【あらしの前にお盆増結】台風の風で涼しい夕涼みワイドビューひだ撮り鉄

台風、通過していきました。どうもTakayamaLine85です。
この動画を撮ったのは台風が通過する前、8月15日の夕方です。
台風が来るというのに直前まで雨が降ることなく、時より、強い風が吹くくらいでしたね。

中国・四国地方では大雨と暴風が酷かったみたいですね…
幸い、高山本線は8月15日夜中に強い風と雨が通り過ぎたくらいで、大きな被害はありませんでした。

でも翌日8月16日は各地で徐行制限がかかり、あちこちで遅れが出ていたみたいですね…
昨年の土砂災害の場所でしょうね…
まだまだ弱ってますから要注意です…

38D 特急ひだ18号

ということで今日の動画。台風の風が涼しく、時に突風が吹く8月15日の撮り鉄動画です。

先日ゲリラ豪雨で悩まされた松尾・門坂でひだ13号とモノクラス1両増結のひだ18号。
第16益田川橋梁でキハ25を撮影して、久々野駅まで戻り富山編成だけで組成された臨時ひだ82号を。
そして、いつもの宮カーブでニーゴフィニッシュ!
夕方のゆっくりした時間帯にゆっくり撮れるのは心の余裕があっていいですね♪

台風が過ぎたら少しは涼しくなるかなぁ…
と思っていたら何のその。まだまだ暑かったですわ…

TakayamaLine85はYoutubeもやってます!
チャンネル登録はこちらから!
是非登録してくださいね♪

【今日の動画】キロハ84が2両も連結されとる!夏の高山本線!

やっとで撮り鉄する気になってきたTakayamaLine85です。
今日の動画は先日のキロハ84が2両連結された時の奴です。

ここに、キロハ84が2両います!

8月13日までだったらしいので、8月13日に撮り鉄へ。
雨雲との戦いでした…
レーダーとにらめっこしながら飛騨一ノ宮⇒飛騨小坂⇒高山⇒飛騨一ノ宮…と行ったり来たり…

とにかく暑いので、ペットボトル2本は余裕で空にしました…
水分と塩分の補給が不可欠でした…

キロハ84が2両連結されたいたのはひだ9号とひだ16号でした。
他にもひだ5号やひだ12号ダブルキロハだったみたいですが、暑すぎて撮る気力が湧きませんでした(^_^;)
最近の最繁忙期の長い連休の時はよくこの増結スタイルが目立ちます。

【鉄道模型】TOMIXキハ58高山色に室内灯をつけるだけのブログ

さて、連日の模型いじりでございます。
ホントは高山本線の南部撮り鉄にも行きたいし…北部にも行きたいのに…

暑すぎる!!

外にも出る気がしません。ちょっと危険ですよね…ちょっと雨降らんかね…

今回は、先日開封したトミックスキハ58「高山色」に室内灯を付けます!
ちなみに前回、開封した時のブログはコチラ!
まずは開封します!

トミックスキハ58と0733室内照明ユニットLC

トミックスの純正室内灯はコチラ。
常点灯対応のLシリーズですね。
ポポンデッタの室内灯もいいらしいですね♪
試してみたいなぁ…いつか(笑)

それでは分解!

キハ58高山色分解

まずはトレーラー車から。
デッキ側にある2つの四角い穴に室内灯のバネを差し込むわけです。
室内灯には少々下ごしらえをします。

TOMIX室内照明ユニット0733

付属の白いシールをライト基盤部分に貼ります。
少しでも遠くに光が届くようになるみたいです。

0733室内灯装着!

バネをデッキの四角い穴に入れて、ツメに引っ掛ければ完了!
点灯しますね♪
トレーラーはこれで終了。

モーター車は少々加工が必要です。

0733照明ユニット説明書

説明書にある通り、ばねの一部をカットします。

室内灯を装着!

カットしたらモーター車も基本は同じ。
穴にかけて…

装着完了

赤い柱部分の爪に引っ掛ければ装着完了!
こちらも光りました!

室内灯の色を見てみましょう♪

室内灯消灯状態

最初はこんな感じ。まぁ…普通の状態です。

それでは点灯!

室内灯点灯状態

点灯すると赤い座席がはっきりとわかりますね!
電流が高めなので、かなり光っていますが、走行させるといい感じの光になります♪
ホントだったら、座席と床を塗り分けないといけないのですが、今回はここまで。

ただただ、室内灯を取り付けるだけのブログでした~!

