【北海道鉄道開拓旅】その4.鉄道の街、追分。スラントとデゴイチに会う!

北海道の大きさに圧倒され、その魅力にはまったTakayamaLine85です。
さて、今回の鉄道開拓旅、全8回でお送りするつもりです。
最後まで見てくださると嬉しいなぁ…

前回の続きです。
前回の様子はコチラをクリック!

滝川から札幌までフラノラベンダーエクスプレスに初乗車し、札幌からスーパーおおぞらで追分へ。

2624D 千歳線経由千歳行き 追分にて

追分駅前のホテルわたなべさんで一泊し、追分駅で朝のおめざ撮り鉄。
追分は室蘭本線と石勝線が交差する場所なので、朝はちょっとダイヤが過密になります。
珍しい千歳行き。
都会の千歳へ単行のヨンマルが向かいます。
列車番号を確認するのも一苦労…
2つの路線が交差しているので、室蘭本線のページを見ているとこの時刻にそんな列車はないし…あぁ!石勝線のページを見ないと出てこないわけだ!
と閃いたTakayamaLine85です。
北海道のサボ、最高ですよね♪

32D 特急スーパーとかち2号 追分駅にて

そして石勝線の入口なので、とかちや大空にも出会えます♪
2019年ダイヤ改正からスーパーおおぞらとスーパーとかちが停車してくれるようになったとか?
追分の撮り鉄は動画でまとめときました!

おめざ撮り鉄を終え、チェックアウト。
追分といえば話題になったあの場所が有名ですよね♪

キハ183-214 道の駅あびらD51ステーションにて

どうですか!この迫力!
北海道の厳しい鉄路を駆け抜けた伝説の「スラント」が蘇る!
これは圧巻ですよ!
ということで、今回は道の駅あびらD51ステーションの様子をお送りします!

まだ朝早かったので、人も少ない…ということで先に車内にお邪魔します!

キハ183-214 車内

中には子供たちの塗り絵が貼ってあります♪
良いですねぇ(*´Д`)ハァハァ
良すぎる…最高…

キハ183-214 道の駅あびらD51ステーションにて

検査表記も…まだ新しい…4年前に検査明けしたとか…
何でもっと早く北海道に来なかったんだ!悔やんでも悔やみきれない…
走っている姿、見たかったなぁ…

キハ183-214 消毒済票 道の駅あびらD51ステーションにて

車内消毒も平成30年が最後…昨年まで元気やったんやな…

キハ183-214 側面幕 道の駅あびらD51ステーションにて

幕は特急釧路。もちろん愛称幕は「おおぞら」。石勝・根室のヒーローですね♪

スラントの後ろにいるヨとワム

スラントの後ろには貨車たちもいます。きれいに手入れされとるなぁ…

キハ183-214道の駅あびらD51ステーションにて

贅沢すぎる道の駅です♪
そして、この道の駅の名前に入っているデゴイチは…

D51-320 道の駅あびらD51ステーションにて

ドドーンと車庫内にいます!
重厚なスノープロウ…北海道らしいデフレクター…何もかもが綺麗に保存されています…

そして、何より、私が驚いたのがこちら!

D51-320 動輪・ロッド回り

動輪とロッドなんですが、めちゃくちゃきれいなんですよ!
静態蒸気というよりは動態蒸気という感じ。これはSLスチーム号を牽引できるのではないのか!?もしかしたら急行ニセコとか牽引できるかも!というくらいのきれいさです…
スタッフさんのメンテナンスがしっかり行き届いている証拠です!

D51-320 スノープロウ

そしてスノープロウはD51-866のを流用しているんですね!これは興味深い!

D51320キャブ

キャブ内もきれい!
かっこよすぎる…(*´Д`)ハァハァ

貨車移動機 協三工業製10t動車

そしてデゴイチの後ろについているのがこのスイッチャー!
よく石油ターミナルや工場内の専用線をタキやコキを引っ張って行ったり来たりしているあのスイッチャーが安平にいます!
しかもエンジンがかかり、走る!

