【鉄道模型をいただきました♪】カトーC571を試運転してみた。トラブル発生!

今日は久しぶりに定時に帰れました。どうもTakayamaLine85です。
早く帰れるとやりたいことがいっぱいありすぎて逆にはかどらないですね(^_^;)
さて、今回は前回から長いこと放置していたカトーC571復活プロジェクトの最終章です!
ちょっと時間をおいているので、前回の記事を貼っときます!


1.【鉄道模型をいただきました♪】カトーC571旧ロットを分解!~ボイラー分解編~
http://takayamaline85.com/model-railroad/1709/

2.【鉄道模型をいただきました♪】カトーC571旧ロットを分解!~テンダー編~
http://takayamaline85.com/model-railroad/1695/

それでは無事、くみ上げて試運転!
結論から言いますと…

蘇るC571!

走りました!!!

キハ75と交換

とりあえずホッとしました…(´▽`) ホッ
え?テンダーがいないって?
テンダーがないのには訳がありまして…
実はテンダーを連結させて走らせてみたのですが、いざ客車を連結して営業運転を開始しようとしたとの時にトラブルが発生したので、あえてテンダーを外して走行している様子を撮影しました。

そう…あれは12系客車を連結させて本線試運転を始めたときのこと…

ホームから元気に出発し、構内のポイントに差し掛かったとの時!

事件は起きました…

異常停止したC571

スーッとC571が止まりました…
どうした!さっきまで元気に走っていたじゃないか!
実は止まる前にポイントのトングレールから異音がしたのです…

脱線か?でも脱線はしていないぞ…

緊急で鉄道事故調査委員会を招集!
当該ポイントでC571が停止した原因を実機を用いて何度か走行させてみました。

停車する寸前のトングレールの異音を手掛かりにポイントを見てみると…

事故調査中…

あれ?トングレールがわずかに動いている…
右分岐の6番ポイントが当該。
トングレールが直線分岐となっている時、分岐側からトングに進入する際に発生しているということを考えると…

トラクションタイヤ欠損…

原因は一番後ろの動輪のトラクションタイヤが欠損しているからでした!
トラクションタイヤが入る動輪のみ、車輪の形状が変わっています。
タイヤが入る分、動輪に溝が入っているため、あたかもフランジが内側と外側にあるような形状となっていました。
外側のフランジがトングレールとレールの間に入り込んで、トングレールをわずかに動かし、軌間が一時的に9ミリを下回るため、止まってしまうという結論に至りました!

これにて事故調査委員会の報告終了!
トラクションタイヤが入ればおそらくポイントも問題なく走るはずなので、トラクションタイヤを今ネットで買いました…
発売は2020年1月…予約しときました。
またそのころに走らせてみます。
ということで、何とも締りの悪い復活ですがこれにてC571は一応復活(^_^;)

Mさんから頂いたC571。早く12系と一緒に走らせたい!
あ!近々、カトーの12系をレビューしますので、またお楽しみに。

【美しい軽便鉄道…】くるまや軽便鉄道さんの駿遠線ジオラマを見る!

公私ともに忙しい…ブログのネタや動画のネタが多すぎるぅ…どうもTakayamaLine85です。

やっぱ動画もブログも収益化している以上、下世話ですが少しでも稼がなければいけないわけで…

忙しすぎて大切な記事を上げるのを忘れていました( ゚Д゚)!
時は遡り8月31日。
飛騨高山の有数の観光地古い町並。
その一つの上二之町で「上二之市」が開催されました!
おいしい料理やお酒、ハンドメイドなどなどいろんなお店が出店し、賑わいました。
もちろん私がこのマルシェに来た理由は鉄道模型!