【今日の動画】2018年の夏。猪谷と坂上に取り残されたキハ25たち。

去年の今頃の動画ばかり上げていますね…どうもTakayamaLine85です。
昨年の今頃は高山本線岐阜-坂上間は完全復旧していたころですね。
一連の西日本豪雨や台風により、高山本線では飛騨金山から下呂の間と上呂から飛騨萩原の間、そして坂上から猪谷までが一時不通となりました。
土砂流入やレール路盤流出などなど、被害は小さいものから大きなものまでありましたね。

ということで、今回の動画はまだまだ復旧の道半ばだった、坂上以北の高山本線のようすです。

猪谷で留置されているキハ25P5編成

当時、猪谷駅と打保駅にはキハ25系が災害当時のまま留置されていました。
猪谷駅にいたのはP5編成で、打保駅にいたのはP107編成でした。
まさか、この後、奇跡の救出劇が繰り広げられるとは思いもしませんでしたね…
あれはすごかったなぁ…

打保駅留置中のキハ25P107編成

当時、坂上から打保の間では大規模なレールと築堤の流出が発生し、その時走っていた1834D(?)が打保で抑止。
乗客と運転士さんは隣駅の杉原にあるまんが王国へ避難したんでしたっけ?
もし、その土砂崩れがちょっと遅かったら…1834Dは…と思うとゾッとします。

打保駅といえば、平成16年の台風23号の時も打保にキハ40が取り残されて、その6年後でしたっけ?
当時は角川以南は運転されていたので、角川から先、名古屋工場までは検査切れで自走できないため、美濃太田車両区所属のDE10によって牽引されましたね…
といってもその記憶はない…
その時、私は小学生でしたからね…

TakayamaLine85はYoutubeもやってます!
もうすぐ登録者数1,000人!チャンネル登録お願いします!

【今日の動画】復旧現場のビフォーアフターがよく分かる!飛騨路にワイドビューひだが帰ってきた2018の夏

今日の動画です。暑いです。

さて、今日の動画は昨年の今頃の高山本線。
2018年の夏は土砂流入や土砂崩れでいたるところが不通になっていた高山本線。
災害現場のビフォーアフター動画をご紹介します。

この動画を撮ったころは、まだ復旧したての頃で、いたるところで徐行制限がかかっていましたね。
工事個所を示す三角の徐行信号機予告と黄色くて丸い徐行信号機、緑の丸い解除標識をよく見た夏でした。

復旧直前、制限30キロの徐行信号機と作業員の皆さん

この写真の左側、黄色い丸と30の数字が書いてあるのが、徐行信号機。
一応、信号機というジャンルに入るみたいです。
鉄道標識にしか見えませんが、立派な信号機なんですよね(笑)
ここから時速30キロで走れということです。
鉄道好きな方なら言わずもがなですけどね。

復旧現場を走るキハ85

どの現場も悲惨な状況でしたが、土砂流入を感知するセンサーを投入し、しっかり土砂受けのネットも設置され、安全対策がなされていました。
この現場力は驚きましたね。
そして、そこを通過していくキハ85。
やっぱり飛騨路にはワイドビューひだがおらんといかんな!

そして、復旧早々の10連ひだも!
やっぱかっこいいなぁ…いつも撮って、乗っている、当たり前の存在、特急ひだ。
こんなに恋しくなった夏は初めてでしたね…
あぁ…このブログ書いていたら撮りたくなってきた!
よし!今年のお盆は特急ひだを撮りまくるぞ!

TakayamaLine85はYoutubeもやってます!
もうすぐ登録者数1,000人!チャンネル登録お願いします!

【今日の動画】数十か所の土砂崩れ…奇跡の災害復旧を果たした高山本線!

いやぁ…暑い…
解けそうなTakayamaLine85です。
さて、去年のいい動画ないかなぁ…と探していましたら…

ありました!
昨年も暑かったなぁ…

そして、高山本線は災難の1年でした…
6月末から大雨と台風で上呂―飛騨萩原間で大規模な土砂崩れが発生。
その後、西日本豪雨が襲い、飛騨金山から下呂の間で数十か所の土砂崩れ、そして坂上から打保の間ではレールごと土石流に流されるという大きな被害が…

2018年西日本豪雨 飛騨金山ー焼石間被災状況

大きな被害が起きたのは数か所でしたが、あちこちで土砂が流れ出しているみたいで、軌陸車や軌陸バックホーなどがあちこちを走り回っていました。

2018年西日本豪雨 焼石ー下呂間被災状況
2018年西日本豪雨 坂上ー打保間被災状況

今回最大規模のレール流出箇所。
高山本線でも北部のほうで、なかなか復旧まで時間がかかると思われていましたが、この場所、なんと2018年11月に復旧したもんだから驚き!

