【KATO12系開封!】さらに細かくなって再登場!~スハフ12にパーツと室内灯をつける編~

さて、前回の続きです。
魅力が多すぎて1回の記事じゃまとまりませんでした…
ということで今回はスハフ12にパーツと室内灯を取り付けるだけのブログです。
あ、ちなみに前回の様子はコチラをクリック!

まずは、スハフ12のカプラー周りをかっこよくしていきます!

デフォルトのスハフ12の車掌室側はこんな感じ。

KATO12系 スハフ12

カプラーがアーノルドになっているので、なんかちゃっちいですね…
ということで、この部分から作業開始!
と、その前に付属のホロも付けておきます!

KATO12系 スハフ12 ホロ

車体を外してホロを取り付けるのですが…
説明書を見ると車体を外さなくてもできるみたい…そうなのね…
ちょっと顔周りが締まりますね!

車体を取り外したついでに、本題のカプラーを交換していきます!

KATO12系 スハフ12 カプラー交換

まずは、ボディマウントカプラーを外します。
ツメを外すと簡単に取れます♪
この写真にもあるようにボディマウントの台座をジャンパ栓タイプのものに交換して、カプラーもアーノルドカプラーからナックルカプラーに交換!
これで機関車と牽引できるようになりました!

後は逆の手順でカプラーとボディマウント部品を取り付けて完了!

そして出来上がったのがこちら!

KATO12系 スハフ12 ディテールアップ完了!

めっちゃ足回りがかっこよくなった!これはすごいなぁ…
このジャンパ栓の感じ…たまらん(*´Д`)

それでは旧ロットの製品と比較してみましょう!

右:旧製品、左:新製品 KATO12系 スハフ12

SL飛騨路号のヘッドマークがついているのが旧製品。
モリヤスタジオさんのヘッドマークをくっつけてあります(笑)
パッと見はさほど変化が無いように感じますが、よーく見ると足回りやテールライト、屋根周りのディテールがめっちゃパワーアップしています!
一番変わったのは足回りとテールライトじゃないかな…

側面はこんな感じ。

左:旧製品、右:新製品 KATO12系 スハフ12

JRインレタがついているのが旧製品。
インレタはあとから付けました。
側面は方向幕の部分がしっかり白くなっているところと発電機の色分けがされた感じです。

それでは次!室内灯を付けます!
ただ室内灯をつけるだけです。

KATO室内灯クリア

お馴染みのLED室内灯クリアです。
6両セットなので6両分入りのやつを購入。
クリアだと紫に近い白になるので、オレンジのフィルターを使用します。

KATO室内灯クリア 12系に取り付け

はい!取付完了!
いつもながら簡単で助かってます♪

それでは点灯試験を開始します!

点灯!

KATO室内灯クリア試験点灯

点きました♪
ちょっと紫に見えますね。カメラを通すとより紫に見えるなぁ…
肉眼で見るとこの写真ほど紫ではないです。
そして、やんわりつきますね。
この点灯状態はパワーパックをかなり回した状態です。
暗くすると実力を発揮します!まさに本物と同じ感じです。

ということで、電気を消します!

KATO室内灯クリア夜間点灯

いい感じになりました♪
それにしてもテールライトめっちゃきれいに光りますね…ウットリします…

これにて無事スハフ12のディテールアップが完了しました!
あとは中間車とオハフ13も同様にいじります!
次回は中間とオハフ13の様子を取り上げようかな…

【鉄道模型】TOMIXキハ58高山色に室内灯をつけるだけのブログ

さて、連日の模型いじりでございます。
ホントは高山本線の南部撮り鉄にも行きたいし…北部にも行きたいのに…

暑すぎる!!

外にも出る気がしません。ちょっと危険ですよね…ちょっと雨降らんかね…

今回は、先日開封したトミックスキハ58「高山色」に室内灯を付けます!
ちなみに前回、開封した時のブログはコチラ!
まずは開封します!

トミックスキハ58と0733室内照明ユニットLC

トミックスの純正室内灯はコチラ。
常点灯対応のLシリーズですね。
ポポンデッタの室内灯もいいらしいですね♪
試してみたいなぁ…いつか(笑)

それでは分解!