下北南部鉄道の車両たち

くるまや軽便鉄道さんが出展されているということで、ご本人からのお誘いもあり、見に行きました!
軽便鉄道のジオラマや鉄道模型といったらくるまや軽便鉄道さんというくらい有名な方で、そのクオリティの高さに大尊敬していますm(_ _)m
ご挨拶をして、ちょうど北海道旅行の帰りということもあり、お土産を渡して車両を見せていただきました!
最初は紙で作っていた模型も徐々に3Dプリンターへと変化していったそうです。

下北南部鉄道の車両たち

この車両たちは空想の車両たちだそうです。
この鉄道は他の軽便鉄道モデラーさんたちと共同で鉄道会社を立ち上げて運転しているんだそうです。
その名も「下北南部電鉄」!
実際にありそうですね(笑)

モハ3762下北南部鉄道

この細かさはヤバイ…
車体はHOスケールですが、軌間はNゲージ。
軽便鉄道のあの狭い軌間を再現するために軌間とスケールと異なるようにしているところが素晴らしいこだわりです♪
動力は鉄コレを流用しているそうです。

それでは、ジオラマを拝見!

駿遠線の風景

腕木式信号、あるじゃないですか…
しかもコレ、実際と同じように挙動するというのだから驚き!!!

モジュールジオラマ全景

全景はこんな感じ。
静岡鉄道駿遠線を再現しているモジュールレイアウトです。
奥の大井川橋梁(?)が静岡らしさを演出しています♪

駿遠線の一コマ

この波トタンの感じ…賑わいが聞こえてきそうなホーム…
ずーっと見ていられます…

小さな踏切

何もないこの第4種踏切がいい味を出しています。

そして鉄橋というか木橋。

大井川木橋

実際と同じように木で組んでいます。
この組み方も細かすぎる!!!
そして川の砂利は実際に大井川の砂利を使っているのだとか!
こだわりがすげぇ…

まさにジオラマの神様…少しでも近づけるようになりたいなぁ…と思ったTakayamaLine85でした。

くるまや軽便鉄道さんのブログはコチラをクリック!

https://kurumayakeiben.wordpress.com/

あっ。今回の動画も貼っときます!

【これぞキハ85!】先頭車がいっぱいの変態増結ひだ!

机の角で頭をぶつけました。どうもTakayamaLine85です。
お座敷レイアウトを大きな机の上で広げて、その机の上にもう一つ机を置いて小さなジオラマを置いて遊んでいるのですが、立ち上がるとき、小さなジオラマのほうの机の角に頭がクリティカルヒット!
氷で頭を冷やしながらブログ書いています(笑)

さて、9月16日、前日のカメラ設定ミスのリベンジもかねてひだ1号とひだ18号を重点的に撮ります!

1026D 特急ひだ6号 飛騨一ノ宮ー久々野にて

まずはひだ6号から。
1両増結の落ち着いた編成。
いつも変態編成を見ていると、この編成はどうってことないなぁ…
感覚が完全にマヒしとる(笑)

さて、本番のひだ1号。

21D 特急ひだ1号 飛騨一ノ宮にて

安パイで飛騨一ノ宮駅。
4+1+2の編成。これですよ!これこれ!
曇り空でしたが何とか記録できた(´▽`) ホッ
岐阜方から6両目、足回りが綺麗なキハ85-1000がおります♪
検査明けのキハ85‐1101でした♪
足回りめっちゃきれい…

21D 特急ひだ1号 飛騨一ノ宮にて

カッコよいですわ…やっぱキハ85はいいもんです…

ついでに後続のひだ3号も。

023D 特急ひだ3号 飛騨一ノ宮にて

こちらは富山編成と高山編成それぞれ1両増結!
富山直通タイプのひだで最長の9両編成!
とはいっても、富山で5両切り離しますがね(笑)

1023D 特急ひだ3号 飛騨一ノ宮にて

ちょうど草刈り作業が始まるところで、列車見張りの方と作業員さんが集まってきました!
タイフォンを鳴らして去っていきました。

そして、午後。時間をおいて撮り鉄。

ひだ1号があの編成だったということは、ひだ1号の増結2両分はひだ18号にくっつけて返却されるのは恒例の行事ですので、ひだ18号も撮影!

38D 特急ひだ18号 飛騨萩原ー禅昌寺にて

増結が後ろよりなので、インパクトに欠けるけどいいもんですよ♪

38D 特急ひだ18号 素晴らしい増結

あぁ…これです…たまらん。
このカットの中に中間車は一切登場していないのがまた面白い(笑)

今回の動画です!
色々と楽しい三連休でした…
さて、次の三連休は…仕事で2連休や…
まだまだやりかけのことがたくさんあるぞ!