ホントにひどかったですね…
そして、何よりも奇跡といわれたのが、その復旧スピード!
下呂―飛騨金山間はお盆までには間に合わないだろう…と思われていたのですが、なんと復旧したのは8月11日!
素晴らしい復旧力!そこがJR東海のすごいところですよね!
なにより、下請けの現場の皆さんの力が無かったら今日の高山本線はないわけです。

昨年も暑かったなぁ…それにしてもよくこんなに走り回っていたもんやなぁ…
復旧現場のビフォーアフターもあるので、また明日あたりに載せようかな♪

TakayamaLine85はYoutubeもやってます!
高山本線の飛騨エリアを中心に撮っています♪
もうすぐ登録者数1,000人!チャンネル登録お願いします!

【鉄道模型】トレインボックスキハ58高山色を開けてみた。

TakayamaLine85は鉄道模型も集めています。
高山本線を中心に集めているんですが、「高山本線」というワードが付いた模型はどうしても気になってしまいます…

ということで、今回はキハ58高山色…

ん?高山色?
急行たかやま色は有名ですが、高山色?
実は高山本線の高山から富山間、まだ普通列車が直通で走っていたころ、一時、一部のキハ58が高山本線オリジナルカラーになっていたころがありました!

ということで開封!

トレインボックスキハ58 高山色

この高山色はトミックス製なんですが、JR西日本商事が発売しています。
トレインボックスと聞くと鉄道ファンにはお馴染みですね。
JR西日本のグッズはトレインボックスで売っているので、要チェックです♪
そして、トレインボックス発売の鉄道模型は高い!
日本で最後のJRキハ58・キハ28として走った高山本線のゴハチの模型も高かったなぁ…買ってないけど。

トレインボックスキハ58 高山色

さて、このキハ58を買うともれなくトートバックがもらえます。
ちょうどキハ58 2両が入るトート。小さめです。

じゃんじゃん開封!

トレインボックスキハ58 高山色

スライドさせると…出てきました!

トレインボックスキハ58 高山色

同梱物はこんな感じ。
スノープロウ・排障器・幌・列車無線アンテナ・列車無線アンテナを取り付けるための治具…といったところです。

トレインボックスキハ58 高山色

ちょうど、先日買ったカトーのキハ58があったので、比べてみます。
キハ58も新しい金型になったので、より細かくなりましたね!
窓のHゴムの色が違いますね。

さて、部品を取り付けます!

トレインボックスキハ58 高山色

車体を取り外すとこんな感じ。シートは西日本ゴハチらしい茶色っぽい色。
というか赤に近いかな。

列車無線アンテナ・排障器・スノープロウを取り付けると…

部品取り付けビフォーアフター トレインボックスキハ58 高山色

やっぱり絞まったお顔になりますね!雪国らしい顔つきに。
幕が高山なのがうれしい♪
デフォルトで高山になっています。

そして、やってみたかったことをやって、今日は片付けます。

やってみたかった異種連結 トレインボックスキハ58 高山色

これこれ!
調べると東海のキハ40と併結していたことがあったんですね…
これはいいですね♪
足回りがグレーなのは時代がおかしいことになりますが、ご愛嬌♪

ぼちぼち模型大運動会したいなぁ…

【今日の動画】梅雨明け!高山本線撮り鉄動画

東海地方は梅雨明けしていよいよ夏らしい暑さがやってきました!
暑すぎるやろ!
なんといっても湿気が体にまとわりつく…
そして夕方には夕立というかゲリラ豪雨が降る…

これからが夏本番ですね!

1023D 特急ひだ3号

ということで、今回は前回お伝えした撮り鉄の動画版。

ちなみに前回の撮り鉄はコチラをクリック!

この時、曇っていたのですが、ひだ3号の後にゲリラ豪雨がやってきました…
午後も降るのかと思いきやまさかの晴天…
午後も撮ればよかった…と後悔の梅雨明けでした。

TakayamaLine85のYoutubeチャンネルもチェック!

