【北海道鉄道開拓旅】その6.レンタカーで陸別・名寄へ!ご当地入場券をGETせよ!

ご当地入場券の整理に明け暮れている今日この頃。どうも、TakayamaLine85です。

前回の続きです。
前回の様子はコチラをクリック!
前回は小樽市総合博物館で大量の保存車両を堪能し、帯広までやってきました。

2428D JRイン帯広から

ということで8月26日月曜日。帯広からおはようございます♪
もちろんトレインビューを探しました♪
北海道ではお馴染みのホテルJRイン。
楽天トラベルでセールをやってて、ちょっと安く泊まれました♪
帯広駅のシンボル的存在の高架とこのコンクリートの斜張橋っぽい感じ。
帯広やなぁ…
カラフルなヨンマルが新得へと向かいました。
道東の恵みシリーズにまた会えました♪

さて、この日は…
レンタカーを借りまして、一路陸別へ!

道の駅オーロラタウン93りくべつ ふるさと銀河線りくべつ鉄道

帯広から約2時間。日本一寒い街陸別に到着!といっても今は過ごしやすい気温です。

陸別といえば…

CR70系 陸別駅にて

そうです!これこれ!
かつての国鉄池北線ですね…
懐かしい…池北線…
池北線から北海道ちほく高原鉄道へと第3セクター化され、銀河線として走っていましたが、残念ながら廃線となりました…

でも陸別ではいまだに鉄路が現役!運転体験コースとして生まれ変わりました!

運転体験中の車両となつぞらラッピング車両

今回、この時期に陸別に来たのはなつぞらラッピングが目当てでした!
朝ドラが終わる9月いっぱいでこのラッピングも終わるので、見れてよかった…
普段は1番線に展示されていますが、乗車体験コースが行われる日はなつぞらラッピングが走るみたいですよ♪
運転体験車両は銀河鉄道999ラッピングでした。
神岡鉄道みたい…でも車両は新しいし、レールも比較的残っているので、規模が大きいですね。

銀河コース運転体験車両

ふるさと銀河線りくべつ鉄道は日本一長い運転体験コースを有しています。
駅構内を運転する軽いコースから隣駅まで2キロ程度をがっつり運転するコースがあります。
運転体験したいなぁ…でも今回は時間がそれほどないので、諦めます…

陸別駅車庫と保線小屋

この感じ、ジオラマに迷い込んだ感じがします♪
この雰囲気が好き。

セイコーマート飯

昼は北海道のコンビニ「セイコーマート」の豚丼♪
ホットシェフがある店舗ではホッカホカのご飯が食べれます♪」

さて、エネルギーも充電し、再びレンタカーでさらに北へ!

陸別から名寄へ向かいます!
この道、北海道!って感じ。
しらかば並木と真っすぐな道。牛が放牧されている牧場。
スピッツの「優しいあの子」が脳内再生されますね♪
もちろんカーオーディオも優しいあの子ヘビーローテーションです。

今度は刈り取った後の大草原と青い空。
果てしない♪大空と♪広い大地のその中で♪
次は松山千春の「大空と大地の中で」が脳内再生されます♪

北見方面ですが、途中で道を逸れ、峠道へと入っていきます。

石北峠

平坦な道も多いですが、峠も多いのが北海道!
石北本線と同じ名前の石北峠を越えて上川へ!

上川駅とご当地入場券

ここから名寄に向けて石北本線・宗谷本線に沿って北上していきます!
ということはご当地入場券もたくさん買えるエリアです♪

上川・愛別で購入後…

3323D 快速なよろ3号和寒駅にて

和寒のセイコーマートで塩狩駅の入場券を購入!
ちょうど快速なよろが来ました♪
このおしゃれなサボが最高!

お次は剣淵。

64D サロベツ4号 剣淵駅にて

駅前の商店で売っているのですが、常にカギがかかっているので、迎えの新聞店に行き、ご主人からご当地入場券を購入!
駅スタンプも置いてあるので、「押していく?」と聞かれ、もちろん!押させていただきました♪

士別駅

士別はみどりの窓口は17時50分までということでぎりぎり間に合った…
窓口の駅員さんが優しくて、日付のスタンプランを紙で挟んで余分なインクを取ってくれるし、「スタンプ押しますか?」って聞いてくれるし…もう…やさしさに包まれました…

名寄駅

ということで帯広から200キロ、名寄に到着!
ここの目的といえばもちろん…!

名寄のキマロキ!

これですよ!!!これこれ!
前々から噂に聞いていまして、前回の北海道旅行でも特急宗谷の中から指をくわえてみていました…
キマロキはこの展示方法が一番わかりやすい!
こんなのが宗谷本線で走っていたと思うとニヤニヤが止まりませんな!

キ911マックレー車 操作台

なんと中を見ることができます!
マックレー車は脇にたまった除雪後の雪を線路上にかき集めていく車両。
かき集めた雪は後ろのロータリー車が遠くへ飛ばすという壮大な除雪方法。
マックレーはウィングを開けたり閉じたりする感じなので、内部はシンプル。

マックレーは中に入れませんが、ロータリーと9600とデゴイチは中に入れるんです!

キ604 操縦サイド
キ604 操縦サイド

ロータリー車はなんといってもボイラーが入っているということ!
ロータリー車といいながら中はSLとさほど変わりません。
逆転機と加減弁もしっかりついている!

キ604 投炭サイド

ロータリーをグルグル回すには動力が必要になりますよね。
強力なパワーなので、プッシュプルしている蒸気機関車から力を借りることはできないので、自らの中にボイラーを入れて、その蒸気機関でロータリーを回すという感じ。
自走しないSLですよね。

キ911+キ604 名寄にて

てなことで、結局のところ、ここを見てもらうとわかりやすいですね。
最初はキ100のラッセルで線路自体の雪をかき分けていきます。そうすると線路わきの雪が増えていきますよね…
そこでキマロキの登場!
キ911の後ろについているウィングが線路脇の雪をかき集めて、後のキ604の赤いロータリーで遠くに飛ばす!

キ911+キ604 名寄にて

こんな感じのほうが分かりやすいですかね。
これでキマロキの仕組みがよく分かりました!
夏の大人の自由研究完了です!

さて、名寄のセイコーマートでご当地入場券を購入後、レンタカーを返すため旭川駅へ!
返却予定時間に間に合うか不安でしたが、間に合いました(´▽`) ホッ

ここから怒涛のご当地入場券リレーが始まります!

ヨンマルとゴーヨンが集まる高架駅 旭川

旭川、やっぱ富山駅みたいやなぁ…同じ人が設計したらしいです♪
幸せな並びです♪

旭川から函館本線で美唄まで向かいます。
この日、ご当地入場券は上川・愛別・塩狩・剣淵・士別・名寄・旭川をGET!

74D 特急オホーツク4号 美唄駅にて

美唄で入場券をGET!美唄からオホーツクに乗り岩見沢へ!

74D 特急オホーツク4号 岩見沢駅にて

岩見沢でもGET!岩見沢から札幌までは宗谷に乗ります!

52D 特急宗谷 岩見沢駅にて

遥々稚内からやってきました!261お疲れ様!
いやぁ…楽しかったなぁ…
鉄路で行く北海道は最高ですが、車で行く北海道もめっちゃ最高ですね♪
いつかフェリーに車を乗せて北海道ドライブしてみたいなぁ…

さて、この日は札幌で宿泊。
いよいよ次回は帰ります…もう終わりかよ今回の旅…

「【北海道鉄道開拓旅】その6.レンタカーで陸別・名寄へ!ご当地入場券をGETせよ!」への1件のフィードバック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です