【マイクロエースキハ8000に室内灯を付ける!】あぁ…懐かしの北アルプス

前回の続きです。前回の様子はコチラをクリック!

マイクロエースキハ8000晩年型を開封しております♪
今回は旅客車両には欠かせない室内灯を付けます。
今回は室内灯を付けるだけの記事です!

マイクロエースキハ8000系とKATOキハ82系

国鉄特急と並びとちょっと違和感がありますね。この違和感が最高です!
キハ82をイメージして作られたキハ8000。
キハ82にはなんだか余裕がにじみ出ていますね。
さすが国鉄特急ですわ…威風堂々とはこのことやな。

さて、早速本題へ。室内灯を付けていきます!

キハ8000車体を分解!

まずは車体を外します!
車内が忠実に再現されているのがマイクロエースのすごいところ!
フットレストの色分けがすごいですね!
外すときにエアホース類がボディについてくるので、折らないように注意が必要です!

さて、使用する室内灯はコチラ!

G0005室内灯を使用します!

マイクロのG0005狭幅室内灯の電球色です!
幸いにも、キハ8500の時に使った室内灯が1つ余っていたので、その余剰と新たに買った2個入で3両分使用します!

リアルな内装!洗面台とトイレも!

ボディーを外して思ったのですが、デッキ回りが細かい!
洗面台と和式トイレが再現されていました!驚き!

さて、取り付けます…が…

固定できない…

あれ?固定できない…
マイクロは室内灯を爪で引っ掛ける仕様になっていることが多いですが、これは何もない…
テープなどでくっつけるのが無難かと思いますが、今回はこのままボディをそっと取り付けます!

次はモーター車の室内灯を取り付けます。

中間のキハ8501と先頭のキハ8505

中間のモーター車は連結できるようにスカートが簡易的な仕様に

それではボディを外します!

モーター車はこんな感じ

モーターが搭載されているので当然ちょいと座席が埋もれた感じ。
こちらも引っかえる機構はないので、試しに屋根に室内灯をくっつけました!
これでOKかな!さて!それでは試験点灯!

キハ8000系試験点灯!

綺麗に光りますな!
光量がすごい!めっちゃよく光ります!
編成全体を見てみると…

編成で見ると…光り方に差が…

良いですね!この色合い!
ただ、1両目だけ色が落ち着いていますね…
この原因、多分1両目だけ古い室内灯を流用したため、光方が弱いと思われます。
2両目と3両目は新しいロットの室内灯なので、光り方が強いと思われます。

真っ暗にしてみると…

編成で見ると…光り方に差が…

いいですねぇ…光りかたの差は置いといていい感じですわ♪

これにて室内灯装着完了!次はヘッドマークなどのシール類を取り付けていきます!

【KATO扇形庫を撮る!】ターンテーブルで遊んでみた!

最近は更新していませんでしたね…どうもTakayamaLine85です。
転車台での様子を撮影します!とか前回の記事でお伝えしたのに時間が空きました…
ちなみに扇形庫とターンテーブルの開封記事はこちらをクリック!

早速模型撮り鉄です!

転車台で遊びます♪

KATOターンテーブルと扇形庫 機関車頭出し!

頭出し!まるで梅小路のような光景♪
車庫は9機分。そのほか留置できる側線をいくつか…
カマのラインナップは高山本線を中心にしていますが、ちょくちょく梅小路のカマもいます♪
ちなみにSL飛騨路のヘッドマークを付けているシゴロク、159号機なので、なんちゃって梅小路機です。

KATOターンテーブルと扇形庫

全景はこんな感じ。
高山駅もこのくらいの規模の転車台がありましたね…
それにしても場所を取ります…

KATOターンテーブルに乗るキューロク

転車台にキューロクが載りました♪
やっぱ高山本線はキューロクなしでは語れないですな!

KATOターンテーブルから扇形庫を望む

黒塗りの機関車たちがずらっと並ぶ姿は圧巻です!

