189系初乗車!今年も木曽あずさ!~その2・いざ!乗車!編~

前回の続きです。

高山から代行バスと普通列車を乗り継いで、美濃太田・多治見を経由して木曽福島へ。
いよいよ乗車です!
特急木曽あずさ号見送り隊(?)の皆さん! 木曽福島駅にて
観光列車恒例の駅員さんと地元のゆるキャラと観光協会の皆さんのお出迎えとお見送り。
到着前にお出迎えの練習をしてました(^^♪
いざ!乗車!
いいもんですね…国鉄型は。
189系N102編成 クハ189-510運転台を望む 9022M特急木曽あずさ号
まずは運転台へ。
緑色の運転台。もう最高!
とんでもなく懐かしい…ずーっとこの空間にいたい…
車内探訪を軽く行います。
モハ188-40 車内 9022M特急木曽あずさ号にて

モハ188-40 車内 9022M特急木曽あずさ号にて
いいですねぇ~ちょっと40分じゃもったいない!
やっぱり次も乗ろうかな…
ちなみに車内の様子をはじめとした写真はほとんど撮っていませんでした( ゚Д゚)!
乗れただけでも御の字です。

木曽あずさ号に乗ってみた!木曽路を189系N102編成が駆け抜ける!

動画のダイジェストです。
鉄道唱歌のオルゴールがきれいに撮れたのは大きな成果でした!
懐かしい空間を満喫し、あっという間に南木曽に到着…
9022M 189系N102編成 特急木曽あずさ号到着 南木曽駅にて
南木曽には警察官の方が!( ゚Д゚)!
途中のお立ち台も50人程度いる場所もあったので、各地で厳戒態勢が布かれました。
こんな状況なら、やっぱり撮るより乗ったほうがいいですね!
1012M 特急しなの12号と9022M 189系N102編成 特急木曽あずさ号 南木曽駅にて
回送になるとなぜか幕は臨時から団体へ…
そして4号車の側面方向幕はあさま・長野!
幕の調子悪いのかな?
南木曽駅では地元の皆さんが食べ物や工芸品を販売していました!
そして、なんと!ちゃんこ鍋がサービスという嬉しい展開!
買っていたおにぎりとちゃんこをおいしくいただきました!ごっつぁんです!
他にも木曽ヒノキを使用した木曽あずさ記念乗車券風のグッズも販売されてました!
楽しかったぁ…
さて、帰りますか!
南木曽から満員の普通列車で中津川を経由して多治見・美濃太田から飛騨金山へ。

代行バス 飛騨金山駅にて

またまた代行バスです。
帰りは萩原交通さんでした。
代行バスも焼石経由の各駅タイプと下呂直行の速達タイプがあります。
下呂からは再び鉄路で高山へ。
9725D キハ25 P105編成 高山駅にて
実は、木曽福島駅で台風12号接近の影響により、19時以降の運転を取りやめますという雲行きの怪しい案内がありまして…
高山本線 台風12号接近による運転打ち切りについて
何と、帰路に乗った9725Dは高山本線の最終列車でした( ゚Д゚)!
危なかったぁ…
楽しかった1日でした…
高山本線の不通はかなり不便でしたね…
来月いよいよ復旧の予定です!
次の木曽あずさは鉄路でアクセスできるようになっていたらいいなぁ…

“189系初乗車!今年も木曽あずさ!~その2・いざ!乗車!編~” の続きを読む

189系初乗車!今年も木曽あずさ!~その1・目指せ木曽福島編~

7月から始まった信州デスティネーションキャンペーン!

