【鉄道模型】TOMIXキハ58高山色に室内灯をつけるだけのブログ

さて、連日の模型いじりでございます。
ホントは高山本線の南部撮り鉄にも行きたいし…北部にも行きたいのに…

暑すぎる!!

外にも出る気がしません。ちょっと危険ですよね…ちょっと雨降らんかね…

今回は、先日開封したトミックスキハ58「高山色」に室内灯を付けます!
ちなみに前回、開封した時のブログはコチラ!
まずは開封します!

トミックスキハ58と0733室内照明ユニットLC

トミックスの純正室内灯はコチラ。
常点灯対応のLシリーズですね。
ポポンデッタの室内灯もいいらしいですね♪
試してみたいなぁ…いつか(笑)

それでは分解!

キハ58高山色分解

まずはトレーラー車から。
デッキ側にある2つの四角い穴に室内灯のバネを差し込むわけです。
室内灯には少々下ごしらえをします。

TOMIX室内照明ユニット0733

付属の白いシールをライト基盤部分に貼ります。
少しでも遠くに光が届くようになるみたいです。

0733室内灯装着!

バネをデッキの四角い穴に入れて、ツメに引っ掛ければ完了!
点灯しますね♪
トレーラーはこれで終了。

モーター車は少々加工が必要です。

0733照明ユニット説明書

説明書にある通り、ばねの一部をカットします。

室内灯を装着!

カットしたらモーター車も基本は同じ。
穴にかけて…

装着完了

赤い柱部分の爪に引っ掛ければ装着完了!
こちらも光りました!

室内灯の色を見てみましょう♪

室内灯消灯状態

最初はこんな感じ。まぁ…普通の状態です。

それでは点灯!

室内灯点灯状態

点灯すると赤い座席がはっきりとわかりますね!
電流が高めなので、かなり光っていますが、走行させるといい感じの光になります♪
ホントだったら、座席と床を塗り分けないといけないのですが、今回はここまで。

ただただ、室内灯を取り付けるだけのブログでした~!

【鉄道模型】小さなジオラマ制作奮闘記録~1.ガラケー画像でごめんなさい~

え~。最近私のブログのアクセスがビューンと伸びたことがGoogleアナリティクスを見て発覚いたしました…

なぜなのか…
変わったことといえば、鉄道模型の記事を上げてみたこと。
工作といえるほど凝ったことはしていませんが、その記事を上げたとたんにビュンと上がったわけですね。
恐らく理由は鉄道模型ネタに皆さんが喰いついてくださったから。だと思います。
逆に「8月の今月の1枚」の記事を上げたら反応は悪いっぽかったので、やはりバズった理由は模型なのかな?と確信し始めたTakayamaLine85です。

さて、今回は試しに鉄道模型ネタをアップしてみようと思い、我がジオラマの制作記を載せていこうと思います!

遡ること2年前、2017年5月頃…
まだ私がガラケーを使っていたころ。
買った模型をテストランさせるためにジオラマの制作をスタートしました。
初めてなので、そんなに大きくないものでゆっくり作っていこうという計画です。
初めてのジオラマは分割しやすくて、大きくないサイズという条件で制作スタート!

まず、地盤はダイソーで買ったMDF板をベースにジオラマを作りました。
MDF板の寸法が300㎜×400㎜。それを4枚で1つのジオラマを作る計画です。

残念ながら、全工程を撮影していないので、途中から。

ジオラマ俯瞰

今回の画像は、ガラケーで撮影しております。
今はスマホと一眼ですが、当時はガラケーと一眼でした。
一応記録程度にガラケーで撮っていたものと思われるので、画質が悪いかもしれません…いや、悪いです(笑)

このジオラマの地層はMDF+4㎜程度のコルクボードがベース。
建物はほぼすべてさんけいさんのみにちゅあーとシリーズのペーパーモデル。
建物はあとで照明を入れることを見据えて取り外し可能にしてあります。
4㎜のコルクボードにすることで、レールとほぼ同じ高さになります。
道路部分はコルクの上に灰色を印刷した紙を貼っています。

ジオラマ駅部分から街を見る

特にどこの町をイメージしたわけではないです。
コンセプトは昭和・平成、どの車両でもしっくりくるレイアウト。
右下の道路が色変化していますが、インクジェット紙にボンド水が浸入したためこんな感じになりました。
メインとなるストラクチャはトンネルと神社・小さな機関庫・駅舎です。

キハ58がいる側から見るとこんな感じ。

神社と山建設予定地

右側の等高線を書いてあるところが山と神社部分になるところです。
田んぼはお手軽に色を塗った紙を貼り、その上にアクリル板を貼っただけ。
水鏡を期待していますが、さてどうなることか…?