黒いカマたち

懐かしの中津川のカマ、今となっては梅小路で再び息を吹き返したフェニックス機関車のD51-200も車庫に入ってます!
ディテールの細かさに惚れてしまい、ついつい買っちゃいましたね…

そして、秋といえば、あの赤いカマが動き出す季節…

DE15-1541 冬を待つ

冬へとむけて準備が始まります!そう!ラッセル車!
高山本線を中心に集めているので、カマはもちろんDE15-1541!
旭川で見たラッセルの留置方法を真似て留置しております(笑)

最後に車庫の後ろ側。

KATOターンテーブルと扇形庫 後ろ側

この要塞みたいな感じ、たまらんです♪
後は資材置き場と化しているので、ゴチャゴチャしていますけどね(^_^;)
高山機関区もこんな感じやったんやろな…とロマンを巡らせました。

【念願のSL扇形庫!】KATO電動ターンテーブルを使ってみた!

喉奥に口内炎ができて痛いです…どうもTakayamaLine85です。
さて、先日、地元の文化展で鉄道模型を出品後、会場から片付けて家で再び広げました。
ということで、今回は思い切って買った扇形庫と転車台です!

KATO電動ターンテーブルと扇形庫

ドーン!
蒸気機関車やディーゼル機関車が増えてきたので、ついに導入することになりました。
高山機関区っぽい感じにしたいなぁ…と思い購入したんですが、なかなかいい感じ。

梅小路さながらの頭出し!

扇形庫は車両3つ分が1つのユニットになっています。
素材に光沢があるので、艶消し塗装やウェザリングをしても面白そうですね。

この転車台、まぁ部品がたくさんありまして…別売りになっているのが難点…

KATO電動ターンテーブルと扇形庫

機関庫とターンテーブルは別売りになっていて、さらにターンテーブルと機関庫をつなぐ拡張レールも別売り…
これが一番難点…

ということで、ターンテーブルと車庫の関係性がこちら!

KATO電動ターンテーブルと扇形庫 の仕組み

大きく分けて3つの部品からできているんですよね…

そして、ターンテーブルですが、デフォルトでは渡り台と車庫の間にレールがありません…
ということで、分解をして組み込む必要があります。

ターンテーブル拡張の仕方その1

まず、木調の蓋を爪で外します。そうするとねじが出てくるので、そのねじを外します。

ターンテーブル拡張の仕方その2

ねじを外すとアプローチ部分が取れます。
その外れたところにレールのパーツをはめ込めば完成!

ターンテーブル拡張の仕方その3

このレールユニットは3つで一つになっています。
自由度は落ちますけどね…でも、使わないところは付属の車止めを取り付ければ、それっぽい雰囲気になります。

さて、お次は給電と制御システムです!

ターンテーブルと車両区・本線を結ぶ必要が必ず出てきますよね。
ということで、本線へのレールとの間に絶縁ジョイナーを設置します。
これを接続しないと確実にショートします。
そして、ターンテーブル内の操作と給電はオレンジ色のケーブルで行います。

操作するコントローラーはこんな感じ。
だっしゃもなくてごめんなさい…(だっしゃもない:飛騨弁でごちゃごちゃしている)
コントローラーは逆転レバーとターンテーブルの回転スイッチだけです。
青い部分の転車台接続ケーブルと赤い部分のパワーパック接続ケーブルに分かれます。
パワーパックには本線用のフィーダーレールへつなぐコードと転車台用の給電コードの2つをつながないといけないため、分岐コネクタが必要になります。

ここまで準備出来たらいよいよ機関車の出し入れができます!
最後に、フィーダーレールとの方向をそろえておきます!
絶縁ジョイナーをターンテーブルと本線の間に着けてあるので、正直向きはどっちでもいいのですが、操作時に混乱するので、進行方向をそろえておきます。
フィーダーレールはコードが出ているほうが前進方向らしいので、写真のように向きを合わせておきます!

さて、次回は実際に走らせてみます!

【KATO12系開封!】さらに細かくなって再登場!~スハフ12にパーツと室内灯をつける編~

さて、前回の続きです。
魅力が多すぎて1回の記事じゃまとまりませんでした…
ということで今回はスハフ12にパーツと室内灯を取り付けるだけのブログです。
あ、ちなみに前回の様子はコチラをクリック!

まずは、スハフ12のカプラー周りをかっこよくしていきます!