7月1日のスタートでは189系N102編成の快速「木曽路満喫号」が運行されましたね!
JR東海とJR東日本がタッグを組むというミラクルデスティネーションキャンペーンです!
ちなみにその時の様子はこちら→https://blogs.yahoo.co.jp/kiha4885/41090323.html
前回はとんでもない撮り鉄の数だったので、今回は乗車することに!
大人気なので、空席も少なく、短距離ではありますが、木曽福島から南木曽まで乗車します!
高山から美濃太田を目指します。
9708C キハ25系P1編成 高山駅にて
全便下呂行きです。
もちろん、特急ひだは走っていません…
来月まで我慢…
この後にもう1本出ているのですが、代行バスが混雑することを懸念して1本早めました。
高山本線 上呂ー飛騨萩原間土砂流入復旧現場 9708C車内から
途中、6月末の台風で被災した箇所をチェック。
ついこの間まで工事速度制限がかかっていましたが、今は制限解除されました。
下呂に到着。
下呂―飛騨金山間代行バス 下呂駅にて
7月豪雨の影響で、現在も下呂から飛騨金山間では土砂流入が多数発生。
不通区間は代行バスでの輸送となっています。
4710D キハ25系P3編成 飛騨金山駅にて
飛騨金山に到着。
ここから再び鉄路です。
高山から約3時間…
やっとで美濃太田に到着…( ´Д`)=3 フゥ
美濃太田には…
4715C 美濃太田にて
おぉ!噂のキハ75 3両の下呂行き代走!
そして、美濃太田撮りづらい…
美濃太田まで出たので、太多線・中央線を経由して木曽福島へ。
8035M 特急しなの85号 多治見駅にて
多治見からはしなので一気に飛ばします!
青空フリーパスで得した分…念願の…
8035M 特急しなの85号 前面展望
しなのかぶりつき!!!
グリーン車の先頭に乗ってみたかったんです!
それにしても、カーブでの傾き方はすごい!
振り子の効果をしっかり実感できました!
あっという間に木曽福島…
1009M 特急しなの9号とD51775 木曽福島駅にて
木曽福島に来たら欠かさずD51775にご挨拶。
そして、木曽路といえば今…
御嶽海 初優勝ポスター! 木曽福島駅にて
御嶽海の優勝で熱い!御嶽海は上松町の出身でご当所。
木曽福島でおやきを食べて、いざ!乗車!
9022M 特急木曽あずさ号電光掲示板 木曽福島駅にて
と、行きたいですが、今回はここまで!
いよいよ次回、乗車します!
そして、電光掲示板の下には何やら雲行きの怪しいメッセージが…
次へ続く…

“189系初乗車!今年も木曽あずさ!~その1・目指せ木曽福島編~” の続きを読む

避暑地へ逃げろ!上高地・乗鞍へ向かう!~乗鞍・摩利支天岳編~

前回の続きです。

それにしても暑い!!!
前回は上高地で涼みましたが、次は乗鞍へ向かいます!

乗鞍畳平シャトルバス 平湯バスターミナルにて
平湯に戻ると猛暑に逆戻り…
ちょっとの暑さを乗り越えてシャトルバスに乗ります!
今回はアルピコ交通担当便!

乗鞍スカイライン シャトルバスから
ずんずん登ります!
どんどんと広葉樹の背丈が低くなり…
森林限界に突入!
ハイマツの茂る高山帯に入りました!
乗鞍スカイライン法面崩落箇所 シャトルバスから
今回の西日本豪雨によって乗鞍スカイラインもいくつか被災しました…
今は復旧しましたが、完全復旧ではないですね…
乗鞍畳平バス停
終点、乗鞍山頂(畳平)に到着!
日本一高いバス停です♪
乗鞍は2回目。
3週間前に行ったときは魔王岳に登りました!
今回は距離を伸ばして、目指すは…摩利支天岳!!
ということでその前にちょっとお花畑によります♪
畳平には高山植物が群生するお花畑があります!
この時期は高山植物にとっては春!今が盛りです♪
ということで、高山植物を紹介!
ハクサンイチゲ

ミヤマクロユリ

チングルマとコイワカガミ
コマクサ

ミヤマキンポウゲ
イワギキョウとイワツメクサ
こんなにいっぱい咲いてました!
どれも美しい…♪
花の名前、難しいですね…間違ってたらごめんなさいm(_ _)m
高山本線をかつて走った急行「くろゆり」の由来になったクロユリも見れて大満足!
さて、畳平から標高2873m、摩利支天岳を目指します!
乗鞍エコーライン 長野県側

