騨国府ー上枝にて
ここで回送を正面ドカンを狙う計画でした。当初は。
回送の前の本番のぬくもり飛騨路号の場所もロケハン。
やってくる列車たちでテスト。
こんな珍客も…
撮り鉄の間合いのキジ
メスのキジが道路を横切っていきました!
ぬくもり飛騨路の前に追分の「だんらん」でランチ♪
そして、本番!
9101D 急行ぬくもり飛騨路号 上枝ー飛騨国府にて
縦で構えていたので、こうなりました!
横のほうが良かったと思いますが、これはこれでいいかな♪
次は回送です♪
間のひだ12号、ひだ10号で試し撮り。
回9112D 急行ぬくもり飛騨路号回送 飛騨国府ー上枝
ギリギリ!!
もうちょっと余裕が欲しかった…
本来なら最初の場所で真正面の顔を狙うつもりでしたが、編成撮りしたくなったので、移動。
この後、高山に戻り、サンアート高山でKKさんのSL写真展を見て、チーズケーキ♪
回9112D留置中 高山駅にて
急行ぬくもり飛騨路号は飛騨古川から回送後、高山駅の留置線に入ります。
ひだ11号の高山編成と連結して、ひだ18号として帰ります。
ひだ18号を撮るために高山からさらに南下!
36D ひだ16・36号 飛騨一ノ宮ー久々野にて
ひだ18号の前にもはや当たり前となった10両ひだを撮影。
久々野のこの場所は広くていいんですが、架線柱と架線が邪魔…
久々野からさらに南下!
38D ひだ18号 渚ー飛騨小坂にて
急行ぬくもり飛騨路号期間中のひだ18号はとっても長い!!
何と9両!!しかもグリーン車なしのモノクラス9両編成です!
通常編成4両に1両増結。さらに!急行ぬくもり飛騨路号返却分の4両が増結され5両増結に!!
それにしても暑かった!!
肌が真っ赤!!一瞬で日焼けしました(^_^;)
運行終了まであと2週間余り…
来週はどこで撮ろうかな…♪

“暑い!!急行ぬくもり飛騨路号を撮る!2018.05.26” の続きを読む

急行ぬくもり飛騨路号に乗る!2018.5.19~路面電車満喫♪編~

前回の続きです。

ここで、旅のおさらいです。
高山ー名古屋ー飛騨古川ー富山ー高岡ー城端の順で旅しています。
1回高山を行き過ぎて城端に来ています。
城端から富山に戻ります。
350D 城端駅にて
この日乗った城端線のヨンマル達は…
城端←キハ47-1091+キハ47‐42→高岡
でした!
原番を残して体質改善をしてくれる西日本さん、ありがとう!
キハ47‐42、やけにきれいですよね!
そうなんです、なんと!H30.4全検明けのピッカピカでした!
城端線ヨンナナに揺られて高岡に到着。
砺波あたりから人が増えますね。
キハ47‐42 車内
この感じ、いいですよね。
JR東海は青のシートですが、JR西日本はオレンジですね。
コーポレートカラーからしたら逆ですがね…
高岡に来たらやっぱり…
北陸広域鉄道部 高岡駅気動車車庫
これですよね。ヨンマル達の寝床。
奥にはべるもんたもいますね!!
かわいい!!
名残惜しいですが、高岡を出発して富山に戻ります。
久しぶりに北陸のお寿司が食べたくなったので、とやマルシェ内のすし玉でお寿司♪
やっぱり北陸はうまいっ!!
駅前をウロウロ…
セントラム9000形と7000形 富山駅にて
サントラムT100形とセントラム9000形 富山駅にて

サントラムT100形 新富町ー富山にて

サントラムT100形 富山駅にて
路面電車に乗りたかったのですが、時間の関係で富山駅前で路面電車撮り鉄!
ひっきりなしにやってくるので、富山駅前で十分満喫できます!
いつもは乗るばっかりの路面電車ですが、こんな楽しみ方もあったのか!
流し撮りの練習をしながら腹ごなし♪
そろそろ帰る時間。
高山方面の接続が最終となる874Dで猪谷へ。
いっつも速星あたりで人が減りますね。
874Dから1834Dへ乗り換え。
1834D (キハ25 P105編成) 高山駅にて
到着!
今回の旅はここまで!!
今回も大満喫の旅でした!
さて、今週の急行ぬくもり飛騨路号、どこで撮ろうかなぁ…