【美しい増結…】特急ひだ3連休の先頭車多め編成!

カメラの設定を中秋の名月を撮影した時のマニュアル設定のまま特急ひだ1号を撮ってしまいました…どうもTakayamaLine85です。
9月15日の撮り鉄分をご紹介するんですが、肝心の特急ひだ1号を盛大にミスりました…
列車通過後、カメラを見たらM 1/40 F22…
唖然としましたよね…俺のバカ!

さて、話を戻しまして、9月15日の撮り鉄分です。

1034D 特急ひだ14号 飛騨一ノ宮ー久々野にて

今回は新しいお立ち台を探しながら南下します。
まずはいつもの宮カーブでひだ14号を。
高山編成・富山編成共に1両増結され、綺麗な増結スタイルになりました。
いつものことですけどねぇ。

4719C キハ25P4編成 禅昌寺―飛騨萩原にて

ちょっと足を延ばして萩原まで。
ススキが開いてきましたね…
秋っぽくなってきました。

4718C キハ25P105編成 飛騨萩原ー禅昌寺にて

このストレートを狙いに来たのですが、やはりいい場所は人がやってくる…
誰も来ないと思っていたら1人、通過直前にやってきました。
誰も来ないだろうと思っていたのですが…やはり探す人は探すんやな…

36D 特急ひだ16・36号 飛騨萩原-禅昌寺にて

10両が収まる場所は宮か…下麻生か…
直線や開けた場所が少ない高山本線は長編成を撮るのが厳しい…
でも新しい場所を見つけたので、今度からはここで撮ろうかな…
正直なところ、この場所あまり教えたくないなぁ…
でも載せちゃいます!

この後北上しながら撮りながら帰宅します。

1033D 特急ひだ13号 上呂にて

このエリアでは珍しい高速分岐器を通過するキハ85。
スピードと音が堪らん!ゴトン!ガタン!ゴトゴトッ!
乗っているときはかなり揺れますが、撮っている側からするとめっちゃカッコいい!

この後、ひだ18号の変態編成を撮ろうとしましたが、いい場所がなく…動画だけ撮りました。

ということで、今回の動画を貼っときます!

【新しくなった電気バスで黒部へ!】トロリーバスから電気バスに変わった関電トンネルで黒部ダムへ!

秋らしくなってきました…かね?最近暑い気がする今日この頃、どうもTakayamaLine85です。

さて、今年は電気バス元年!ということで、唐突ながら黒部ダムへ行きます!
電気バス誕生記念ということで乗車券割引券を去年もらったので、それを使いに…
実は飛騨高山から扇沢経由で黒部ダムに行く場合、往復セット券を買うと6,800円なんです…
一人から申し込める自由散策ツアー型の割引料金の金額です。
にもかかわらず、私は濃飛バス扇沢線正規運賃往復6,800円+関電トンネル電気バス2,050円を支払って黒部ダムまで来てしまったのです…

まぁそんなこんなで、高山濃飛バスセンターから平湯を経由して扇沢へ
一応高速バスです。
松本ICから安曇野ICまで1区間だけ高速に乗るんです(笑)

扇沢で名物の中里さんの口車にのせられ、弁当を購入(笑)

関電トンネル電気バス 黒部ダム駅にて

黒部ダムに到着!
音がとにかく静か!
一般の人は静かで心地いいと思いますが、なんせ先代のトロリーバスがあのGTO-VVVFインバータ搭載だったものですから、私からしたら物足りないです…
トンネル内に響くあの音が聞けないのは寂しいですね…

黒部ダムの虹♪

今回は電気バスに乗るのがメインなのですが、黒部ダムもせっかくなので見ておきます!
ありがたいことに虹が出ました♪
展望台から堰堤までを何回か行ったり来たり…この日だけで会談を1,000段以上は上り下りしたと思う(^_^;)
太陽が出ていたので暑かったぁ…

黒部ダムを満喫し、撮りバスをして帰ります。

関電トンネル交換所

トロリーバス時代は無軌条電車ということでれっきとした鉄道でしたが、電気バスになってから、鉄道としての届を廃止し、バス運行という形になりました。
免許も動力車操縦免許と大型二種から大型二種のみの免許で運転できるようになりました…
とはいえ、出発信号機や通票はまだまだ健在で、鉄道の感じがします。

大破砕帯 関電トンネルトロリーバス

破砕帯をあっという間に通過し…

電気バス 扇沢駅到着!