D51が展示してある機関庫内は展示ブースもあり…

スラントのありがとう入場券が降るコンプリートされていたり…

キハ183の幕が飾ってあったり…

石勝線の勾配・トンネル・設備図があったり…と盛りだくさん!

そしてこの道の駅、天気がいいと…何とD51が先ほどのスイッチャーに押されて外に出てきます!

スラントとデゴイチが並んだ!

途中、雨が降ったりやんだり…とくずつく中、屋外展示は見れないだろう…と諦めていましたが、まさか見れるとは思いもしませんでした!
デゴイチが屋外に出ると先ほどの機関庫内の展示は見れなくなるので、ご注意を。
両方見れてよかったなぁ…

アッシュピットレール

デゴイチがいなくなるとこんな感じ。
美しいアッシュピットです。

往年の機関士とデゴイチがタッグ

デゴイチを磨くOBさん。ほんとに皆さんのおかげでこんなに綺麗に保存されていることに感謝です。

さて、デゴイチもさることながら、スラントも忘れてはならないですよ!
8月25日を狙っていったのは訳がありまして…

キハ183-214運転台

なんと運転台公開日なんです!

私の中では伝説の存在。
気動車特急のスター的存在であるあのスラントノーズの運転台に乗れるなんて…
感無量です!
全ての備品がきれいに残っています!
ブレーキも動くし、マスコンも動く…変速レバーも動くし…なんやこれ…幸せすぎるやろ…

キハ183-214スタフ

スタフもついています。手稲から出場して札幌まで回送し、札幌から追分までの乗務ですね。

スラントのおよそ半分は機関室になっています。
国鉄気動車あるあるですよね♪
キハ82やキハ181も大きなグリルが印象的ですよね。

キハ183-214 機関室
キハ183-214 機関室

もちろん機関室も見れます♪

再び客席部分に戻ると…ヘッドレストが…

旭山動物園号を彷彿とさせるヘッドレスト
旭山動物園号を彷彿とさせるヘッドレスト

かわいい旭山動物園号仕様になっとる!

道の駅だけで丸1日おれそうですよ。ここはすごいとこや。

さて、フードコートでランチとしましょうか♪
野菜カレーと長いもフライ♪
あびらをいただきまーす!野菜がうまいのよ!

食後はデゴイチモクモクソフトを食べて、さて、名残惜しいですが、追分駅に戻ります…

36D 特急スーパーとかち6号 追分駅到着!

もっといたかったなぁ…
でも次の目的地があるので、後ろ髪を引かれつつとかちに乗ります!
先頭は幕とかちでしたね♪
なつぞらポスターも9月末までかな?

さて、追分を大満喫し、次は小樽へ向かいます!
小樽といえば、総勢30両以上が保管されているあの博物館ですよね♪
次回へ続く…

【北海道鉄道開拓旅】その3.フララベンEXPに乗車!クリスタルエクスプレスのはずが…

最近は北海道フィーバーに浸っているTakayamaLine85です。
高山本線に内緒で浮気中です(笑)

前回の続きです。
前回の様子はコチラをクリック!

前回は第4土曜日ということで苗穂工場内にある北海道鉄道技術館を見て回りました♪
遠いけど足を運ぶ価値は十分にありますよ!
さて、今回はせっかく札幌まで来たし、8月24日なのであの特急の運転日なので…

特急フラノラベンダーエクスプレスに乗ります!(≧◇≦)

前回の北海道旅行では見るだけしかできなかったですが、今回は乗ります!

ちなみに富良野で出会った時の様子はコチラをクリック!

苗穂から一旦札幌へ向かいまして…札幌からは…

2029M 特急カムイ29号 札幌駅にて

カムイで滝川まで行きます!
ホントは根室本線区間も乗りたかったですが、時間的に滝川から函館本線区間に乗ることが精一杯でした。

滝川に到着!人生で2度目の滝川です。

滝川に到着し、ご当地入場券をGET!
今回は行くとこ行くとこご当地入場券を買います♪

発車標に列車が載ってますね!特急名が長いので、指定席特急券には「フララベンEXP4号」と記載されます。

滝川駅発車標

ホームに入場して…さぁ!主役の登場です!