“急行ぬくもり飛騨路号に乗る!2018.5.19~路面電車満喫♪編~” の続きを読む

急行ぬくもり飛騨路号に乗る!2018.5.19~北陸へ!編~

前回の続きです。

今回からは急行ぬくもり飛騨路号から離れます!
前回、飛騨古川に到着。
ぬくもり飛騨路号の中で行われた牛串無料券のじゃんけん大会に勝っちゃったので飛騨古川で牛串を食べて、ちょっと古川観光。
せっかく北上しているところなので…
1027D ひだ7号 飛騨古川駅にて
ひだ7号でもっと北へ!とりあえず富山・城端へ!
昨年も同じルートで旅しております(笑)
1027D ひだ7号 10号車1-Cからの眺め
もちろん今回も10号車を取っちゃいました。
こんなことをしているからお金が貯まらないんですよね(笑)
富山までならちょっと安いので、思いっきり満喫です。
猪谷で乗務員交代!
猪谷から富山までの線区は本当によく揺れます(^_^;)
JR東海とJR西日本の保線メンテナンス状況がよく分かります。
JR東海の保線はやっぱり素晴らしい!!
富山駅高架化工事状況
富山駅に到着!
ひだの到着は地上2階部分のホームですが、出発は新ホームからになります。
よ~くみると今までより広くなっとる!
1番線と3番線、そして盲腸部分の2番線しかなかったのですが、その北側にホームが増えてました!
いよいよ富山駅工事も終盤が見えてきたようですね!
ここでちょっと富山駅工事スケジュールをチェック!!
富山駅高架化スケジュール
今は2番の高架切り替え(下り線)の状態です。まだまだ北口へと通ずる道は遠い…
ホントに南北の移動がめんどくさい!!
富山駅周辺開発工事状況
駅周辺ももっと便利になりますね!
あいの風とやま鉄道のグッズが欲しかったのですが、南口から北口に行くのが億劫なので断念。また今度行こうかな。
さて、城端に向かうので、あいの風とやま鉄道で高岡へ。
こんなに大きな線路に2両編成…何度乗っても北陸本線時代が懐かしい…
高岡に到着。
347D 普通城端行 高岡駅にて
懐かしい!!
今回はキハ40たちがちょっと恋しくなったので、目的地を城端へ。
氷見線は乗ったことがあるので、城端線に乗りに行きました!
347D キハ47-42 運転台回り

347D キハ47-42 運転台回り
これこれ!!これですよ!
やっぱりこうでなくっちゃ!
東海のヨンマル達とは違うエンジン音で出発進行!
中越パルプ工業引き込み線跡 二塚駅にて
新高岡を出て二塚へ。
二塚と言えばついこの間まで貨物列車が走っていましたね。
その名残の引き込み線がさみしいです…
運転席を見ながらトコトコ揺られ城端へ。
西日本更新車は変速から直結への切り替えは自動なんですかね?
運転士さんは変速レバーを扱わない状態で自動的に直結に入ったので、やっぱり自動変速なんですかね?
347D 城端駅到着
寂しい終着駅です…
でもこの風情がいいんですよね!
城端駅
駅舎もいい感じ。
飛騨にはなかなかない瓦屋根の駅舎。
ちょっと駅を散策。
城端駅と347D→350D
この雑草感がたまらなくいい!!
城端駅車止め
機回しとして使っていた感じがありますね。
この先もレールがあったんでしょうかね?森林鉄道もあったとか?
この感じ、好きです。
名残惜しいですが、すぐに350Dで高岡に戻ります。
お腹がすいてきたぁ…富山まで我慢。
次回に続く…