デフォルトのスハフ12の車掌室側はこんな感じ。

KATO12系 スハフ12

カプラーがアーノルドになっているので、なんかちゃっちいですね…
ということで、この部分から作業開始!
と、その前に付属のホロも付けておきます!

KATO12系 スハフ12 ホロ

車体を外してホロを取り付けるのですが…
説明書を見ると車体を外さなくてもできるみたい…そうなのね…
ちょっと顔周りが締まりますね!

車体を取り外したついでに、本題のカプラーを交換していきます!

KATO12系 スハフ12 カプラー交換

まずは、ボディマウントカプラーを外します。
ツメを外すと簡単に取れます♪
この写真にもあるようにボディマウントの台座をジャンパ栓タイプのものに交換して、カプラーもアーノルドカプラーからナックルカプラーに交換!
これで機関車と牽引できるようになりました!

後は逆の手順でカプラーとボディマウント部品を取り付けて完了!

そして出来上がったのがこちら!

KATO12系 スハフ12 ディテールアップ完了!

めっちゃ足回りがかっこよくなった!これはすごいなぁ…
このジャンパ栓の感じ…たまらん(*´Д`)

それでは旧ロットの製品と比較してみましょう!

右:旧製品、左:新製品 KATO12系 スハフ12

SL飛騨路号のヘッドマークがついているのが旧製品。
モリヤスタジオさんのヘッドマークをくっつけてあります(笑)
パッと見はさほど変化が無いように感じますが、よーく見ると足回りやテールライト、屋根周りのディテールがめっちゃパワーアップしています!
一番変わったのは足回りとテールライトじゃないかな…

側面はこんな感じ。

左:旧製品、右:新製品 KATO12系 スハフ12

JRインレタがついているのが旧製品。
インレタはあとから付けました。
側面は方向幕の部分がしっかり白くなっているところと発電機の色分けがされた感じです。

それでは次!室内灯を付けます!
ただ室内灯をつけるだけです。

KATO室内灯クリア

お馴染みのLED室内灯クリアです。
6両セットなので6両分入りのやつを購入。
クリアだと紫に近い白になるので、オレンジのフィルターを使用します。

KATO室内灯クリア 12系に取り付け

はい!取付完了!
いつもながら簡単で助かってます♪

それでは点灯試験を開始します!

点灯!

KATO室内灯クリア試験点灯

点きました♪
ちょっと紫に見えますね。カメラを通すとより紫に見えるなぁ…
肉眼で見るとこの写真ほど紫ではないです。
そして、やんわりつきますね。
この点灯状態はパワーパックをかなり回した状態です。
暗くすると実力を発揮します!まさに本物と同じ感じです。

ということで、電気を消します!

KATO室内灯クリア夜間点灯

いい感じになりました♪
それにしてもテールライトめっちゃきれいに光りますね…ウットリします…

これにて無事スハフ12のディテールアップが完了しました!
あとは中間車とオハフ13も同様にいじります!
次回は中間とオハフ13の様子を取り上げようかな…

【KATO12系開封!】さらに細かくなって再登場!~スハフ12編~

そういえば今日9月21日は諏訪しなのの運転日でしたね…そんなこともつゆ知らず私は仕事でした。どうもTakayamaLine85です。

愛称幕の原寸大シール、欲しいなぁ…と思いますが、持ち運びが…大変そうですね(^_^;)

さて、三連休は台風も接近ということで、模型いじりを行います!

ということで、今回はカトーの12系6両セットを開けてみます!
普段は高山本線だけを集めるように心がけていますので、12系は本当は…対象外なので、買わないはず…でも買っちゃったんですよね…
手が滑って注文確定ボタンを押しちゃったわけです(^_^;)

あ、そうそう!12系は高山本線とは関係ない…というわけではないんです。
12系といえば、高山本線60周年の「SL飛騨路号」の客車でもありましたね♪
あとはナコ座でも12系がいましたね…懐かしい…

KATO12系

それではオープン!

KATO12系 オープン!

シールは、

どーん!
美しい青色が目に入ります!
一応国鉄仕様なので、今現存する12形たちとは若干違うのかな?
あまり12系に詳しくない(^_^;)

今回は緩急車でディーゼル発電機を搭載しているスハフ12にフォーカスを当ててみていきましょう!