あっという間に扇沢…
電気バスは扇沢に着いたらやることがあるんです!

電気バス蓄電中

一番大事な充電!
車載パンタグラフをニョキっと伸ばして専用の通電設備にタッチ!
次の発車までの間に充電します!
大容量の急速充電バッテリーの技術の進歩によってなせる技ですね♪

今回の動画です♪

扇沢からは高山まで直行!
楽しい1日でした♪
そろそろ立山黒部アルペンルート通り抜けしたいですね…

【今日の動画】キハ25が機関車にけん引される!2018年西日本豪雨救援輸送を追う!

毎週末撮り鉄に行くとその撮影データをブログと、動画と、twitterと、Facebookと…と上げているともう今何をやっているのかわからなくなる今日この頃。どうもTakayamaLine85です。

あ!そうでした!

なんと!TakayamaLine85のYoutubeチャンネル…

チャンネル登録者数1,000人を突破しました!

皆様、ホントにありがとうございます!
え?まだご覧いただいていない?(笑)
そんなあなたに私のyoutubeチャンネルのリンクを貼っときます!

TakayamaLine85のチャンネルはこちらをクリック!
チャンネル登録お願いしますm(_ _)m

まだまだ1,000人になったばかりで999人になったり998人になったり…することもありますが、何とか一安心です(´▽`) ホッ

さて、本題に戻ります!
今日の動画は昨年の今頃の動画です。
思えば2018年の高山本線は踏んだり蹴ったりでしたね…
飛騨金山から下呂間で多数の土砂崩れ、そして坂上から猪谷までの間でも大規模な土砂崩れが発生し、レールと路盤すべてが流されるという被害が発生しました…
いわゆる西日本豪雨ってやつでしたね…

西日本豪雨発生時、高山以北には…
◆打保駅にキハ25P107編成
◆猪谷駅にキハ25P5編成
がそれぞれいました。
打保留置のP107編成は運転中で、打保で乗客と運転士さんは避難して留置。
もしこのまま運転されていたら…と思うとゾッとしますね…

取り残されたキハ25系2編成4両。
被災してから数か月放置されましたが、なんと!8月に猪谷駅に集められ再留置となりました。

DE15によるキハ25系救援輸送準備!

4両すべて猪谷まで持ってきたということは…
救援輸送が行われるということです!
時は2018年9月8日と9月9日!
それが今回の動画!

出発前日の様子と…

当日の追っかけ動画です!
猪谷から速星までDE15-1541、速星から富山貨物タまでDE10-1728、富山貨物タから稲沢までEF510-502のリレー輸送となりました。
DE15-1541と聞いてピンときた方もいらっしゃると思います!
そうです!美濃太田車両区所属のDE15-1541ラッセル車の機関車部分です!
かつてJR東海管内の高山本線で活躍していたカマと現役のキハ25。
OBと現役が繋がっている瞬間は何度見てもジーンとしますね…

ちなみに輸送ルートは猪谷から富山貨物ターミナルを経由して、あいの風とやま鉄道・IRいしかわ鉄道・北陸本線・東海道本線を経由して、日本海大回りでの救援輸送でした。

豪雨で失うものが多い中、一生懸命救出する機関車たちに力をもらいましたね。

【高山本線北部撮り鉄!】まだまだ夏!緑いっぱいの飛騨北部で撮り鉄!

仕事帰りに手首を蚊に刺され、異常なまでにはれ上がって痒いぃぃぃぃぃぃぃ!!!
どうもTakayamaLine85です。

さて、時は9月8日。
飛越ふれあいまつりに行った帰り、高山本線沿いに車を走らせ帰宅ついでに撮り鉄をしました。
ちなみに飛越ふれあい祭の様子はコチラをクリック!