岐阜県と長野県県境
途中、長野県側に下る道を発見…これは…あぁ!!
うわさに聞いた乗鞍エコーラインですね!!
岐阜県側の乗鞍スカイラインと長野県側の乗鞍エコーラインが畳平へのアクセス道路です。
長野県と岐阜県を行ったり来たりして遊んだら…
乗鞍登山道から畳平バスターミナルを望む
登っていきます!
コロナ観測所への物資搬入のために広く登山道が作ってあるので、登山というよりはハイキングに近い感じです。
不消ヶ池と摩利支天岳コロナ観測所
畳平にある施設の水源として利用している不消ヶ池。
雪がゆっくり解けてきれいな水が溜まっています。
おいしそ~!div>

左上にあるドーム状の建物が今回のゴール!
途中、乗鞍連峰最高峰の剣ヶ峰と摩利支天岳の分かれ道をさらに登ります!
摩利支天岳から剣ヶ峰と肩の小屋を望む
登り切りました!!
到着!
向かいには乗鞍岳最高峰剣ヶ峰が見えます!
フォ~!高い!
そして剣ヶ峰といえば…
自然科学研究機構乗鞍観測所 旧コロナ観測所
コロナ!!
ここに来たかった!
コロナ観測所としての機能は人工衛星に役目を譲りましたが、乗鞍観測所として設備は利用されています。
この日は誰もいませんでした…
それにしても涼しぃ!
雪も残っとるし、時折曇り空になる瞬間に冷たい風がまた気持ちいい!!
最高の避暑体験を満喫して平湯に戻り、あかんだな駐車場へ。
驚いたんですが、平湯バスターミナルからあかんだな駐車場までってバス運賃タダ!なんですね!
ちょうど財布の中身が空っぽになっていたので、助かりました(^_^;)
平湯に戻ってきたら…暑いっ!!
やっぱり下界は暑かった…現実に引き戻されました…
また行きたいなぁ…

“避暑地へ逃げろ!上高地・乗鞍へ向かう!~乗鞍・摩利支天岳編~” の続きを読む

2018年7月西日本豪雨 高山本線被災状況動画 2018.7.16

先日の西日本豪雨及び台風7号による大雨で土砂災害が発生し、高山本線は飛騨金山ー下呂間と坂上ー猪谷間において運転を見合わせております。

飛騨金山ー下呂間についての被災状況はこちら→https://blogs.yahoo.co.jp/kiha4885/41105014.html
坂上ー打保間についての被災状況はこちら→https://blogs.yahoo.co.jp/kiha4885/41102557.html
今回は動画版です。
2018年7月西日本豪雨による高山本線被災状況 坂上ー打保・下呂ー飛騨金山間にて
どこもかなりひどい状況です。

しかしながら、本日、下呂―飛騨金山間の運転再開予定がJR東海さんから発表されました!
2018年8月中旬には運転再開ができるようにするとのことでした!
お盆あたりには名古屋ー飛騨古川間のみですが特急ワイドビューひだの運転も再開されそうです♪
希望の光が見えましたね。