ローカル駅建設予定地

駅部分はTOMIXのローカル駅舎を塗装変更して流用。

ナガラ1とキロハ84

キロハ84が試運転している写真が出てきました…何のために撮ったのだろうか…

ここから山部分を建設していきます!

山部分を建設するにあたり、ストラクチャーが邪魔なので、取り外します。
ご覧の通り、道と家の基礎部分の高さを若干異なっています。
家のほうが4ミリ低く、その一部は2ミリのコルクを貼っています。
建物側は2ミリのコルクを底に張り付けているので、スポっとはめ込む感じにしてあります。

トンネル部分の山

一部は段ボールで高さを詐称(笑)
グリーンマックスのトンネルポータル、そして百均でおなじみダイソーの発泡スチロールで大まかな等高線を作り、ダイソーのセメントで滑らかに。
あえて、山づくりはトンネル部分までの高さで止めています。
このやり方は邪道ですね(笑)

分割面

どうしても山部分が分割せざるを得ない位置に来てしまったので、しぶしぶカット!
地層みたい(笑)

山の頂上ユニット部分

山の部分は中腹と頂上部分の2つに分割できるようにして、収納しやすくしました。
ということで、中腹より上部分も別途作っておきます。

トンネル部分と山

全体の成型が完了!
奥にも見えている通り、補修用セメントを使用しています。
崩れやすいかもしれませんが、丁寧に扱うしかないですね。
なんせ初めてのジオラマですから。

言葉だけで説明するのは難しい!もっとちゃんと撮っておけばよかった…
次回は山に木を植えていきます。

【鉄道模型】先頭車博物館。ファーストカーミュージアムの新幹線を開けてみた。

さて、最近、再び鉄道模型を再始動し始めたTakayamaLine85です。
乗り鉄、撮り鉄に忙しく、なかなか休日に鉄道模型を広げる機会が少なくなっていたので、ぼちぼちお座敷レイアウトとジオラマを堪能しようとしています。

ということで、キハ58高山色に次いで、新商品です♪

ファーストカーミュージアム

テッテレー!
先頭車博物館と書いて「ファーストカーミュージアム」!
先頭車だけ売っている鉄道模型という斬新な商品です。
最近トミックス商品ばかり開けている気がするぞ…
TOMIXの回し者というわけではないです(笑)

ファーストカーミュージアムN700系新幹線

中を開けると入っているのはこれだけ。
車両とレール1本。
ストレートレールS158.5が1本。
未塗装・未装飾のレールみたい。確かにあっさりした印象。

あとは説明書と福袋の抽選券が入っているくらい。

今回は新幹線だけ買いました!

ファーストカーミュージアムと我がPC

ラインナップは300系、N700系、W7系、E5系、E6系です。
他にも山手線、大阪環状線、成田エクスプレスが在来線のラインナップです。

これだけで卓上がおしゃれになります。
ブログを書く気力が失せるくらいの美しさ…ウットリ…

新幹線長さ比べ ファーストカーミュージアム

各新幹線を長さ別で並べるとこんな感じ。
やっぱ秋田新幹線はミニ新幹線規格だけあって、小さいですね。
それにしてもN700Aがかなり長い!
輸送力重視な感じが伝わってきますね。

ファーストカーミュージアム、開館。

夜の新幹線車両基地みたい…
通常ではありえない並び…これが鉄道模型の醍醐味ですよね!

ひとつずつ車両を見ていきます。

東海道新幹線300系 323-25

私にとっての新幹線はこのイメージ!
鉄仮面顔最高です!

