【釣瓶落とし撮り鉄】高山本線夕空撮り鉄!

前回の続きです。
前回の様子はコチラをクリック!

キジさんと撮り鉄を行った午前を終え、午後も再び南下。
気になっている場所を探し次いでに撮り鉄。

36D 特急ひだ16・36号 久々野ー渚にて

10両ひだを撮りたくて渓谷でいい感じの場所がないか探したのですが、全くない…
このSカーブはお尻のぐねり感も撮れると思ったのですが、ケツはススキにやられほとんど見えない。
おまけに16時で日没を迎え、真っ暗…山の上はいい感じですけどね…
狙った列車の時間に太陽がログアウトしたので、駄目ですね…
やっぱり宮くらいしかないな…

余りの寒さに車に戻り暖をとっていると踏切が…こんな時間…?

9083D 特急ひだ83号 久々野ー渚にて

忘れていました。ひだ83号の存在を!
運転頻度の少ない83号。家を出る前に来ることはわかっていたのに直前で忘れる…
馬鹿かよ自分。

この後もあまり乗り気になれず、テキトーに撮り鉄。

4719C キハ25P2編成 渚ー久々野にて

山はいい色なのに麓は真っ暗…
まぁ、ゼロニーゴに出会えただけでもいいか…

帰りながら、宮で撮ります。

38D 特急ひだ18号 飛騨一ノ宮ー久々野にて

やっぱり宮が一番いいなぁ…
ひだ18号4両増結。
それも忘れていました…
ひだ61号運転日ならひだ18号にひだ61号の車両をくっつけて返却増結するのに…
でも何とか8両入ってよかった…

4722D キハ25P3編成 飛騨一ノ宮ー久々野にて

そのショックで4722の存在を忘れ、急遽流し…
この辺りからどんどん日が沈んできました…

ひだ13号、流すか露出をいじって止めるか…

1033D 特急ひだ13号 飛騨一ノ宮にて

悩んだ挙句、ズーム流し!できとるんか?これ?
先頭の乗務員扉あたりにきれいにピントが合いました。
そこじゃなくてヘッドマークにピントを合わせたかったんや…(^_^;)

1033D 特急ひだ13号 飛騨一ノ宮にて

真っ暗な駅にヘッドマークとテールライトが浮き上がります。
夜の特急ひだといえばこの感じ。

終始グダグダな撮り鉄でした…

編成撮りとか風景撮りとか何か1つにテーマを絞ってしっかり撮っていきたいものですね…

【3両から9両まで!】特急ひだ多彩な編成!キジさんと撮り鉄

いよいよ飛騨路にもキハ85を求めてやってくる遠征勢が増えてきたかな…
どうもTakayamaLine85です。
キハ85が引退するとなると、あちこちから撮り鉄、乗り鉄が集まってくるわけですが、私の地元も例外ではありません…
いつも私が撮影しているお立ち台も祝日を中心に増えてきた気がします…
いつもは誰もいないのに引退となると人が増える…
仕方ないけど複雑な気持ち…現に私もE257系やE351系などの引退時に足を運びましたし…

てなことで、私は今のうちからキハ85をじゃんじゃん撮ります!

9061D 特急ひだ61号 久々野ー飛騨一ノ宮にて

この3連休中は真光の例祭がある関係で真光臨ことひだ61号が運転されました!
短い3両。
高山本線の高山以南で最短編成です。
短編成はこの場所向かないな…

次は宮カーブ。いつもと場所を変えて上のほうから。

線路上にキジが!

何か線路上で動くと思って、目をやると…キジが!
この日は終始キジと一緒に撮り鉄をすることになりました。

1026D 特急ひだ6号 飛騨一ノ宮ー久々野にて

ひだ6号が通過!
キジはどこかへ行きました。
この場所、木が邪魔なんやさな…仕方ないけど。

21D 特急ひだ1号 久々野ー飛騨一ノ宮にて

ひだ1号はひだ61号に編成を使っていることもあり、控えめの1両増結。
貫通が先頭なのは新鮮♪

9時から11時までの時間はコンスタントに列車がやってきます!

