【KATO扇形庫を撮る!】ターンテーブルで遊んでみた!

最近は更新していませんでしたね…どうもTakayamaLine85です。
転車台での様子を撮影します!とか前回の記事でお伝えしたのに時間が空きました…
ちなみに扇形庫とターンテーブルの開封記事はこちらをクリック!

早速模型撮り鉄です!

転車台で遊びます♪

KATOターンテーブルと扇形庫 機関車頭出し!

頭出し!まるで梅小路のような光景♪
車庫は9機分。そのほか留置できる側線をいくつか…
カマのラインナップは高山本線を中心にしていますが、ちょくちょく梅小路のカマもいます♪
ちなみにSL飛騨路のヘッドマークを付けているシゴロク、159号機なので、なんちゃって梅小路機です。

KATOターンテーブルと扇形庫

全景はこんな感じ。
高山駅もこのくらいの規模の転車台がありましたね…
それにしても場所を取ります…

KATOターンテーブルに乗るキューロク

転車台にキューロクが載りました♪
やっぱ高山本線はキューロクなしでは語れないですな!

KATOターンテーブルから扇形庫を望む

黒塗りの機関車たちがずらっと並ぶ姿は圧巻です!

黒いカマたち

懐かしの中津川のカマ、今となっては梅小路で再び息を吹き返したフェニックス機関車のD51-200も車庫に入ってます!
ディテールの細かさに惚れてしまい、ついつい買っちゃいましたね…

そして、秋といえば、あの赤いカマが動き出す季節…

DE15-1541 冬を待つ

冬へとむけて準備が始まります!そう!ラッセル車!
高山本線を中心に集めているので、カマはもちろんDE15-1541!
旭川で見たラッセルの留置方法を真似て留置しております(笑)

最後に車庫の後ろ側。

KATOターンテーブルと扇形庫 後ろ側

この要塞みたいな感じ、たまらんです♪
後は資材置き場と化しているので、ゴチャゴチャしていますけどね(^_^;)
高山機関区もこんな感じやったんやろな…とロマンを巡らせました。

9月の1枚!ようこそ! TakayamaLine85の鉄ログへ!!

気づいたらもう9月…1年が早すぎるんですよ…どうもTakayamaLine85です。
さて、今月の1枚です。

ちょうど1年前…やっとでガラケーからスマホに機材更新したTakayamaLine85。
そのころは高山本線はひっちゃかめっちゃかでした…

まず、飛騨萩原ー上呂間で大規模な土砂崩れが発生したのを皮切りに、飛騨金山ー下呂間で土砂崩れが多発…
それと同時に坂上ー打保間と杉原ー猪谷間でも土砂崩れ…
坂上ー打保間に至っては路盤まで崩落するという多大な被害…

そんな昨年の9月。西日本豪雨が発生したその時に猪谷と打保に取り残されたキハ25系がまさかの北陸周りで美濃太田に返却救援輸送されることになりました!
被災したのはP5編成とP107編成。
P5編成に至ってはつい最近飛水峡で落石に衝突してスカートがやられました(T_T)
P5は災難続きですね…

ということで今月の1枚は出発前日。DE15-1541に連結された状態のニーゴ。
DE15-1541と聞いてピンときた方もいらっしゃると思います。
そうなんです!このカマ、なんと!美濃太田機関区に最後までいたあのラッセル車のDE15なんです!
まさかのOBと現役が連結されているという光景。
ニーゴはDE15からいろんな話を聞いたのかな?
この姿を見て感動してましたね。

高山本線を中心に撮り鉄、乗り鉄、模型鉄などなどを中心にやっております。
youtubeで動画もアップしておりますのでぜひチャンネル登録をよろしくお願いします♪