猪谷駅でレールマウンテンバイクガッタンゴーを楽しみ、国道360号・国道471号経由で高山本線に沿いながら南下!

1034D 特急ひだ14号 猪谷―杉原にて

初めての場所で撮影!
3両くらいしか入らんろ…と思っていたら4両入ってくれて一安心(´▽`) ホッ
お顔が綺麗なキハ85-200が先頭です♪
それにしても緑が生い茂りすぎ…落石検知の電線にもきれいに纏わりついとる…

ひだ14号のあと、すぐにひだ7号が下ってきます。
杉原駅についたらすぐ警報機が鳴り…

1027D 特急ひだ7号 杉原駅にて

もうやってきました…やっぱひだは速いや…
慌てて撮ったので、何とも…言えない結果になりましたが、終わりが見えてきたキハ85はどんなカットも量産しておきたいので、良しとします!

さて、杉原駅ですが、JR東海の最北端駅としても知られています。

杉原駅

この駅舎が堪らん!
いまや無人駅は簡素化され、かつての有人駅の名残がどんどんとなくなっている中、貴重な存在です…
国鉄時代の貨物預け入れ受付やきっぷ売り場の名残…かつての賑わいが聞こえてきそうです。

高山本線の飛騨古川ー猪谷間といえば高山本線でも有数の閑散ダイヤ…
次の列車まで時間があるので、坂上駅まで向かいます。

保線モーターカーとレール運搬トロッコ 坂上駅にて

坂上駅といえばJR東海管内の最北保線拠点ですね。
打保や杉原にも保線用横取り線はありますが、坂上が拠点になっている感じです。
緊急時の燃料設備や保線用側線があり、資材置き場のスペースが広めに設置されています。

保線のモーターカーは冬になるとラッセルヘッドとロータリーヘッドを取り付けて除雪作業も行います。
DE15が行っていた除雪までカバーする万能車両です。

プラッサー&トイラー社製マルタイ

坂上駅の川側にはもう一つ保線用横取り線があり、車庫になっています。
まさかの新しいマルタイに遭遇!
マルチプルタイタンパが正式名称で、バラストを突き固める車両です。
我が家の横にも夜中にやってきます。
そんな夜中に外に出て保線撮り鉄をするのが私、TakayamaLine85です。(笑)

さて、時間つぶしはこれくらいにして、坂上駅に来たのはキハ25とキハ85の交換を撮るためだったのですが…

1830D キハ25P104編成と1031D 特急ひだ11号 坂上駅にて

まさかのキハ25は3番線…
1日のうちで唯一1830Dだけが3番線に入線します。
中々使われることのない3番線なので、レールのさび落としの為に入線するみたいです。

どんどんと自宅に近づいていきます。

1829D キハ25P103編成 飛騨細江ー角川にて

毎度おなじみの角川の第12宮川橋梁にて。
通過前までは最高の夕日が当たっていたのですが…
通過直前に見事に曇りました(+o+)
うーん…

ひだ13号まで時間があるので、さらに南下!

1033D 特急ひだ13号 上枝―飛騨国府にて

ちょうどいい光線になりました♪
この日のシメとしては最高でした♪

暑くて汗だく(+o+)
でも楽しい1日になりました♪

【高山本線でレールマウンテンバイク!】飛越ふるさとまつりのガッタンゴーの試乗へGO!

9月というのに暑いですね…どうもTakayamaLine85です。
さて、今回は9月8日に開催された「飛越ふるさとまつり」へ行ってきました!

猪谷駅

このまつり、猪谷駅で開催されるまつりで普段は静かな猪谷駅前が賑やかになります♪
そして最大のメインはコチラ!

キハ120とレールマウンテンバイクガッタンゴー!

なんとあの神岡鉄道の廃線跡を利用したアクティビティ「レールマウンテンバイクガッタンゴー!」の試乗ができるのです!
また場所が素晴らしい!高山本線猪谷駅構内!
今は使用されていない…というか保線用側線として時々使用されている留置線をガッタンゴーに乗れる!
なんと合法的に駅の構内に入れるんです。(笑)
かつて神岡貨物が運行されていたころに使用されていたであろう現保線用留置線を走れるなんてこんな経験できません!
JR西日本の社員さん監修のもと、試乗できます!

