おくひだ1号ピカピカ大作戦~KM101清掃活動~

なかなか雪深い飛騨。

最近は寒く、ますます春は遠い…
そんな中、4月8日にロストラインフェスティバルin神岡が開催されます。
このイベント、なんといっても目玉はKM101の復活運転です!!
KM101は神岡鉄道の気動車として、開業当時の1984年から
廃線となった2006年まで22年間、地元の足として活躍していました。
廃線後は、神岡鉱山口駅の検修庫内で保存されていましたが、神岡鉄道元運転士の方・元整備士の方、自動車整備士の方などなど、多くの方の努力によって息を吹き返しました。
復活運転をするにあたって、車内の清掃をおこなう「おくひだ1号ピカピカ大作戦」が開催され、参加してきました。
奥飛騨温泉口駅
奥飛騨温泉口駅前にあるトロッコ
冬眠中のレールマウンテンバイクたち
まずはこの駅から。車両自体は神岡鉱山前駅にあるので、説明を受けた後、バスで向かうのですが…
奥飛騨温泉口駅と庭箱鉄道バス
庭箱鉄道さんという15インチゲージを走らせたりボランティア活動をされている団体さんが遥々岐阜からバスで応援に。このエアロミディ(?)箱庭鉄道バス、しっかり路線バスとしての機能もついてます。
神岡鉱山前駅
庭箱鉄道さんのバスで神岡鉱山前駅に到着。
神岡鉱山前駅地下道ホーム出口
駅が高い位置にあるので、駅の入り口から地下道を上がり、ホームから検修庫へ
KM101とKM151 神岡鉱山前駅にて
いました!いました!!
枕木交換会以来の再会です!
KM151 神岡鉱山前駅にて
実際に運転されるのはKM101ですが、KM151もきれいになっていました!
おくひだ1号のヘッドマークはきれいになりました。新製ですかね?
室内灯を点灯するため、エンジンをかけます。
エンジンのアイドリング音と試運転の様子です。
神岡鉄道KM101エンジン起動!!&KM151試運転!!
鳥肌が立ちました!!いやぁ~いいですね!!
ということで、お掃除開始!
床を中心にメラミンスポンジでゴシゴシするのですが、思いのほか汚れてました。
バケツは真っ黒…きれいになりました。
途中、KM151の試運転を庫内で行いました。2両運転もできるかな?

掃除後、奥飛騨温泉口駅で豚汁をいただきました。
おくひだ1号ピカピカ大作戦後の豚汁
あったまるぅ~おいしかった!
貴重な体験をさせてもらいました。
4月8日安全に運行されることを願います。
そして、4月8日に乗車するのでウキウキです♪
午前で終わった
ので、このまま神岡鉄道の廃線跡を見に行きたいと思います。
次回に続く…


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です