“急行ぬくもり飛騨路号に乗る!2018.5.19~北陸へ!編~” の続きを読む

急行ぬくもり飛騨路号に乗る!~飛騨路を快走!編~

前回の続きです。

急行ぬくもり飛騨路号、名古屋を出発!
稲沢線を走行しテンションはMax!!
岐阜に到着。
岐阜駅でのお見送り 9101D 急行ぬくもり飛騨路号車内から
ここから高山本線に入ります!
急行ぬくもり飛騨路 配布物
早速、記念乗車券と高山線ガイドマップが配布されました!
記念乗車券はなんとペーパークラフトになってます!
毎回いいですね!JR東海さん!しかも今回は女性の車掌さんでした!
高山本線では珍しいですね♪
車内販売も始まりました!
9101D急行ぬくもり飛騨路号 飛騨牛革限定キーホルダー
今回は限定の飛騨牛革のキーホルダーが発売されたので、迷わず購入!
高山の牛革専門店「HIDA Calf」さんが作りました!
毎年沿線自治体が順番にノベルティを配布してくださいます。
まず最初は美濃加茂市!今回が初参加ですね!
朝ドラ「半分、青い。」の原作、北川悦吏子さんの故郷ということで、NHKステラ特別編集号も配られました!
長良川鉄道 観光列車ながら クリアファイル
美濃加茂市さんの配布物を見ているとなんと!長良川鉄道のクリアファイルが!!
ラッキー!
犬山城 9101D 急行ぬくもり飛騨路号車内から
犬山城の案内放送のあと、木曽川日本ラインの案内放送が続き…
美濃太田駅でのお見送り 9101D 急行ぬくもり飛騨路号車内から
美濃太田ではちょっとの停車時間の間、名物駅弁の松茸の釜飯弁当が4号車で立ち売りされました!
美濃太田から一気に山間部に突入!
飛水峡臨時停車  9101D 急行ぬくもり飛騨路号車内から
毎度恒例の飛水峡臨時停車!!今回も絶景でした!
雨が心配されましたが最高の天気になって本当によかった!!
飛水峡が終わると中山七里。
そろそろ高山本線のあのお立ち台。
下原ダム 9101D 急行ぬくもり飛騨路号車内から
一面水鏡になる下原ダム。生憎波立っていました。
撮影者は誰もいませんでした。
あっという間に下呂に到着。
9101D 急行ぬくもり飛騨路号 下呂駅にて
約20分停車。
龍神太鼓でのお出迎えとスイーツや名産品の物販もいつも通り行われました。
中央分水嶺と宮トンネルの案内放送が始まったらそろそろ高山!

9101D 急行ぬくもり飛騨路号 高山駅にて
ここまで約3時間。あっという間でした。
本来ならここで旅は終わり…なのですが!
昨年の乗車時と同じく引き続き高山を通過して飛騨古川まで向かいます!
飛騨古川駅前
終点、飛騨古川です!
今回から急行券を記念に持って帰れるように記念の台紙をつけてくださいます!
高山駅ではパウチ、飛騨古川駅では台紙に張り付けて透明の袋に入れてくれます!
9101D→回9112D 飛騨古川駅にて
いつもの君の名は。ポジションにて。
今回から3番線の到着になりました…
飛騨古川を観光して、急行ぬくもり飛騨路号回送を見送ります。
ze=”2″>回9112D 急行ぬくもり飛騨路号回送 飛騨古川ー飛騨国府にて
帰っていきました…
今回の旅もここで終わり…
ではありませんっ!
飛騨古川からさらに北を目指します!目指すは富山!
昨年のぬくもり飛騨路号デビュー時と同じく中部を縦貫します!
次回へ続く…