1828D キハ25P101編成 猪谷ー杉原にて

さて、そんな賑わいをしり目にニーゴは高山方面へ向けて発車していきました…
猪谷駅はJR西日本の管轄ですからね…
まつりの賑わいをあとに「俺、別にまつりなんて参加しんくってもいいし!」と強がっているようにも見えました(笑)

キハ120とガッタンゴー。面白い組み合わせですね。
いづれは…神岡からここまでレールが再び繋がって…これが当たり前の光景に…なってくれたらいいなぁ…
ひだ3号と絡めて撮りたかったのですが、空腹に負け、バザーでお昼♪

猪谷関所館の前の道で地元の商工会の皆さんなどがバザーをやってました。
JR西日本の社員さんもちらほら。

山海うどんとたこ焼きでお昼!
暑いので、いいエナジー補給になりました!

さて、せっかくなので、関所館も見ましょう♪
入り口付近のテントには…

JR西日本金沢支社 北陸広域鉄道部

の文字が!
猪谷から先でよく見る文字ですよね♪
JR西日本さんもブースを出していらしてびっくり!

JR西日本グッズ

JR西日本の社員さんからグッズをいただきました!
これは思ってもみなかった!めっちゃ嬉しい!

飛越の鉄道の歴史

さて、猪谷関所館へGO!
ここに入るのは10年ぶりくらいかな…
飛越ふるさとまつりの時は入館無料です♪
鉄道ファンなら館内のここは見ておきましょう!
猪谷は飛騨と越中を結ぶ要衝で、かつてから関所が置かれ、賑わいを見せていました。
神岡鉱山が近いということもあり、鉄道の要衝でもありました。
神岡鉄道の懐かしい逸品や神岡鉄道の対岸を走っていた神岡軌道についても開設されています♪

今回の動画です!

さて、一通り楽しんだので、森下友蜂堂さんの関所せんべいとはちみつぼんぼんを買って撮り鉄しながら帰ります♪
ということで、次回は高山本線北部撮り鉄の様子です!

【高山駅の並走バトル!?】高山駅の入換を観察!

ちょっとネタが多すぎてブログも動画も追いつかない忙しさになってきました。どうもTakayamaLine85です。

さて、9月7日の撮り鉄の続きです。
ちなみに前回の様子はコチラをクリック!
前回は飛騨一ノ宮界隈でひだ61号から順番に午前中撮り鉄をしましたが、午後は久しぶりに高山駅で撮り鉄!

高山駅構内灯のツタが…

久しぶりの花里跨線橋で。
歩道が綺麗に整備されましたね♪
構内灯が愛知万博のモリゾーみたい(笑)

さて、時刻は15時20分頃…

1031D 特急ひだ11号 高山編成入換中 高山駅にて

ちょうど名古屋からやってきた特急ひだ11号の高山編成。
入換を行います。
1番線から1番線と2番線の間にある中線に入ります。
中線の奥にはこの日の朝やってきた特急ひだ61号が留置されています。
ひだ61号の留置編成を連結を行って、のちのひだ18号になります。

36D 特急ひだ16・36号と4717C キハ25P104編成 高山駅にて

そして、空いた1番線には岐阜からやってきた4717Cが入線します。
この時点で2番線には10連ひだ16・36号、3番線には1829Dがいますので、すべてホームが埋まっています!高山駅で一番過密な時間帯になると思われます♪

そして15時36分…

36D 特急ひだ16・36号と4717C キハ25P104編成入換中 高山駅にて

気動車の中でもほぼ日本一の長さを誇る10両の特急ひだ16・36号が発車!
爆煙がやばい!これがたまらんのです!
10両ですが、2つの列車が併結運転されている列車です。
ご存じの方も多いと思いますが、特急ひだ16号は名古屋行き、特急ひだ36号は大阪行きとなります。
岐阜で切り離しを行います。
ひだ36号とひだ25号はかつての急行たかやまから引き継がれた列車で、飛騨地方から大阪まで乗り換えなしで行ける特急です。
日本有数の運転距離を誇る特急ですね♪
来年あたり絶対に乗ってやる!(`・ω・´)
何やら横からやってきましたね…

