【今日の動画】Nゲージジオラマの世界にご招待!TakayamaLine85のジオラマ

暑すぎて、撮り鉄に行く気もなく、ネタが枯渇しているTakayamaLine85です。
私は飛騨高山に住んでいるんですが、かつては避暑地として有名で、都会より涼しい、なんて言われていました…
それも昔の話です。
今は35℃なんて普通!そんなに涼しくない…むしろ暑すぎます!
飛騨高山にいらっしゃる際は気温に注意してくださいね!
唯一涼しいところといえば、3,000メートル級の山、飛騨山脈くらいしかありませんね(^_^;)

さて、暑い話はこれくらいにして、今回はジオラマの動画です!
この前ご紹介しました、小さな私のジオラマ。
600mm×700mmくらいの小さなジオラマです。

キハ58と撮り鉄

季節は春をイメージし、昭和の香りが残る小さな街をイメージして作りました。
分割可能にもしてあるので、運搬しようと思えば運搬可能です。
こんな小さなジオラマでも、何かのイベントで出せたら嬉しいなぁ…それは夢の話か…

ジオラマ分割中…

初めてのジオラマという理由に、何をどうしたらいいかわからず、いろんな動画やジオラマをやっていらっしゃる方のブログを見たりして、時間をかけてゆっくり取り掛かりました。
一応、完成ではあるのですが、まだまだやりたいことが…
建物の中に室内灯を付けたいなぁ…なんて考えています。
まだまだ欲が膨らみます…(笑)

さて、そろそろ、先日買ったトミックスのキハ58高山色に室内灯を付けて試運転したいなぁ…
次あたりはトミックスキハ58に室内灯をつけるだけのブログを書こうと思っております。

【鉄道模型】小さなジオラマ制作奮闘記録~2.ガラケー画像でごめんなさい~

前回の続きです。
前回の様子はコチラをクリック!

どうもアクセスの急上昇は一時的なものでした。
スパムかもしれませんね…
さて、私のジオラマの制作記録です。
なんてったって、ガラケーで撮影したものですから、とにかく画質が粗い…
お見苦しいですが、ご容赦を。

さて、前回の山の工作です。

トミックスパウダーなどを多用して、山肌の草を再現

ここからはよくジオラマ雑誌や鉄道模型雑誌に掲載されているような山の作り方です。

山部分が出来上がってきました。

さらに、神社部分も設置してしまいます。

夫婦杉神社建設中

この神社もさんけいみにちゅあーとシリーズの1/150スケールの神社。
大きな巨木はジオコレの杉を使用してます。
手前の左下に大きなくぼみを作っておきましたが、こちらにももう1本、杉を植えます。
巨木を2つ並べて夫婦杉神社と命名します。

これだけでもいいのですが、現実の山はこんなもんじゃないなぁ…

木を植えよう!
遠景の山はフォーリッジで再現することはよくありますが、すぐそこの山はそういうわけにはいかないと思い、実際に木を植えます。
市販のジオラマ素材の木を何本も買うにはさすがにコストがかさむ…
ということで…

植樹

針金とフォーリッジを使用して木を量産!
またまた100均ダイソーの園芸針金?というかリースとかに使う茶色い針金を10本くらい束ねてねじねじ…
途中で枝を再現しながら作り、フォーリッジを枝にくっつける…を繰り返します。

何とか山の始まり部分の雰囲気を出せたかな?

駅から山を望む

遠くから見ると山っぽいかな?

神社と山部分がほとんど完成。

夫婦松神社と社叢

まだ右側の山に木を植えていないので、それを植えておしまい。
右の山と神社の間にある線はレイアウト分割の為の切込みです。

この時点でのジオラマはこんな感じ。

ジオラマ俯瞰

区画整備が終わり、建物はこの区画にはめ込むだけで完成。あとは機関区部分と空き地の有効活用をどうしようか…

この時点で建物を当て込むとこんな感じ。

キヤ95検測試運転中

キヤ95ドクター東海に検測をしてもらいつつ、ジオラマを眺めます。
まだまだ道路は傷んでます。
道路はアクリル絵の具でぬりぬりしまして、整えます。

パッと見完成ですが、まだまだ…

機関庫回りの様子

記録はここまでしかしていません…
次回は完成後、今の様子をお送りします♪

【鉄道模型】カトーキハ58に室内灯を取り付けてみた。

キハ58ばかりいじっているような気がする今日この頃。
どうもTakayamaLine85です。

先日から特にネタがないので、ただただ模型工作(工作というほどのことはしていませんが…)を投稿していたら結構見ていただいているみたいで嬉しい♪

今回はKATOキハ58に室内灯をつけてみたというお話。

いつもは付けない付属のシール類をつけてみた

KATOキハ58は鉄道模型の中でもロングセラーな商品ですね。
最近は新規金型で新登場し、一新しましたよね♪

KATO 11-211LED室内灯クリア

室内灯はコチラ。
電球色のやつにしようかと思いましたが、あえてクリアにしてみました。
最近の列車みたいな青白さは出るのでしょうか?違和感が出なければいいけどな…

さぁ!キハ58を分解!

KATOキハ58 モーター車

いつもの通り、車体を外し集電シューを入れようとした、そのとき!

KATOキハ58説明書

キハ58の説明書に何やら書いてある…
モーター車はいつもと勝手が違うみたいですね…

この車両の場合、室内灯セットに入っているものをちょっといじる必要があります。

集電シューを曲げる

写真のように集電シューの頭を折る必要があります。
もちろん2本ともおります。
するとこんな感じ。

集電シューとライト基盤

集電シューを折らないとライト基盤の足がはまらなくなります。
と同時にライト基盤の白いカバーを外す必要もあります…
ライト基盤が裸の状態になれば正解みたい…
そしてライト基盤の後ろの凸をデッキ部分の青い部分の四角い穴にはめると安定します。
カラーフィルターはゴム系接着剤で接着させました。これでよかったのだろうか…

これでモーター車両は終わり。次はトレーラー車。

KATOキハ28 室内灯取り付け!

こちらは集電シューをそのままデッキ部分に差し込んで、上からライト基盤を差し込むだけ♪
ライト基盤の足と集電シューの銅板が接触していれば室内灯は付きます。

KATOキハ28 室内灯取り付け!

そして忘れてはならないのはクリアなこのプリズム部分。
このプリズムが光を車両全体にいきわたらせるわけです。
折り目があるので適度な長さに折って車両の柱に取り付けます。

それでは点灯試験開始!

KATOキハ25 室内灯点灯!

車体のクリーム色も助けてくれていい感じに♪
椅子のモケットの色が再現されているので、まぁ実写に近いかな?

走行テストも敢行!

KATOキハ58試運転

いい感じに走ります。
低速がすごい!とにかく低速がすごい!最近のモーターはすごいですなぁ…
このジオラマについても追々ご紹介していきたいなぁ…

キハ58高山色についても室内灯取り付けをしたいので、TOMIXの室内灯も買っておこうかな♪
ポポンデッタの室内灯も気になりますが、さて、買うかどうか…