4714C キハ25P104編成 飛騨一ノ宮ー久々野にて

ゼロニーゴがやってきました♪
秋らしい青空で気持ちいい♪

車を停めていた場所に戻ると…

あっ!さっきのキジさん!
かなり警戒心が強いので、足音を立てずにソロリソロリ…
鮮やかな色や…

午前中はひだ3号を撮っておしまい。
10両に迫る富山ひだ最長の9両編成!
高山で切り離すものの、圧巻の編成です♪
午前中だけで3両から9両まで、多彩なキハ85の編成を撮ることができました♪
次回は午後の夕空撮り鉄の様子をお送りします。

【特急ひだ61号運転】小さい秋を見つけながら撮り鉄!

秋もいよいよスタートしましたね!高山は寒くなってきました。どうもTakayamaLine85です。

さて、10月6日は特急ひだ61号の運転日でした。
いわゆる真光臨ですね。
高山にある宗教団体の例祭が開催されるのに伴っておおよそ月1回のペースで運転されている臨時特急です。

下り特急ひだの始発はひだ1号の7時台から始まりますが、ひだ61号はひだ1号よりも早い6時11分の発車の列車です。

高山に着くのは9時頃。ということで、いつもの場所へGO!

9061D 特急ひだ61号 久々野ー飛騨一ノ宮にて

来ました!このシンプルな3両編成!
特急ひだの中では最短編成。ほかの臨時ひだでも3両はありますね。
キロハがサンドされ、まるでキハ85デビュー時の富山編成みたいです♪
しかも真ん中のキロハは先行生産車のキロハ84-2!

午前中は効率よく撮影できるので、順番に撮っていきます!

1026D 特急ひだ6号 飛騨一ノ宮ー久々野にて

小さく咲いている曼殊沙華。
小さい秋、みつけた。
華麗な赤、ほんとに綺麗ですよね…

さて、列車が来るまでの間、自然と戯れます(笑)

たぶんイワシャジン?

かわいいキキョウ…調べたところ、たぶんイワシャジンだと思う…

小さい秋 どんぐり

あちこちにドングリが落ちています♪
暑い日が続いていますが、自然は確実に秋になっています。

小さい秋 栗

ちょっと!栗が大量に落ちとる!
しかも色もいいし、大きい!
これ持って帰って食べたいなぁ…いいのかな拾っても…
私有地ではなかったですが、よく分からないので、写真だけで我慢しときます…

あぁ…栗きんとんくいてぇ…

とか言っているうちに、列車の時間に!

21D 特急ひだ1号 久々野ー飛騨一ノ宮にて

6両入るか心配でしたが、案外余裕でした!
8両くらいまでならいけそうな気がするぞ!
これはいいアングルを見つけた!

最後にひだ3号を撮っておしまい。

1023D 特急ひだ3号 飛騨一ノ宮にて

最近は9両でやってきましたが、富山編成の増結のみでした。
控えめな増結だったので、ひだ1号を撮影したさっきの場所でも入ったかもしれませんね…

小さい秋を見つけ、比較的のんびりとした撮り鉄ができてよかったぁ…

【台風一過?の高山線】もやもやする天気と気持ち…の撮り鉄

台風、通過しましたね…どうもTakayamaLine85です。
夜中に風の音で目が覚めました。その後明け方に突風が吹いて家がガタガタ揺れました…
日本海沿いを通る台風は飛騨に被害をもたらします。
平成23年のあの台風も日本海へ抜けていきましたね…

9月23日、3連休最終日ということで、台風も去り、晴れ間がのぞいたので撮り鉄へ…

あれ?天気がおかしいぞ…

36D 特急ひだ16・36号 飛騨一ノ宮ー久々野にて

はい、曇りましたとさ。
本当は高山駅でキヤ95を撮りながら36Dを撮ろうと思っていたのですが、前を走る車がまぁ…遅い遅い…
途中でターンして飛騨一ノ宮へ。
ギリギリ間に合いました…
ちょっと遅れてくれたのが幸いでした…
曇り空なので、この時間帯に撮れないインカーブサイドから撮影。

そのあとはひだ18号まで時間があるので、ゆっくり南下…

38D 特急ひだ18号 渚駅にて

渚でひだ13号と交換するので、渚駅で撮ろうかなぁ…なんて考えていたのですが、浅はかすぎました…
空は真っ黒になり、ひだ18号は7両なので停車目標がホームから大幅にずれて停車…
間髪を入れずに…ひだ13号がやってきました…