4717C キハ25P104編成入換中 高山駅にて

うわぁぁぁぁぁぁぁ!!!!
並走してくるやん!ニーゴちゃん!
ちょっと36Dが遅れて発車したので、見事にかぶりました。
本来は36D発車後に動き出すことが多いので、並走は珍しいですね♪

さて、36Dが行ってしまうと静か~になっちゃいます…
あとはひだ18号の編成が入換を行うくらいかな…

38D 特急ひだ18号入換中 高山駅にて

特急ひだ18号は何かと臨時列車の返却を担うことが多く、急行ぬくもり飛騨路号が運転される時期やひだ61号が運転される時にはちょっとイレギュラーな編成になります。
通常編成はモノクラス4両ですが、その後ろに返却編成がくっつきます。
この日はひだ61号が運転されたので、後3両はひだ61号の返却を兼ねた編成です。
ぬくもり飛騨路号が運転されると4+4の編成になります♪
あとはひだ1号が増結された際、たいてい2両増結で行われることが多いのですが、その2両を後ろにくっつけて4+2の編成を組んだり…とまぁ不規則な列車です。

中線から出てきて…

38D 特急ひだ18号入換中 高山駅にて

2番線に入線!この後、ひだ18号になって発車していきました。

さて、あまりにも暑いので、撮影はこれくらいにして、文化会館で行われている写真展にお邪魔して鉄道写真を見させていただきました♪

【高山本線、秋の気配】黄金の絨毯になりそうな宮カーブ撮り鉄!

北海道シリーズついに完結。北海道ロスになりつつも、高山本線に本腰を入れ始めたTakayamaLine85です。
9月になりいよいよ秋らしくなるかな…なんて思っていたらまさかの猛暑!
天気もいいし、洗車しついでにひだ61号から順番に撮ってきました!

9061D 特急ひだ61号 飛騨一ノ宮駅にて

おうちでゆっくりしていたもんですから、宮に着いた頃には遠くで踏切の音が( ゚Д゚)
慌てて撮影しましたので、トリミング済み(笑)
ワイドビューひだデビュー当時の富山編成みたいな編成でやってくるお馴染みの真光臨こと、ひだ61号。
この編成は新鮮です♪

さて、洗車を済ませ、ひだ6号をどこで撮ろうか…せっかく黒部五郎岳が綺麗に見えるのでいつものあそこで。

1026D 特急ひだ6号 飛騨一ノ宮ー久々野間にて

この場所で夏山を撮るのは初めてですね♪新鮮です。
本来は午後順光のこの場所ですが、思い切って午前の逆光時間帯に撮ってみました。
田んぼもいよいよ黄金に輝き始めました。
暑い暑いと言いながら、秋は近づいていますね…

4711C キハ25P107編成 飛騨一ノ宮ー久々野にて

岐阜から遥々下ってきたニーゴ。
インカーブは午前順光なので、こちらのほうが撮りやすいですね。

21D 特急ひだ1号 久々野ー飛騨一ノ宮にて

黄金の田んぼをメインで撮ろうとしたらひだ1号が小さくなりました…
しかも定期のモノクロス4両…
個人的には4+2が好きなので、ここで増結バージョンを撮ってみたいなぁ…

4714C キハ25P101編成 飛騨一ノ宮ー久々野にて

高山本線屈指の急勾配をあっさり登っていくニーゴ。
ボディーに青空を映してちょっと青くなりました。
眼下に広がる田んぼはもうそろそろで収穫です。

1023D 特急ひだ3号 久々野ー飛騨一ノ宮にて

ひだ3号を撮って帰ります。なんやかんや言ってもやっぱり暑いので…
ひだ3号は富山編成が増結されていました!
最近はよく富山編成増結されますよね…
さて、これにて午前の撮り鉄は終了…
午後は久しぶりに高山駅構内を撮り鉄しました!
次回へ続く…