キハ58高山色分解

まずはトレーラー車から。
デッキ側にある2つの四角い穴に室内灯のバネを差し込むわけです。
室内灯には少々下ごしらえをします。

TOMIX室内照明ユニット0733

付属の白いシールをライト基盤部分に貼ります。
少しでも遠くに光が届くようになるみたいです。

0733室内灯装着!

バネをデッキの四角い穴に入れて、ツメに引っ掛ければ完了!
点灯しますね♪
トレーラーはこれで終了。

モーター車は少々加工が必要です。

0733照明ユニット説明書

説明書にある通り、ばねの一部をカットします。

室内灯を装着!

カットしたらモーター車も基本は同じ。
穴にかけて…

装着完了

赤い柱部分の爪に引っ掛ければ装着完了!
こちらも光りました!

室内灯の色を見てみましょう♪

室内灯消灯状態

最初はこんな感じ。まぁ…普通の状態です。

それでは点灯!

室内灯点灯状態

点灯すると赤い座席がはっきりとわかりますね!
電流が高めなので、かなり光っていますが、走行させるといい感じの光になります♪
ホントだったら、座席と床を塗り分けないといけないのですが、今回はここまで。

ただただ、室内灯を取り付けるだけのブログでした~!

【鉄道模型】カトーキハ58に室内灯を取り付けてみた。

キハ58ばかりいじっているような気がする今日この頃。
どうもTakayamaLine85です。

先日から特にネタがないので、ただただ模型工作(工作というほどのことはしていませんが…)を投稿していたら結構見ていただいているみたいで嬉しい♪

今回はKATOキハ58に室内灯をつけてみたというお話。

いつもは付けない付属のシール類をつけてみた

KATOキハ58は鉄道模型の中でもロングセラーな商品ですね。
最近は新規金型で新登場し、一新しましたよね♪

KATO 11-211LED室内灯クリア

室内灯はコチラ。
電球色のやつにしようかと思いましたが、あえてクリアにしてみました。
最近の列車みたいな青白さは出るのでしょうか?違和感が出なければいいけどな…

さぁ!キハ58を分解!

KATOキハ58 モーター車

いつもの通り、車体を外し集電シューを入れようとした、そのとき!

KATOキハ58説明書

キハ58の説明書に何やら書いてある…
モーター車はいつもと勝手が違うみたいですね…

この車両の場合、室内灯セットに入っているものをちょっといじる必要があります。

集電シューを曲げる

写真のように集電シューの頭を折る必要があります。
もちろん2本ともおります。
するとこんな感じ。

集電シューとライト基盤

集電シューを折らないとライト基盤の足がはまらなくなります。
と同時にライト基盤の白いカバーを外す必要もあります…
ライト基盤が裸の状態になれば正解みたい…
そしてライト基盤の後ろの凸をデッキ部分の青い部分の四角い穴にはめると安定します。
カラーフィルターはゴム系接着剤で接着させました。これでよかったのだろうか…

これでモーター車両は終わり。次はトレーラー車。

KATOキハ28 室内灯取り付け!

こちらは集電シューをそのままデッキ部分に差し込んで、上からライト基盤を差し込むだけ♪
ライト基盤の足と集電シューの銅板が接触していれば室内灯は付きます。

KATOキハ28 室内灯取り付け!

そして忘れてはならないのはクリアなこのプリズム部分。
このプリズムが光を車両全体にいきわたらせるわけです。
折り目があるので適度な長さに折って車両の柱に取り付けます。

それでは点灯試験開始!

KATOキハ25 室内灯点灯!

車体のクリーム色も助けてくれていい感じに♪
椅子のモケットの色が再現されているので、まぁ実写に近いかな?

走行テストも敢行!

KATOキハ58試運転

いい感じに走ります。
低速がすごい!とにかく低速がすごい!最近のモーターはすごいですなぁ…
このジオラマについても追々ご紹介していきたいなぁ…

キハ58高山色についても室内灯取り付けをしたいので、TOMIXの室内灯も買っておこうかな♪
ポポンデッタの室内灯も気になりますが、さて、買うかどうか…