【高山祭開催!】臨時特急ひだ98号と高山祭宵祭

久しぶりの投稿、どうもTakayamaLine85です。
突然ですが、10月9日と10月10日といえば…
そう!秋の高山祭です!
今回は令和初の高山祭!
最高の天気の下、絢爛豪華な屋台が古い町並を曳き回されました…
ということでその時の様子を…といいたいのですが、今年は平日…

わしは仕事じゃぁぁぁぁぁ!

ということで、日中の様子は撮影していません…
しかしながら、10月9日は絢爛豪華な屋台に提灯がつけられ、幻想的な宵祭が行われます!
仕事をほっぽり出して祭へ!
(ほっぽりだす→飛騨弁で投げ出して)

と行きたいところですが、私は鉄道ファン…
祭の様子の前に高山祭恒例のあの臨時特急の様子からまいります!

9098D 特急ひだ98号 高山駅にて

はい!これですね!特急ひだ98号!
高山駅を20時50分に発車して、名古屋に23時31分に到着するという上りで最も時間の遅い特急です。

まさに宵祭を見た後でも名古屋に帰れるという都会の皆さんには嬉しい特急です。

かつては鹿スカートキハ85-0が入ったりして、インパクトがありましたが、今はそれほどでも…
ではありますが、ひだ98号の車両は南紀運用後に高山までやってくるので、珍しい車両も編成の中におります!

9098D 特急ひだ98号 キハ85-1114高山駅にて

まずは鹿クッション!
この前代走で高山までやってきた彼が中間にサンドされました!
ひだ98号でこのシチュエーション多いな…

9098D 特急ひだ98号 キハ84-1高山駅にて

そして、なんとLED座席種別が特徴的な先行生産車が組み込まれました!

さらにさらに!

9098D 特急ひだ98号 キハ85-2高山駅にて

キハ85-2が先頭!
先行生産車が2両も入っとる!
地味にすごい編成でしたね♪
キハ85-2はなかなか特急ひだに入ることが少ないので、珍しいみたい。
まだ運用について理解しきれていないな、私。

さて、ひだ98号はこれくらいにして、時系列は戻りますが、次は高山祭!

八幡獅子と布袋台

いつもは安川通りを中心に撮影するのですが、今回は場所を変えて、古い町並が多い場所を中心に。
宵祭のスタートは獅子舞から!
道の角を曲がるときは角にたまる邪気を払うため、獅子舞を行いながら前に進みます。

古い町並をゆっくりと

飛騨高山の古民家として有名な日下部家住宅の横を布袋台がゆっくりと進みます。
それにしても人が多い!
ユネスコ無形文化遺産に登録されてからドッと増えた気がします。

大八台、夜を駆け抜ける

建物が黒いので、より暗くなり撮りづらいところではありますが、しっかり撮れたらホントに画になります。
場所取りから撮り方まで、新しいことに挑戦してみましたが、課題がたくさん出てきました!
そして、まだまだ屋台と美しく絡められる場所が多いなぁ…と感じた1日でした。

この日の夜、気温は8℃くらいまで下がりました…
吐く息が白くなり、高山祭が秋の訪れを知らせてくれました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です