チャンネル登録していただくと大変うれしいです!
もうちょっとで1,000人!
登録のほど、どうぞよろしくお願いしますm(_ _)m

【高山本線梅雨明け!】草刈りされてきれいになった宮カーブでプチ撮り鉄

やっとで明けましたね!梅雨!
先週、西日本各地でどんどんと梅雨明けし、北陸まで梅雨明けしたのに、東海と関東は取り残されましたね…
本日7月28日、東海地方の梅雨明けが発表されました!
これからが夏本番!

どんどん高山本線撮り鉄していくぞ!

ということで、洗車ついでに宮カーブへ。

4711D キハ25系P107編成 久々野ー飛騨一ノ宮にて

洗車をガソリンスタンドに預けて洗車♪
自分で洗うより楽やなぁ…当たり前やけど。
洗車を終えて、宮カーブに行く途中に上から降りてきたニーゴ。
このスジをうっかり忘れていました(^_^;)

ツユクサ

さて、ひだ1号までの間、スタンバイ。
田んぼの畝にいつも咲いているこの青い花。
ツユクサっていうらしいです!
名前の通り、朝露に囲まれていい感じ♪

さて、ここから高山本線過密ダイヤの時間帯へ!

21D 特急ひだ1号 久々野ー飛騨一ノ宮にて

ひだ1号は通常編成…増結なし。

4714C キハ25P105編成 飛騨一ノ宮ー久々野にて

そして、次の普通列車はド正面で。
久しぶりの構図。緑が深くなりましたね。

1023D特急ひだ3号 久々野ー飛騨一ノ宮にて

ひだ3号は富山編成が1両増結した編成。
最近はひだ3号→ひだ14号の行路は富山編成増結がされていますね。
草刈りをしてくださったおかげでクリアな撮影ができます♪

1023D特急ひだ3号 久々野ー飛騨一ノ宮にて

この後ろ姿!
足回りのゴチャゴチャ感。たまらん。
やっぱりキハ85ですわ。

最近は北海道旅行の余韻に浸り、やたら北海道が大好きになっている時期ですが、やっぱりキハ85が一番!
キハ283やキハ281、キハ261といった気動車もキハ85と似てフレキシブルな編成を組みますが、やはり客が落ち込んできている北海道。
最近は基本編成ばかりになっているのが現状ですね…
それに比べればキハ85はかなりフレキシブルな編成を組んで走っていると自負しております。
もちろん北海道のディーゼル特急もあの広い大地を一生懸命駆け巡っていることは承知の上ですがね。

何だろう…旅から帰ってきた時におうちでいつものお風呂に入る感じ…
あの体が休まる感じ…なんだろう…そんな気分に似た撮り鉄ですね。

【今日の動画】昨年の今頃の高山本線は大変やったなぁ…

なんかいい動画ないかなぁ…
なんかいい動画ないかなぁ…

去年の今頃って、何があったかなぁ…

と思って、私、TakayamaLine85のチャンネルを漁っておりましたら…

こんな動画が出てきました。

昨年の飛騨はほとんどの主要道路も一時土砂に塞がれ、そして鉄道も運休となり、陸の孤島状態でした…

いわゆる西日本豪雨というやつでしたね…

本当に被害がひどかった…
私の記憶を頼りに、昨年の高山本線被災状況をたどっていきます。
まず、飛騨萩原―上呂間で土砂崩れが発生。その後、驚異のスピードで復旧したものの、その後飛騨金山―下呂間と坂上―打保間と杉原―猪谷間で相次いで土砂崩れが発生。
飛騨金山―下呂間では20か所程度の土砂流入が発生。
坂上―打保間はレールと路盤すべてが土石流によって流されるという最大規模の被害状況となりました。

その後、飛騨金山―下呂間はお盆前には復旧!
これは奇跡のスピードでの復旧でしたね…作業員の皆さんのパワーの賜物です。
さらに一番被害が酷かった坂上の土砂流出現場は1年後の2019年までかかると言われていたものの、2018年11月に完全復旧!
JR東海の底力、下請けの皆さんの底力を見ました!

不通になったため、美濃太田車両区に帰れないキハ25に緊急給油をする斐太石油さん

被害に遭った1年でしたが、復旧スピードに感動した1年でしたね…

TakayamaLine85はYoutubeもやってます!

最近は動画を上げれていませんね…
週末の天気がすぐれないので、なかなか新しい動画を撮影できない…
というのは言い訳ですが…(^_^;)
もうちょっとで1000人です!
ここからがなかなか増えない…
頑張りますよー!