“2018年7月西日本豪雨 高山本線被災状況動画 2018.7.16” の続きを読む

2018年7月西日本豪雨 高山本線被災状況 下呂ー飛騨金山間 2018.7.16

2018年7月西日本豪雨で亡くなられた皆様に心よりご冥福をお祈り申し上げますとともに、被災された皆様へ心よりお見舞い申し上げます。

1日も早い復旧を祈っております。

前回は坂上から打保間の被災状況でしたが、今回は焼石から飛騨金山までの間の様子です。

高山本線は現在、飛騨金山から下呂の間と坂上から猪谷までの間が土砂災害により普通となっています。
不通区間は代行バスによる運転が行われております。
これに伴い、特急ワイドビューひだは全区間運休。
特急ワイドビューひだにかかわる乗車券類も発売休止中です…
高山から下呂を通過し、飛騨川に沿って行くと…
土砂崩れ箇所 下呂ー焼石間にて
森の中で土砂崩れが発生していました。
見にくいですが中央を横切るように高山本線が走っているので、線路に土砂が流れ出たことは確実です…
中原小学校土砂崩れ 下呂ー焼石間にて
さらに車を走らせ、焼石へ。
ニュースでも報じられた土砂崩れ現場。
パッと見は倒木が多く見えますが、その倒木はすでに除去されて積まれた倒木です。
そして、被災個所を軌陸ウニモグが通過していきました!
ということは、すでに土砂と倒木の除去は完了したということ!驚きの回復力!
中原小学校横で中原トンネルに入る高山本線。
中原トンネル焼石寄り出口 下呂ー焼石間にて
中原トンネル焼石寄り出口 下呂ー焼石間にて
焼石寄りの出口も悲惨な状況でした。
被災当時は雨水がたまり、レールは水没。
さらに防草シートを張った場所が土砂崩れになり、完全にレールは見えなかったのですが、きれいにレールが見えるところまで復旧しました!
焼石駅では…
焼石駅 工事車両拠点
先ほどのウニモグや軌陸ショベルなどが終結してました。
さらに南へ。
土砂崩れ箇所 焼石ー飛騨金山間にて
風光明媚な中山七里、そして下原ダムへと続く美しい鉄路は一瞬にして土砂の中へ…
この区間は川にぴったり沿って走る場所が多く、幹線道路から機材を搬入するのが難しい箇所が多いですが、すでにどの箇所も重機や復旧資材が搬入されていました。
土砂崩れ箇所 下原ダムから 焼石ー飛騨金山間にて
下原ダムからも被災箇所がよく分かります。
かなり酷い状態であることもよく分かります…
土砂崩れ箇所 焼石ー飛騨金山間にて
今回国道41号から確認できるだけでも6か所程度の被災箇所がありました。
JR東海によると焼石から飛騨金山まで18か所もの被災箇所があるとのこと。
どの場所でも懸命な復旧作業が行われています。
帰りに上呂に立ち寄りました。
上呂駅岐阜方工事制限
土砂崩れ復旧現場 上呂ー飛騨萩原間にて
こちらは7月6日の台風接近に伴う豪雨で土砂崩れが発生した箇所です。
今時点は工事制限30キロで走行するようにしてあります。
西日本豪雨の真っ最中に復旧工事が行われ、幸い二次被害もなく、無事復旧しました。
これで高山ー下呂間は鉄路がつながりました。
臨時の土砂検知装置が設置され、土砂崩れ自体の復旧工事が続いています。
連日の猛暑…
作業員の皆さんには安全第一で確実に復旧作業にあたっていただきたいですね。
がんばれ!高山本線!

“2018年7月西日本豪雨 高山本線被災状況 下呂ー飛騨金山間 2018.7.16” の続きを読む

避暑地へ逃げろ!上高地・乗鞍へ向かう!~上高地編~

いやぁ…暑い!!!

もはやこの猛暑は災害です…
かつては飛騨高山は避暑地として賑わいましたが、それは昔話…
都市部と変わらずとにかく暑い!
36度以上の日が続いています…
ついに高山から抜け出すことにしました!
向かうは最後の避暑地!上高地・乗鞍!
まずは上高地に向かいました。
上高地 大正池バス停
上高地はマイカー規制中なので、岐阜側から向かう際は平湯のあかんだな駐車場に止めてシャトルバスで向かいます。
長野県側からはさわんど駐車場等に止めてシャトルバスで向かう感じです。
上高地は5年前に行ったので、今回で2回目。
前回は高校の研修旅行で河童橋から北に行ったのですが、今回は自由なので、大正池から河童橋を目指します!
焼岳と大正池
最初にお出迎えしてくれたのはどーん!と構える焼岳!
粘性のマグマでできたドーム型のごつごつした感じがたまらない!
そして涼しい~!
クーラーが程よくかかっているかのような体感♪
林間の遊歩道を歩いて穂高・田代橋を渡ると梓川沿いに道が続きます。
梓川と霞沢岳方面
かぁ~っ!!水が透き通っとる!
冷たい!!
一人でキャッキャしていました…
さらに歩いて、今回の目的地、河童橋に到着!
上高地 河童橋から穂高連峰を望む
人が多い( ゚Д゚)!
でも天気が良すぎ!
上高地 河童橋から焼岳を望む
途中のシャトルバスも全便満席…
ダイヤにない臨時便も大量に増発され、バス車内では補助席も展開するという大盛況ぶりでした。
信州アフターDC効果もあってかお祭り状態でした!
上高地 河童橋から穂高連峰を望む
上高地は風光明媚なので、写生を楽しむ方々もいらっしゃいました!
油絵のキャンバスに穂高連峰が美しく閉じ込められました。
さて、お昼にしよう!
上高地ルミエスタホテル河童のひるめし 上高地 河童橋にて
散策途中にルミエスタホテルによってお弁当を購入!
ルミエスタホテルは売店でいろんなお弁当が売ってあるので、目移りしました!
山賊焼きに河童巻き。信州らしい料理を満喫!
最高の景色と最高の弁当を楽しんだ後、早いですが、上高地を後にします。
上高地バスターミナル
ず~っといたかった…
でも乗鞍が待っているので、平湯に戻ります!
アルピコ交通と濃飛バスがひっきりなしに出入りしています。
いやぁ…気持ちよかった…
次回は乗鞍畳平に向かいます!