東海道新幹線N700系 783-1006

そして、今の日本の大動脈を支える東海道新幹線を支えるラージA!

北陸新幹線W7系 W723-101

開業当時から乗らせていただいています!
東京から高山へはこれが一番早い!
時間によっては最速の接続!北陸新幹線!

秋田新幹線E6系 E611-4

秋田美人!このシルエットは最高!
こまちレッドが映えます♪

東北・北海道新幹線 E5系 E523-7

目指せ札幌!
青函トンネルもくぐる!
長ーいお鼻が特徴的!

初めての新幹線模型。
新幹線といえばやはり長大編成になりがちなので、なかなかそろえるのは大変…
この曲線美を手元に収めたいならこのシリーズはおすすめ!

でも、一つ、注意が必要です。

ファーストカーミュージアムは車両の展示を目的としています。
説明書にも連結して走行させることはできません、と書いてあります…
しかしながら、通電はするので、ヘッドライト・テールライトが付きます♪
しかも別売の室内灯も搭載可能。

ファーストカーミュージアム 特徴的な台車

台車部分は特徴的。
転動防止のため、車止めが台車と一体になっています。
転動防止って…運転士かよ(笑)
車輪の転がり(←これが転動)を防止するためについています。

ファーストカーミュージアム 特徴的な台車

後の台車には車止めに銅線がついています。
ちらつきを防止するためと走り出さないようにするための爪としての機能を果たしています。
レールに乗せる時はちょいとコツが必要です。

これはじっくり見るのにはもってこいですね♪
百均で展示用のケースを買って並べて堪能しようかな♪

【鉄道模型】トレインボックスキハ58高山色を開けてみた。

TakayamaLine85は鉄道模型も集めています。
高山本線を中心に集めているんですが、「高山本線」というワードが付いた模型はどうしても気になってしまいます…

ということで、今回はキハ58高山色…

ん?高山色?
急行たかやま色は有名ですが、高山色?
実は高山本線の高山から富山間、まだ普通列車が直通で走っていたころ、一時、一部のキハ58が高山本線オリジナルカラーになっていたころがありました!

ということで開封!

トレインボックスキハ58 高山色

この高山色はトミックス製なんですが、JR西日本商事が発売しています。
トレインボックスと聞くと鉄道ファンにはお馴染みですね。
JR西日本のグッズはトレインボックスで売っているので、要チェックです♪
そして、トレインボックス発売の鉄道模型は高い!
日本で最後のJRキハ58・キハ28として走った高山本線のゴハチの模型も高かったなぁ…買ってないけど。

トレインボックスキハ58 高山色

さて、このキハ58を買うともれなくトートバックがもらえます。
ちょうどキハ58 2両が入るトート。小さめです。

じゃんじゃん開封!

トレインボックスキハ58 高山色

スライドさせると…出てきました!

トレインボックスキハ58 高山色

同梱物はこんな感じ。
スノープロウ・排障器・幌・列車無線アンテナ・列車無線アンテナを取り付けるための治具…といったところです。

トレインボックスキハ58 高山色

ちょうど、先日買ったカトーのキハ58があったので、比べてみます。
キハ58も新しい金型になったので、より細かくなりましたね!
窓のHゴムの色が違いますね。

さて、部品を取り付けます!

トレインボックスキハ58 高山色

車体を取り外すとこんな感じ。シートは西日本ゴハチらしい茶色っぽい色。
というか赤に近いかな。

列車無線アンテナ・排障器・スノープロウを取り付けると…

部品取り付けビフォーアフター トレインボックスキハ58 高山色

やっぱり絞まったお顔になりますね!雪国らしい顔つきに。
幕が高山なのがうれしい♪
デフォルトで高山になっています。

そして、やってみたかったことをやって、今日は片付けます。

やってみたかった異種連結 トレインボックスキハ58 高山色

これこれ!
調べると東海のキハ40と併結していたことがあったんですね…
これはいいですね♪
足回りがグレーなのは時代がおかしいことになりますが、ご愛嬌♪

ぼちぼち模型大運動会したいなぁ…