7044D 特急フラノラベンダーエクスプレス4号 滝川駅にて

ん?

8月24日のフララベンはクリスタルエクスプレスのはず…

それもそのはず。

遡ること出発する数日前だったかな…ツイッターでこんな悲しい情報が流れてきたんです…

8月24・25日のフララベンEXPはクリスタルエクスプレス車両が故障したためノースレインボーエクスプレスに車両を変えて運転いたします。

ご存じの通り、クリスタルエクスプレストマム&サホロは2019年9月末をもって引退することが電撃発表されました…
その最後の雄姿を乗ろうと思い、無理にフララベンEXPに乗る予定を詰め込んだわけです。
予定が確定してから数日後にこの発表があったもんですから、まぁ凹んだ凹んだ…

きっぷを払い戻そうかとも悩みましたが、せっかくの北海道ジョイフルトレイン、ノースレインボーエクスプレスもこの先どうなるか分からないし…

ということで気を取り直してこのまま乗ることを決めたわけです。

でもなぁ・・・クリスタルなぁ・・・乗りたかったなぁ…あぁ・・・

7044D 特急フラノラベンダーエクスプレス4号 スタフ

そして号数変更もありましたね。
クリスタルエクスプレスは4両編成。
ノースレインボーは5両編成。
今回は急遽ノースレインボーになったので札幌方先頭は5号車です。
クリスタルなら札幌方は4号車…ということは1両指定席が急きょ増えたわけですよね!
ということは前面展望ができるのではないのか!

7044D 特急フラノラベンダーエクスプレス4号 5号車

席が空いとる!
前面展望できるじゃん!
ヤッター!車掌さんにも席移動の承諾をいただき前面展望しつつ車内探訪開始!

ノースレインボーエクスプレス5号車

まずは5号車!
ノースレインボーは3号車以外はこのような座席です。
途中途中にモニターもあり、団体列車としての機能も搭載しています!
全席グリーン車みたいな贅沢空間♪
ヘッドレストのお花の柄がかわいい♪

ノースレインボーエクスプレス車両編成案内

編成はこんな感じ。
やっぱ皆さん気になるのは3号車ですよね!ですよね!ですよね!!!

ノースレインボーエクスプレス3号車ラウンジ

どーん!どうですか!このラウンジ!
この空間に特急券+乗車券だけで入っていいのかな?と思うくらい贅沢…
フッカフカのソファー…(*´Д`)
ルームライト…(*´Д`)ハァハァ
う~ん、最高っ!!!!!

ノースレインボーエクスプレス3号車階上・階下

先ほどのラウンジは下の階で上の階は自由席になってます♪
ビスタカーみたい♪
あとはサンライズみたいですよね♪
この部分、ワクワクが止まらないですよね!分かりますか!この分岐する感じ!

ノースレインボーエクスプレスオーディオ機器

ジョイフルトレインらしく、マイクも搭載!カラオケもガイド放送もできます!

ノースレインボーエクスプレス3号車絵画

北海道の車両って、デッキ部分に絵や写真が飾ってあるんですよね…
あれを見ると北海道に来たなぁ…って感じがします。
走る美術館、いいですよね♪

7044D 特急フラノラベンダーエクスプレス4号の車窓から

さて、5号車に戻り、車窓と前面を楽しみます。
ノースレインボーエクスプレス独特のルーフ窓。
車窓が広く感じます♪
これで富良野まで行くの…夢ですね…

7044D 特急フラノラベンダーエクスプレス4号運転士さん̪̪指差喚呼

そして、この車両の最大の特徴、前面展望ですが…

運転席と客席の間にガラスがないんです!