KATO12系 収録パーツ

付属パーツはホロ、ナックルカプラー×2、ボディマウントカプラーとジャンパ栓類の足回りディテールアップパーツ…といったところですね。

KATO12系

発電ディーゼルエンジンだけグレーに色分けされています♪
この細かさは素晴らしい…

KATO12系 シール

付属シールの種類はいっぱい!
12系自体も広範囲で活躍しており、臨時列車や長距離列車として運用に入ることが多いことから、方向幕のバリエーションを大量に保有していた車両ですね。
今回は九州方面の急行が多いです。急行かいもん、急行日南の側面方向幕や急行きその愛称サボも収録されています!
24系用のトレインマークも収録されとる!

KATO12系 ベンチレーター

そして、カトーさんも一押しのポイントは屋根のベンチレータ!
6両セットだけ、屋根部分に強化材が入った姿を再現しています!
屋根の真ん中にスーッと段差が入っています。

そして、12系の足回り。

KATO12系 スハフ12台車

トイレよりの台車に丸いものがついていますね…
調べても調べてもわからない…
これは何でしょうか?

そして妻板はこんな感じ。

KATO12系 スハフ12妻板

埃がついちゃった…
シンプルな妻板ですが、細かく仕上がっています!
そして、何といってもボディマウントカプラーですよ!

KATO12系 連結間隔

ボディマウントカプラーでより連結間隔が狭くなり、実写に近づきました!
この連結部分堪らん!(*´Д`)ハァハァ

さて、次回はスハフ12にパーツと室内灯を取り付けてみます!
次回へ続く…

【鉄道模型をいただきました♪】カトーC571旧ロットを分解!~ボイラー分解編~

前回の続きです。
前回の様子はコチラをクリック!

この1週間、仕事から帰ってくるたびに分解と清掃を繰り返しています。どうもTakayamaLine85です。

さて、C571を分解しているわけですが、今回は機関車、ボイラー部分を分解していきます。

カトーC571 旧ロット分解!

分解!しちゃいました!
途中のプロセスは割愛しちゃいました(^_^;)
先台車は動輪との間のねじを外して、従台車もモーターユニットとつながっているねじを外すだけ。

ボイラーボディとモーターユニットを外すときは…

カトーC571 旧ロットボディ

キャブの部分を両手でちょっと広げると動輪・モーターユニットとボディが取れました。
旧ロットなので仕組みが単純かつ分解が簡単です♪

カトーC571 旧ロット分解!

今回は動輪・車輪類の洗浄とボディの洗浄をするので、モーター部分まで分解します。
死重ついでの通電鉄?まで分解します!
これで洗浄しやすくなった!

さて、洗浄はこちらを使います。

ニューデカール

仏具を綺麗にするやつを利用(笑)
これを使っても大丈夫かわかりませんが、とりあえずこれできれいにして試運転したいです。
デカールと聞くと模型のあれのほうを想像しますけどね…
このおねーさんが妙に艶やかなんですよね…

デカールを希釈して車輪を付けてみましたが…

C571動輪

あんまりくすみが取れてないなぁ…まぁでも汚れは取れたみたいなので良しとします!
他の車輪たちは…

C571の車輪たち

そこそこ綺麗になった気がする…
あれだな…ビフォーを撮影し忘れたもんだから比較ができないなぁ…

あとはボディーですが、埃が酷いので、そのまま水洗いをして水けを取り、よく乾かします。

さて、それでは乾かして、明日、組み立てて試運転です!

次回へ続く…

【鉄道模型をいただきました♪】カトーC571旧ロットを分解!~テンダー編~

北海道旅行の余韻に浸りつつ、本業の高山本線に戻らねば…と思う今日この頃…
どうも、TakayamaLine85です。
そういえば、私のツイッターの名前をちょっと前に変えまして…「たかやまライン85」に変えました。
英語表記だと日本人は入力しづらいですよね…
ツイッターの名前も変えたので、ぼちぼち、英語表記から日本語表記に変更しようかな…
以上どうでもいい報告でした(^_^;)

さて、今回は鉄道模型。しかも蒸気機関車です!