1033D 特急ひだ13号 渚駅にて

ひだ13号も停目は〇…
こういう日に限ってひだ13号は午前中に運転打ち切りになった富山編成が運用に就いて増結…
ひだ18号はひだ13号に隠れて見えなくなり、同時にひだ18号は元気に発車…
そしていきなり雨が降ってきて、ひだ13号が発車…
もう何というか…こんなに見当はずれになって雨に襲われてブルーになったのはこれが初めて…
ひだ16・36号に遅れそうになった時からこの日は駄目でした…

やけになって松尾のポイントへ…

4722D キハ25P1編成? 渚―飛騨小坂にて

真っ黒でしっとりとした飛騨川に沿ってキハ25が通過していきます。
このカットをヨンマルの時に撮っておきたかった…
実はヨンマル引退直前に一度だけ撮ったのですが、その時はマニュアル露出というものを知らない状態で撮ったので、イマイチでしたね…
あの頃の自分にマニュアル露出を教えてあげたかった…

ケツはやけになって流しました。

4722D キハ25P1編成? 渚―飛騨小坂にて

偶然ちょっと流せたやつがありました!奇跡。
1/20で流すのは自分では難しいのにたまたま撮れたのはよかった…
ブルーな気分でしたが、少し気が晴れてきました♪

8082D 特急ひだ82号 飛騨一ノ宮ー久々野にて

最後は臨時ひだ82号をとっておしまい。
両端非貫通が撮れて良かったぁ…
この場所に車を停めたその時!ハイビームが見えて北のほうを見るともうひだ82号がやって来とる!
動画のスタンバイもできず、手持ちで撮影…
1日を通してうまくいかなかった撮り鉄でした(+o+)

【夏休みおしまい…】高山本線南部で撮り鉄!飛水峡・下麻生ストレートへ!

8月18日…私の長い夏休みは終わりました…どうもTakayamaLine85です。
仕事から帰ってきてブログを書いています…

最終日は家の中にいても嫌な感じになるので、思い切って南へ車を飛ばしました!

南下しながら撮り鉄を開始します!

25D 特急ひだ5・25号 飛騨一ノ宮ー高山にて

初っ端から大失敗です…
この日もダブルキロハということで、わざわざ昼一で出発したのに緑が激しすぎて普通の2両増結にしか見えぬ…
まぁ…キハ85-200が先頭なのは貴重みたいやし、良しとします。
こんなところでとどまっていたら前に進めないので、さらに車を走らせます!

30D 特急ひだ10号 上呂駅にて

上呂でひだ10号に追い越されます!
モノクラスの4両。基本編成を見る機会のほうが少ない特急ひだです。
ここの制限100キロY字分岐大好き♪

お次は禅昌寺でひだ9号と交換♪

29D 特急ひだ9号 禅昌寺駅にて

こちらもキハ85-200とキハ84-300連結という珍しいスタイル…らしい…
キハ85好きですが、車両運用の細かいところは分からんです(^_^;)
禅昌寺の1線スルーもかっこいいなぁ…

29D 特急ひだ9号 禅昌寺駅にて

最後尾のキハ58-200がピッカピカ!
検査明けかな?それとも紀勢本線60周年号で運用した車両かな?

さて、ここから一気に南下!
久しぶりに下原ダムへ!

32D 特急ひだ12号 焼石ー福来信号場にて

最初に撮ったひだ5号。飛騨古川に到着後、ひだ12号になって戻るので、後からひだ12号に追われながら、下原へ。
先ほどのひだ5号がダブルキロハだったので、こちらももちろん、ダブルキロハ!
編成が収まるのは嬉しいなぁ…
でもここに来るまでが遠いなぁ…

下原でサクッと撮った後、さらに南下!飛騨路から美濃路へ突入です!

4721C キハ25P10?編成 上麻生ー飛水峡信号場にて

高山本線の一大景勝地、「飛水峡」へ!
いつもは車窓からその絶景を堪能していますが、今回は飛水峡の上に立って撮影♪
めっちゃすごい…何というか…めっちゃすごい…
語彙力崩壊の壮大絶景ですね♪

1034D 特急ひだ14号 飛水峡信号場ー上麻生にて

スゲーとこ走るよな…あちこち甌穴だらけ。
改めて飛水峡に惚れました…
次は午前中に行きたいなぁ…

さて、今日の最終目的地へさらに南下!