“避暑地へ逃げろ!上高地・乗鞍へ向かう!~上高地編~” の続きを読む

2018年7月西日本豪雨 高山本線被災状況 坂上ー打保間 2018.7.14

2018年7月西日本豪雨で亡くなられた皆様に心よりご冥福をお祈り申し上げますとともに、被災された皆様へ心よりお見舞い申し上げます。

1日も早い復旧を祈っております。
今回の豪雨で岐阜県も被害を受けました。
飛騨地方でも土砂崩れが多数発生。一時は東海北陸道・国道41・158号も通行止めとなりましたが、現在はほとんど復旧しました。
高山本線では数十か所に及び土砂流入や線路流出が発生しました。
現在、飛騨金山から下呂・坂上から猪谷までが不通となり、不通区間は代行バスによる運転となっております。
また、特急ワイドビューひだは当面全便運休となっております。
どうしても心配になったので、国道471号を走らせて高山本線北部へ向かいました。
まずはシャトル運転の拠点、高山駅へ。
給油中のキハ25系(P104編成) 高山駅にて
キハ25が給油中でした。
本来なら、美濃太田車両区や名古屋車両区で給油を行いますが、そこまで向かうことができないので、急遽、臨時措置として地元の斐太石油さんが給油を行っておりました。
高山駅災害留置中
キハ85系も車庫に入っております。
現在キハ85系は10両程度が高山駅に留め置かれています。
シャトル運用の車両が足りない関係上、キハ85が臨時的に普通列車に代走としてはいっています。
北を目指します。
高山本線代行バス 飛騨古川駅にて

高山本線代行バス 飛騨古川駅にて
飛騨古川駅に寄ったらちょうど代行バスがやってきました。
多分高山行きかな?
今回の代行バスは各駅停車型のバスと高山ー飛騨古川ー猪谷の特急ひだ停車駅のみに停まる特急型代行バスの2種類で運行されています。
さらに北へ。
坂上駅に向かいました。
????D(キハ25系P106編成) 坂上駅にて
折り返し高山行きになるキハ25が3番線に留置中でした。
坂上から約5分程度車を走らせ、今回の最大の被災箇所へ向かいます。
高山本線 坂上ー打保間 土砂流入と線路流出箇所
これは…ひどい…
山の奥から土石流のように土砂が流れて線路に直撃したようですね。
その際に合わせて線路の築堤も破壊して、このような有様に…
5日以上経過していても水は濁っていました。
さらに打保駅へ向かいます。
その途中…
高山本線 坂上ー打保間 土砂流入箇所
国道360号線にも土砂が流れ、片側交互通行になってました…
ここは幸いにも15メートルほどの流出なので、短期間で復旧できそうです…
そして打保駅には…
キハ25系P107編成留置 打保駅にて
14年前の悲劇が蘇ります…
2004年の台風23号による被災でキハ48 2両が取り残された打保駅。
今回も打保駅に取り残されました…
高山本線北部で甚大な被害をもたらした西日本豪雨。
1日も早い復旧を願います…
しかしながら、連日の猛暑…作業される方々にはくれぐれも無理をなさらないように作業していただきたいものです…

“2018年7月西日本豪雨 高山本線被災状況 坂上ー打保間 2018.7.14” の続きを読む

ようこそ! TakayamaLine85の鉄ログへ!!