KATO C571 旧ロット

ドドーン!シゴナナです!しかも伝説のやまぐち号牽引のC571号機!
鉄道模型は極力高山本線だけにしようと心に決めている私、TakayamaLine85ですが、今回は珍しく他線区のNゲージです。

なぜ、C571なのか…といいますと、私の地元で有数のジオラマを所有されるMさんが所有していたC571なんです!
Mさんのお手伝いをした報酬としていただきました♪
Mさん!ありがとうございます!

さて、今回いただいたC571を分解していきましょう!

KATO C571 旧ロット ボイラー部分

しかしながら、このC571、今発売された新製品ではなく、かなり前に発売された旧ロット製品。
Mさん曰く、ずいぶん走らせてないので、走らなかったら返してくれていいよ!とのこと。
確かに、ボイラー部分やキャブの屋根部分は埃が…
これは分解してきれいに洗いましょう!

KATO C571 旧ロット キャブ部分

キャブ部分のモーターがむき出しなのが旧ロットの証。
最近の蒸気模型って、キャブ部分が精密にできていますよね…
モーターが小型化され、よりディテールがアップしていますよね…
でもこれは旧ロット、これはこれでいいね!

KATO C571 旧ロット ロッド・ピストン部分

続いてロッド回り。
赤い色差しがいかにもやまぐち号感がします♪
調べてみると初回品らしいですね。
1983年初回製造らしいですが、これも1983年製造なのかな?

KATO C571 旧ロット 連接部分

テンダーとボイラーの間はドローバーになっています。
テンダーの先行台車のねじを外すとテンダーと機関車が外れます。

KATO C571 旧ロット 後ろ

ちょっと残念なのが、テンダーの後ろ、ナンバープレートがかけているのと、ナンバープレート右側にマジックの汚れのようなものが…消えればいいけどなぁ…

KATO C571 旧ロット 集煙装置部分

やまぐち号の初期といえば集煙装置!
この独特な形、たまりませんね!

さて、今回はテンダーを分解します!
ボイラーの分解は次回におあずけ♪

KATO C571 旧ロット テンダー台車分解

まず、テンダーの先行台車を外します。
そうすると自動的にドローバーが外れます。

まず、カプラー交換しときます。
テンダーの後部台車は爪を外す感じで取れます。

KATO C571 旧ロット アーノルドカプラー

アーノルドを…

KATO C571 旧ロット カトーカプラーに変更

KATOカプラーに変更!これでカプラーがスマートな形になります。
私の所有しているカトー車両はボディマウントを除き、ほとんどKATOカプラーに変更しています。

あとはテンダーを分解すればおしまい!

KATO C571 旧ロット テンダー分解

石炭がある部分は死重が入っています。
銅線と終端の何かしらの装置もあります。抵抗?知らんけど(笑)
さて、次回はボイラー部分を分解していきます!
次回へ続く…

【鉄道模型】小さなジオラマ制作奮闘記録~1.ガラケー画像でごめんなさい~

え~。最近私のブログのアクセスがビューンと伸びたことがGoogleアナリティクスを見て発覚いたしました…

なぜなのか…
変わったことといえば、鉄道模型の記事を上げてみたこと。
工作といえるほど凝ったことはしていませんが、その記事を上げたとたんにビュンと上がったわけですね。
恐らく理由は鉄道模型ネタに皆さんが喰いついてくださったから。だと思います。
逆に「8月の今月の1枚」の記事を上げたら反応は悪いっぽかったので、やはりバズった理由は模型なのかな?と確信し始めたTakayamaLine85です。

さて、今回は試しに鉄道模型ネタをアップしてみようと思い、我がジオラマの制作記を載せていこうと思います!

遡ること2年前、2017年5月頃…
まだ私がガラケーを使っていたころ。
買った模型をテストランさせるためにジオラマの制作をスタートしました。
初めてなので、そんなに大きくないものでゆっくり作っていこうという計画です。
初めてのジオラマは分割しやすくて、大きくないサイズという条件で制作スタート!