“急行ぬくもり飛騨路号に乗る!~飛騨路を快走!編~” の続きを読む

急行ぬくもり飛騨路号に乗る!2018.5.19~稲沢線を走る!編~

前回の続きです。

高山から名古屋までやってきてわざわざ急行ぬくもり飛騨路号に乗車。
9101D 急行ぬくもり飛騨路号 名古屋駅にて
到着後、鉄オタたちが集まり、まるで撮影会のようになりました。
毎年ヘッドマークを撮りに来る人で賑わいます。
9101D スタフ 急行ぬくもり飛騨路号にて
前回まで下り急行ぬくもり飛騨路号は9011Dでしたが、今回は9101Dになりました。
いざ!出発進行!
誰も来ないので、1号車1-CDを回転させて前面展望を楽しみます♪
東海道本線と稲沢線分岐 9101D 急行ぬくもり飛騨路号車内にて
名古屋発車後、すぐに分岐が見えてきました!
東→稲の信号が進行を示していますね。ポイントを渡ると稲沢線♪
ワクワクしますねぇ!!
東海道線下り本線から転線して稲沢線上りに入り、さらに転線して稲沢線下りに入ります。
枇杷島通過! 稲沢線にて
いつもの枇杷島駅も違いますね!
城北線のホームを通過!
東海道本線を走る貨物????レ EF210 と稲沢線を走る急行ぬくもり飛騨路号
貨物列車が旅客本線を走り、旅客列車が貨物線を走るのは面白いですね!
清洲手前で東海道本線を跨いで…
清洲城 9101D 急行ぬくもり飛騨路号車内にて
清洲城が真正面に来たらそろそろ清洲です。
清洲通過 9101D 急行ぬくもり飛騨路号車内にて
名古屋から東海道本線が正面右側を走っていましたが、清洲からは稲沢貨物駅のために東海道本線の左側を走ります。
稲沢場内! 9101D 急行ぬくもり飛騨路号車内にて
場内進行!!
いよいよ稲沢貨物駅です!!愛知機関区ももう間近!!
愛知機関区を9101D 急行ぬくもり飛騨路号車内から望む
DD51やDF200が間近にいます!!近いっ(≧◇≦)!!
貨物下り本線で3分停車します。東海道本線との合流の兼ね合いですね。
稲沢を出発し、貨物線の上下線が分離して、いよいよ東海道本線への合流です!
稲沢線と東海道本線 9101D 急行ぬくもり飛騨路号車内にて
勾配を登り切って踏切を一つわたって、東海道本線を跨ぎます。
すると…
稲沢線下りと東海道本線下りの合流 9101D 急行ぬくもり飛騨路号車内にて
稲沢線の終わりが見えてきました(T_T)
あっという間の稲沢線でした…とっても充実したひと時でした!
ここからはいつも通りの東海道本線。
岐阜からは高山本線に入り、新緑の飛騨路を突き進みます!!
次回へ続く…

“急行ぬくもり飛騨路号に乗る!2018.5.19~稲沢線を走る!編~” の続きを読む

急行ぬくもり飛騨路号に乗る!2018.5.19~いざ!乗車!編~

さぁ!この季節がやってきました!!

新緑の飛騨路を走る臨時急行ぬくもり飛騨路号運転開始!
5月12日から6月9日までの土曜日のみ下り運転で、名古屋から飛騨古川まで走ります!
先週は追っかけに見事に失敗しましたね(^_^;)
今回は乗車していろんなところを巡ります!
4702D (キハ25 P102編成) 高山駅にて
急行ぬくもり飛騨路号は下りのみの運転です。名古屋駅発車時刻は8時56分発。
そして、私は高山に住んでいる…ということは…
始発で行かないと間に合わない!!
東海地方で一番早い始発列車に乗って向かいます!
普通列車ですが一部駅を通過する区間快速タイプです。
乗車後すぐに就寝(笑)
105レ ナガラ305 美濃太田駅にて
美濃太田に到着。半分、ヤマト。に遭遇!
今年撮りに行きたいなぁ…
美濃太田で陸上の予選大会へ行くと思われる高校生が大量に乗車し、乗車率は150%越え!
まさかの満員列車で岐阜へ。
そこから311系の快速で名古屋へ。
9101D 急行ぬくもり飛騨路号出区 名古屋駅にて
到着後、しばらくすると海ナコから出区!
JR東海本社の前を通って枇杷島方の留置線へ向かいます♪
しかも1号車がなんと鹿クッションのキハ85-1109!
この時間帯は2085レが通過します。
2085レ コンテナ貨物 (DD51-891) 名古屋駅にて
空コキが目立ちました…キハ75と撮りたかったのですが、前にカメラを構えていた人がいたので、断念…
キハ75が見切れました(^_^;)
そろそろ時間なので6番線に移動。
急行ぬくもり飛騨路号 電光掲示板 名古屋駅にて
せわしない東海道本線の下り本線である6番線に急行ぬくもり飛騨路号が入るので、入線時間は発車ギリギリです。
9101D 急行ぬくもり飛騨路号 名古屋駅にて
さぁ!やってまいりました!
この日の編成は…
←飛騨古川<キハ85-1106+キハ84-13+キハ84-305+キハ85-1109>岐阜→
でした。
今回はなんと!なんと!!稲沢貨物線を走るということでっ!!
1号車の2-Dを取りました。
1-ABCDはマルス上ではすべて埋まっていましたが、まさかの空席でした…
いよいよ出発!
次回は稲沢貨物線を走る急行ぬくもり飛騨路号をじっくり堪能します!
次回へ続く…

