【KATO12系開封!】さらに細かくなって再登場!~6両すべてに室内灯を付けて走らせる!~

連続でお送りしている12系客車シリーズ!
今回は最終章。室内灯を全車両に取り付けて試運転します!
前回の様子はコチラをクリック!

前回はスハフ12を中心にいじりましたが、今回はオハ12とオハフ13の室内灯取り付けとパーツ取り付けです。

KATO12系 オハ12とオハフ13

ということでオハ12とオハフ13。
どちらもディテールアップされてきれいです♪
スハフ12とオハフ13との違いといえば、ディーゼル発電機の有無が大きな違いですね。
オハフ13は足回りがすっきりしています。

それでは早速室内灯取り付け!

KATO12系 オハ12室内灯取り付け

オハ12に室内灯を取り付ける場合、プラスチックのプリズム板は折り目で割る必要がないですね。
何も加工することなくそのままはまりました♪
めっちゃ楽なので、作業がスイスイ進みます。

そしてスハフ12と同様、オハフ13もカプラー交換とジャンパ栓等々のパーツ取り付けを行います。

KATO12系 オハフ13

やっぱ足回りが締まるなぁ…これはすごいなぁ…

一応これにて作業終了!ほんとは方向幕シールとか貼りたいけど、カトーの純正のシールって貼りづらいんですよね…
車体を汚すのも癪なのでシール類は貼らずにこのまま行こうと思います。

それでは6両連結して走行!

KATO12系DD51牽引12系客車

もちろん牽引機はDD51!
機関車の赤と客車の青が最高にいいです!!!
この列車に乗りたいなぁ…

KATO12系DD51牽引12系客車

室内灯も程よく点灯しています♪

KATO12系DD51牽引12系客車

模型を流すのは難しいですね…チャンスが多いのが救いです。

KATO12系DD51牽引12系客車

そしてさすがに6両ともなると圧巻ですね!
ホームに入りきらない…
なんか、キハ85がデビューした当時の高山本線の主要駅みたいな混雑ぶりですね。
久々野くらいの規模の駅かな?そんな雰囲気がします。
ワイドビューひだとひだと急行奥飛騨みたいな…
厳密には14系ですけどね(笑)

やはり国鉄は美しいですね!

ディテールアップした12系はいい味出してました。
万能客車なので、持っていて損はないですね♪

ということで、以上、カトー12系客車6両セットで遊んでみたブログでしたぁ~!