36D 特急ひだ16・36号 下麻生ー中川辺

大人気お立ち台!下麻生ストレート!
キハ85引退までに撮っておきたい場所。
生憎9両でしたが、編成がこんなに綺麗に収まる場所、高山本線には数少ないですよね…
この日でもすでに3人がスタンバイ…
次の10連の運用日にまた行きたいなぁ…

36Dが通過するとみんな蜘蛛の子を散らすように帰っていきました…
ニーゴも撮ってあげて…お願い…
この場所には私一人…
ニーゴを2本とってすぐに高山に戻ります。

4725D キハ25P101編成 中川辺ー下麻生にて

高山まで直に行くやつ。
トップナンバーでした。
2両やと寂しいなぁ…この寂しさがいいんですけどね♪

4718C キハ25P102編成 下麻生ー中川辺にて

かつてはキハ40系4連での運用として人気を誇っていた4718C。
今ではツーマンからワンマンになり、両数も2両へと減車されました…
かつての栄光が懐かしい…
P101編成とP102編成が順番にやってきましたね♪

初めての南部撮り鉄でしたが、新たに撮りたい場所が増えてしまいました(^_^;)
さて、次は動画をご紹介しますよ♪
とか言いながら、まだ動画編集してない…(+o+)
今から編集です…

【私のNゲージジオラマ紹介】鉄道模型が走るちいさな町をご紹介!

前回の続きです。
前回の様子はコチラをクリック!

昨今の私のブログアクセス急増はどうも一時的なスパムであったと断定させていただきます…
「ヤッター!アクセスが一気に上がった!」とかはしゃいでいましたが、3日天下でした(笑)
今のアクセスは激減…また元の閑古鳥です…

さて、気を取り直して。
今回は私のジオラマをご紹介していきます♪

キハ58と撮り鉄

このジオラマができてから飽きることない日々を送っております(笑)
このジオラマのテーマは、分割可能なコンパクトシティ。
一つのジオラマを4分割してあります。

コンパクトシティジオラマ

右上は機関区エリア。右下は駅前エリア。左上は水田エリア。左下は夫婦杉神社エリア。という風に4つのエリアを一つのジオラマにしてあります。
季節は春。田植え前の時期をイメージしました。
分割可能にしたのですが、一部レールが飛び出た形になってしまったのは残念ですが、仕方ないです。

順番にエリアをご紹介していきます!
まずは機関区エリア。

機関区エリア

一応蒸気機関車が簡単に整備ができるような感じにしました。
ジオコレの給水塔と給炭設備を置いて、事務所と機関庫も設置。
気動車の給油設備も備えてあります。

このジオラマは同じ目線で見るとまるでその町に迷い込んだかのような錯覚が出るようにしたので、俯瞰よりも、ジオラマと同じ高さまで下がると味が出ていると思います。

程よく寂れた機関区

荒れ果てた草と放置されたワム。
かつてはワムの場所にもう一つ留置線があって、小さな機関車で賑わっていたであろう妄想もできます(笑)

次は駅前エリア。

キハ58系が到着!

駅前エリアは比較的賑わっています。
食堂や電気屋、商店や庄屋、薬局やスナックまで、かなり店が立ち並んでいます。
このエリアは人が一番多いので、人間ドラマがあちこちで繰り広げられています(笑)

繁華街を呑み歩く人々

スナックもあるので、人がいっぱい!
酔っ払いもあちこちに…

次は水田エリア。

水田エリア

一番何もないエリアなので、撮り鉄にはもってこい!
お立ち台になりそうな場所がいっぱい!

トンネルと鹿!

トンネルの出口もここにあるので、トンネルから出てくる列車を撮れます!
そして、かなり鹿がいるので、轢かないように注意です(^_^;)

最後に夫婦杉神社エリア。

夫婦杉神社と山

なぜ夫婦杉神社と名付けたかといいますと、大きな杉が2本並んでいるからです。
それにちなんで、駅名も「夫婦杉駅」としました。

夫婦杉神社

神社の境内は賑わってます。
今回使用した人形たちはほとんどトミックスジオコレの人形とKATOの人形です。
ジオコレはいろんな場面の人があり、バリエーション豊富だからありがたい!