通路側の座席に座ると前にガラスがないんですよね!
窓側に座るとガラスがあるんですがね。(^_^;)
ガラスがないので、運転席部分をクリアに撮影できます。
客席に運転士さんの声が響きます。
逆を言えば客席の声も運転士さんに聞こえるんです。(^_^;)

あっという間に札幌に到着…もう終わりか…寂しいな。

そうそう。札幌到着前、車掌さんがお詫びのアナウンスをしてくださいました。
分かりました!許します!(笑)

ノースレインボーエクスプレス運転台

札幌に着くと運転士さんが運転席から離れて運転台撮影の時間を設けてくださいました!
運転士さん!ありがとうございます!
JR北海道の社員さんってなんか心温まるんですよね…いい人ばかりです。

7044D 特急フラノラベンダーエクスプレス4号 札幌駅にて
7044D 特急フラノラベンダーエクスプレス4号 札幌駅にて

この部分好き♪

7044D 特急フラノラベンダーエクスプレス4号 札幌駅にて

さて、回送を撮ろうとしていたら…
ありゃりゃ…手稲のほうへ行っちゃった(^_^;)
てっきり苗穂に行くかと思ったら手稲なのね…そりゃそうか…札転所は手稲か…
道理で運転士さんがエンド交換をしなかったわけだ…

クリスタルエクスプレスに乗りたかった…と嘆いていましたが、ノースレインボーエクスプレスの魅力にはまり、ノースレインボーエクスプレスになだめられた気がします(笑)

ノースレインボーエクスプレスに乗れてよかったぁ…

さて、今日の目的は達成!大満足でした!

さて、札幌から本日のお宿へ向かいます!

4011D 特急スーパーおおぞら11号 札幌駅にて

FURICOの彼で札幌を離れます!
相変わらずカッコいいですわ…惚れ惚れする…(*´Д`)ハァハァ

4011D 特急スーパーおおぞら11号 札幌駅にて

釧路まで行きたいですが、追分まで…
FURICO283に揺られ石勝の入口へ。

石勝線と室蘭本線の交差駅 追分駅

やっとで1日目の宿に到着!
札幌のホテルが埋まっていたので、追分にしました。
遠すぎるんですが、翌日追分で行きたいところがあるので、追分に泊りました!
追分といえば…あれですよね!

ということで、次回は道の駅あびらD51ステーションへ向かいますよ!
次回へ続く…

【今日の動画】ジョイフルトレイン♪いい響き。フラノラベンダーエクスプレスを目撃!

夏もいよいよ本番!
この季節、特に気持ちいいのが…北海道!
ちょうどラベンダーが見ごろの時期かな?
先月、北海道を満喫する乗り鉄旅を敢行しましたが、その時に出会ったのが…

特急フラノラベンダーエクスプレス!

です。

北海道最終日。快速エアポートで新千歳空港に行こうかなぁ…と思い、最後の札幌駅撮り鉄をしていたら、出会えました!

ちなみに、北海道旅行記はコチラをクリック♪

キハ183の変わり種。ノースレインボーエクスプレス

このぬぼっとした感じ、いいですよね♪
今となっては数少ないジョイフルトレイン…
あちらこちらで相次いで引退してしまいましたね…
まだまだこうして走ってくれるのはとても嬉しいです。

ノースレインボーはキハ183の変わり種。
改造が得意な苗穂工場で新造された車両でした。
調べてみるとキハ183系5200番台に一応所属しているみたいです…
苗穂の新造・改造技術はお家芸ですね♪

特急フラノラベンダーエクスプレスは札幌から富良野までを結ぶ臨時特急。
その名前の通り、ラベンダーが咲くころに運転されます。
フラノラベンダーエクスプレス3,4号は写真のノースレインボーが担当しています。
フラノラベンダー1,2号はなんと!クリスタルエクスプレスが担当します。
クリスタルエクスプレスはちょっとパノラマカーに似たシルエット。東海民としては親しみがわく車両です。

さて、本題の動画。

といって、札幌発車動画だけですけどね…

いつか乗ってみたい…絶対乗ってやる!
クリスタルとノースレインボー両方乗りたいなぁ…なんて妄想を膨らませながら快速エアポートに乗り込みました。

TakayamaLine85はYoutubeもやってます!

チャンネル登録をどうぞ、どうぞよろしくお願いしますm(_ _)m

間もなくチャンネル登録者数1000人です!どうか私、TakayamaLine85にお力添えを!