まず、地盤はダイソーで買ったMDF板をベースにジオラマを作りました。
MDF板の寸法が300㎜×400㎜。それを4枚で1つのジオラマを作る計画です。

残念ながら、全工程を撮影していないので、途中から。

ジオラマ俯瞰

今回の画像は、ガラケーで撮影しております。
今はスマホと一眼ですが、当時はガラケーと一眼でした。
一応記録程度にガラケーで撮っていたものと思われるので、画質が悪いかもしれません…いや、悪いです(笑)

このジオラマの地層はMDF+4㎜程度のコルクボードがベース。
建物はほぼすべてさんけいさんのみにちゅあーとシリーズのペーパーモデル。
建物はあとで照明を入れることを見据えて取り外し可能にしてあります。
4㎜のコルクボードにすることで、レールとほぼ同じ高さになります。
道路部分はコルクの上に灰色を印刷した紙を貼っています。

ジオラマ駅部分から街を見る

特にどこの町をイメージしたわけではないです。
コンセプトは昭和・平成、どの車両でもしっくりくるレイアウト。
右下の道路が色変化していますが、インクジェット紙にボンド水が浸入したためこんな感じになりました。
メインとなるストラクチャはトンネルと神社・小さな機関庫・駅舎です。

キハ58がいる側から見るとこんな感じ。

神社と山建設予定地

右側の等高線を書いてあるところが山と神社部分になるところです。
田んぼはお手軽に色を塗った紙を貼り、その上にアクリル板を貼っただけ。
水鏡を期待していますが、さてどうなることか…?

ローカル駅建設予定地

駅部分はTOMIXのローカル駅舎を塗装変更して流用。

ナガラ1とキロハ84

キロハ84が試運転している写真が出てきました…何のために撮ったのだろうか…

ここから山部分を建設していきます!

山部分を建設するにあたり、ストラクチャーが邪魔なので、取り外します。
ご覧の通り、道と家の基礎部分の高さを若干異なっています。
家のほうが4ミリ低く、その一部は2ミリのコルクを貼っています。
建物側は2ミリのコルクを底に張り付けているので、スポっとはめ込む感じにしてあります。

トンネル部分の山

一部は段ボールで高さを詐称(笑)
グリーンマックスのトンネルポータル、そして百均でおなじみダイソーの発泡スチロールで大まかな等高線を作り、ダイソーのセメントで滑らかに。
あえて、山づくりはトンネル部分までの高さで止めています。
このやり方は邪道ですね(笑)

分割面

どうしても山部分が分割せざるを得ない位置に来てしまったので、しぶしぶカット!
地層みたい(笑)

山の頂上ユニット部分

山の部分は中腹と頂上部分の2つに分割できるようにして、収納しやすくしました。
ということで、中腹より上部分も別途作っておきます。

トンネル部分と山

全体の成型が完了!
奥にも見えている通り、補修用セメントを使用しています。
崩れやすいかもしれませんが、丁寧に扱うしかないですね。
なんせ初めてのジオラマですから。

言葉だけで説明するのは難しい!もっとちゃんと撮っておけばよかった…
次回は山に木を植えていきます。

【鉄道模型】カトーキハ58に室内灯を取り付けてみた。

キハ58ばかりいじっているような気がする今日この頃。
どうもTakayamaLine85です。

先日から特にネタがないので、ただただ模型工作(工作というほどのことはしていませんが…)を投稿していたら結構見ていただいているみたいで嬉しい♪

今回はKATOキハ58に室内灯をつけてみたというお話。

いつもは付けない付属のシール類をつけてみた

KATOキハ58は鉄道模型の中でもロングセラーな商品ですね。
最近は新規金型で新登場し、一新しましたよね♪

KATO 11-211LED室内灯クリア

室内灯はコチラ。
電球色のやつにしようかと思いましたが、あえてクリアにしてみました。
最近の列車みたいな青白さは出るのでしょうか?違和感が出なければいいけどな…

さぁ!キハ58を分解!

KATOキハ58 モーター車

いつもの通り、車体を外し集電シューを入れようとした、そのとき!