“急行ぬくもり飛騨路号に乗る!2018.5.19~いざ!乗車!編~” の続きを読む

今年も運転!急行ぬくもり飛騨路号運転スタート!2018.5.12

今年も始まりました!

急行ぬくもり飛騨路号!
昨年から運転開始した高山本線の観光列車です。
毎年運行形態が変わり、今年は下りのみとなり、運転期間は6/9までの土曜のみになりました。
そしてそして!今回は稲沢貨物線を走るんですって!!
他にも変化がありましたので、高山界隈で追っかけをしました。
急行ぬくもり飛騨路号 高山駅電光掲示板
まずは高山駅にて。
ふと高山駅1番線頭上を見上げると…
急行ぬくもり飛騨路号 乗車位置案内札
すごい!!木で作ってある!
しかも彫ってあるんですよね!ずいぶんと手の込んだ演出!!
9101D 急行ぬくもり飛騨路号と30D ひだ10号 高山駅にて
今回は長野県北部の地震の影響により、10分程度遅れて到着。
横にいるひだ10号は名古屋到着後、熱田まで回送されるやつですね。
9101D 急行ぬくもり飛騨路号ヘッドマーク 高山駅にて
いつものシールヘッドマーク。もうお馴染みですね♪
そして、今回は列車番号が9101Dに変わりました。前回は9011Dでしたね。
この後、飛騨古川から飛騨細江へ回送されるであろうぬくもり飛騨路を迎え撃つため、飛騨細江まで車を飛ばしました…が、しかし!!
待てど待てど回送はやってこない…
なんと今回から飛騨古川到着後の回送ダイヤが変わっていたのを知らなかったんです( ゚Д゚)!
今までは飛騨古川1番線到着後、飛騨細江まで回送して、飛騨古川2番線に到着する行路でした。「君の名は。」回送運用ですね。
それが、今回はなんと!飛騨古川3番線に到着後、そのまま折り返し高山に返却回送という行路に変更。
てなわけで、盛大にやらかしました(T_T)
しっかりDJを読んどきます!反省っ!!
急ぎ飛騨細江から飛騨古川に戻ると、3番線にぬくもり飛騨路号が!
回9101D 飛騨古川駅にて
撮る暇もなく踏切が鳴り…車の中から撮影。
失意の中、高山駅へ。
回9101D留置中 高山駅にて
留置線にいました。ということはひだ18号に併結されて返却されるな…
ひだ18号を撮るため、一気に南下。
4719C (キハ25 M4編成) 久々野ー飛騨一ノ宮にて
ちょうどいい水鏡。ここは1年を通して様々な表情を見せてくれるので、好きです。
今回のテーマは水鏡でした!
写真を見て編成をチェックしたらなんと!
夏季だけヘルプにやってくるM4編成でした( ゚Д゚)
38D ひだ18号 飛騨一ノ宮ー久々野にて
やってきました!9両!!長っ!
グリーンなしのモノクラスで9両という珍しい編成でした。
最後にひだ13号を。
1033D ひだ13号 久々野ー飛騨一ノ宮にて
ぬくもり飛騨路へ車両を回した関係か、全体的に増結が少なく、控えめでした。
半分、水鏡。です(笑)
かなり今回、悔しかったので、次回、リベンジです!!

“今年も運転!急行ぬくもり飛騨路号運転スタート!2018.5.12” の続きを読む