そして、この神社の後ろにある山は…

ジオラマと山部分の分割

分割可能にしました!
収納時、少しでも高さを低くするために分割可能にしておきました。

夫婦杉駅とその街並み

このジオラマの一押しポイントは街角から少しだけ見える鉄道風景!
駅の前の通りから駅舎が見えるんですが、そこを列車が通過したり、列車が停車したりすると何とも言えない風情が味わえます。
自分で初めて作ったにしてはまずまずかな?
まだまだこのジオラマでやりたいことがあるので、いつまでも完成しないサグラダファミリア状態になりそうです(;’∀’)

【今日の動画】梅雨明け!高山本線撮り鉄動画

東海地方は梅雨明けしていよいよ夏らしい暑さがやってきました!
暑すぎるやろ!
なんといっても湿気が体にまとわりつく…
そして夕方には夕立というかゲリラ豪雨が降る…

これからが夏本番ですね!

1023D 特急ひだ3号

ということで、今回は前回お伝えした撮り鉄の動画版。

ちなみに前回の撮り鉄はコチラをクリック!

この時、曇っていたのですが、ひだ3号の後にゲリラ豪雨がやってきました…
午後も降るのかと思いきやまさかの晴天…
午後も撮ればよかった…と後悔の梅雨明けでした。

TakayamaLine85のYoutubeチャンネルもチェック!

チャンネル登録していただくと大変うれしいです!
もうちょっとで1,000人!
登録のほど、どうぞよろしくお願いしますm(_ _)m

【高山本線梅雨明け!】草刈りされてきれいになった宮カーブでプチ撮り鉄

やっとで明けましたね!梅雨!
先週、西日本各地でどんどんと梅雨明けし、北陸まで梅雨明けしたのに、東海と関東は取り残されましたね…
本日7月28日、東海地方の梅雨明けが発表されました!
これからが夏本番!

どんどん高山本線撮り鉄していくぞ!

ということで、洗車ついでに宮カーブへ。

4711D キハ25系P107編成 久々野ー飛騨一ノ宮にて

洗車をガソリンスタンドに預けて洗車♪
自分で洗うより楽やなぁ…当たり前やけど。
洗車を終えて、宮カーブに行く途中に上から降りてきたニーゴ。
このスジをうっかり忘れていました(^_^;)

ツユクサ

さて、ひだ1号までの間、スタンバイ。
田んぼの畝にいつも咲いているこの青い花。
ツユクサっていうらしいです!
名前の通り、朝露に囲まれていい感じ♪

さて、ここから高山本線過密ダイヤの時間帯へ!

21D 特急ひだ1号 久々野ー飛騨一ノ宮にて

ひだ1号は通常編成…増結なし。

4714C キハ25P105編成 飛騨一ノ宮ー久々野にて

そして、次の普通列車はド正面で。
久しぶりの構図。緑が深くなりましたね。

1023D特急ひだ3号 久々野ー飛騨一ノ宮にて

ひだ3号は富山編成が1両増結した編成。
最近はひだ3号→ひだ14号の行路は富山編成増結がされていますね。
草刈りをしてくださったおかげでクリアな撮影ができます♪

1023D特急ひだ3号 久々野ー飛騨一ノ宮にて

この後ろ姿!
足回りのゴチャゴチャ感。たまらん。
やっぱりキハ85ですわ。

最近は北海道旅行の余韻に浸り、やたら北海道が大好きになっている時期ですが、やっぱりキハ85が一番!
キハ283やキハ281、キハ261といった気動車もキハ85と似てフレキシブルな編成を組みますが、やはり客が落ち込んできている北海道。
最近は基本編成ばかりになっているのが現状ですね…
それに比べればキハ85はかなりフレキシブルな編成を組んで走っていると自負しております。
もちろん北海道のディーゼル特急もあの広い大地を一生懸命駆け巡っていることは承知の上ですがね。

何だろう…旅から帰ってきた時におうちでいつものお風呂に入る感じ…
あの体が休まる感じ…なんだろう…そんな気分に似た撮り鉄ですね。