KATOキハ58説明書

キハ58の説明書に何やら書いてある…
モーター車はいつもと勝手が違うみたいですね…

この車両の場合、室内灯セットに入っているものをちょっといじる必要があります。

集電シューを曲げる

写真のように集電シューの頭を折る必要があります。
もちろん2本ともおります。
するとこんな感じ。

集電シューとライト基盤

集電シューを折らないとライト基盤の足がはまらなくなります。
と同時にライト基盤の白いカバーを外す必要もあります…
ライト基盤が裸の状態になれば正解みたい…
そしてライト基盤の後ろの凸をデッキ部分の青い部分の四角い穴にはめると安定します。
カラーフィルターはゴム系接着剤で接着させました。これでよかったのだろうか…

これでモーター車両は終わり。次はトレーラー車。

KATOキハ28 室内灯取り付け!

こちらは集電シューをそのままデッキ部分に差し込んで、上からライト基盤を差し込むだけ♪
ライト基盤の足と集電シューの銅板が接触していれば室内灯は付きます。

KATOキハ28 室内灯取り付け!

そして忘れてはならないのはクリアなこのプリズム部分。
このプリズムが光を車両全体にいきわたらせるわけです。
折り目があるので適度な長さに折って車両の柱に取り付けます。

それでは点灯試験開始!

KATOキハ25 室内灯点灯!

車体のクリーム色も助けてくれていい感じに♪
椅子のモケットの色が再現されているので、まぁ実写に近いかな?

走行テストも敢行!

KATOキハ58試運転

いい感じに走ります。
低速がすごい!とにかく低速がすごい!最近のモーターはすごいですなぁ…
このジオラマについても追々ご紹介していきたいなぁ…

キハ58高山色についても室内灯取り付けをしたいので、TOMIXの室内灯も買っておこうかな♪
ポポンデッタの室内灯も気になりますが、さて、買うかどうか…

【鉄道模型】トレインボックスキハ58高山色を開けてみた。

TakayamaLine85は鉄道模型も集めています。
高山本線を中心に集めているんですが、「高山本線」というワードが付いた模型はどうしても気になってしまいます…

ということで、今回はキハ58高山色…

ん?高山色?
急行たかやま色は有名ですが、高山色?
実は高山本線の高山から富山間、まだ普通列車が直通で走っていたころ、一時、一部のキハ58が高山本線オリジナルカラーになっていたころがありました!

ということで開封!

トレインボックスキハ58 高山色

この高山色はトミックス製なんですが、JR西日本商事が発売しています。
トレインボックスと聞くと鉄道ファンにはお馴染みですね。
JR西日本のグッズはトレインボックスで売っているので、要チェックです♪
そして、トレインボックス発売の鉄道模型は高い!
日本で最後のJRキハ58・キハ28として走った高山本線のゴハチの模型も高かったなぁ…買ってないけど。

トレインボックスキハ58 高山色

さて、このキハ58を買うともれなくトートバックがもらえます。
ちょうどキハ58 2両が入るトート。小さめです。

じゃんじゃん開封!

トレインボックスキハ58 高山色

スライドさせると…出てきました!

トレインボックスキハ58 高山色

同梱物はこんな感じ。
スノープロウ・排障器・幌・列車無線アンテナ・列車無線アンテナを取り付けるための治具…といったところです。

トレインボックスキハ58 高山色

ちょうど、先日買ったカトーのキハ58があったので、比べてみます。
キハ58も新しい金型になったので、より細かくなりましたね!
窓のHゴムの色が違いますね。

さて、部品を取り付けます!

トレインボックスキハ58 高山色

車体を取り外すとこんな感じ。シートは西日本ゴハチらしい茶色っぽい色。
というか赤に近いかな。

列車無線アンテナ・排障器・スノープロウを取り付けると…

部品取り付けビフォーアフター トレインボックスキハ58 高山色

やっぱり絞まったお顔になりますね!雪国らしい顔つきに。
幕が高山なのがうれしい♪
デフォルトで高山になっています。

そして、やってみたかったことをやって、今日は片付けます。

やってみたかった異種連結 トレインボックスキハ58 高山色

これこれ!
調べると東海のキハ40と併結していたことがあったんですね…
これはいいですね♪
足回りがグレーなのは時代がおかしいことになりますが、ご愛嬌♪

ぼちぼち模型大運動会したいなぁ…