当ブログにお越しくださいましてありがとうございます。

2018年7月。今月の1枚です。
暑すぎる!!
体が焦げちゃいます(-_-;)

いよいよ夏本番!
おととしから続く信州デスティネーションキャンペーンも今年でおしまい。
プレ・メイン・アフターの3年間行われるデスティネーションキャンペーン。
今月からはちょくちょく信州に足を運ぶことになりそうです…
4722D(キハ25系P2編成) 渚―飛騨小坂にて
そんな中、6月に高山本線飛騨萩原から上呂の間で発生した土砂災害。
今時点では飛騨萩原から飛騨小坂の間で代行バスでの運転が始まりました…
7月9日あたりの復旧を見込んでいます。
何より不便なのは、通勤・通学している皆さん。
1日も早い復旧を願います…
暑い中、大変ですが、作業員の皆さんには頑張ってもらいたいものです。
高山本線を中心に撮り鉄、乗り鉄、模型鉄などなどを中心にやっております。
不定期でお見苦しい点が多々ございますが、見ていただけたら幸いです。

“ようこそ! TakayamaLine85の鉄ログへ!!” の続きを読む

速報!高山本線土砂災害被災状況 2018.07.01

2018年6月29日、飛騨地方を中心とした局地的な豪雨の影響により、高山本線上呂ー飛騨萩原間において、土砂崩れが発生。

土砂や倒木が線路を塞ぎ、7月1日現在、高山本線上呂ー飛騨萩原間は運転見合わせ。
それに伴い、高山ー飛騨小坂と飛騨萩原ー岐阜方面の部分運転が行われます。
特急ひだに関しては名古屋ー下呂と高山―富山の部分運転となっています。
本日発表されましたが、7月2日より、飛騨小坂から飛騨萩原の間で代行バスの運転が開始されます。
ということで、現場の視察へ向かいました。
まずは、区間運転の拠点、下呂へ。
38D 特急ひだ18号 下呂駅改札にて
ちょうどひだ18号の発車時刻でした。
電光掲示板の飛騨萩原止まりが印象的です。
高山線運転案内 下呂駅改札にて
これからの運転予定が掲載されていました。
東海地方で一番早い始発の1702Dは4時22分発と、通常ダイヤの4時44分はつよりも20分早くなってました( ゚Д゚)!
現場に急行。
土砂災害現場 高山本線上呂ー飛騨萩原間にて
付近の道路一帯が茶色くなり、泥まみれでした。
土砂災害現場 高山本線上呂ー飛騨萩原間にて
倒木と泥がとにかく多い。
復旧工事はかなり大変なものになりそうです…
この場所はさわやかウォーキングで行ったり、撮影場所のロケハンで寄ったり…と始めていった場所ではないので、ニュース映像を見て一発で場所が分かりました…
土砂災害現場 高山本線上呂ー飛騨萩原間にて
山の頂上付近から崩れていますね。土石流というか土砂崩れですかね?
白いコンクリート片は砂防法面と思われます。
砂防ダムがそれほど汚れてないので、土石流じゃない感じがします…
そしてなぜか…
ジェイアール東海バス 乗務員訓練車
土砂災害現場とジェイアール東海バス 乗務員訓練車
JR東海バスで導入された噂のバスが来てました( ゚Д゚)!
バス版ドクターイエローなんて呼ばれてますね。
ずっとアイドルしていたので、作業員さんたちの休憩用としてきたのかな?
高山ー下呂間の重要観光路線が止まってしまったのはかなりきついですね…
蒸し暑い中ですが、作業員の方々には復旧に向けて頑張ってもらいたいですね…

“速報!高山本線土砂災害被災状況 2018.07.01” の続きを読む