【祝高山本線全通85周年!】嗚呼、懐かしの高山駅…

やっとで秋らしくなりましたね…いよいよ紅葉の高山本線を撮るぞ!
どうもTakayamaline85です。

さて、1日遅れてしまいましたが…

高山本線!全通85周年おめでとうございます!!!

いやぁ…85年目か…
昭和9年10月25日に高山駅の北よりでレールが繋がり、開業となりました!
富山からの飛越線と岐阜からの高山線が繋がりました!
国鉄時代は様々な未成線が多い中、よく繋がってくれたと思います。
当時はまだまだ鉄道が主力の時代だったというのも全通につながった要因ですね。

1日遅れましたが、お祝いしましょう!

ということで、今回は全通した日に開業した高山駅の懐かしい写真たちです。
全通と同時に高山駅や飛騨一ノ宮、上枝などなどの周辺駅も同時に開業しました。

かつての高山駅

高山駅といえばこれですよ…あぁ懐かしい…
今となっては橋上駅となってしまいましたが、かつてはコンクリート造りのレトロな駅でした。

かつての高山駅待合室

待合室はこんな感じ。
狂おしいほど懐かしいです…(*´Д`)
キオスクは待合室側とホーム側に両方窓口があって、駅弁の金亀館も同様に両方売り場がありましたね…
この写真を引っ張り出してきて、懐かしさのあまり、ずーっと見入ってしまいました。

高山駅待合室金亀館

駅弁の金亀館のシャッターが閉まるとこんな感じ。
ひだ19号で帰ってきた後にこのシャッターを見ると妙に寂しくなるんやさなぁ…
これも懐かしい…

そして改札。

旧高山駅改札

この木の改札、もうね、懐かしすぎて言葉が出てこないですよ…
ヘタクソな腕ながら記録しておいてよかった…
この改札の向こうに出札改札がありましたね…

今の高山駅は橋上なので、ホーム移動は上に上がりますが、かつての高山駅は地下道でした。
この「ようこそ高山へ」の文字は高山駅の象徴でしたね…
今この看板は捨てちゃったのかな…誰か保管しとるんかな…
アニメ「氷菓」でもこのシーンは出てくるみたいですね。

そして、1番線。

旧高山駅1番線

ホームにはキオスクと金亀館がありました。
撮影当時は高山駅の旧駅舎の使用が終了した後だったので、どちらのお店もシャッターが寂しく閉まっています…
冬のひだ2号に乗るとき、改札を通って、列車に入った後、暖かい飲み物を買い忘れたときにキオスクで買った記憶が懐かしい…

そして、普段は入れない高山駅駅長室に隣接している貴賓室も見ましたね…
解体前の内覧会で入った時の写真。

そして、高山駅といえば…

ステンドグラス!
所々で使われているのですが、なかなか見つけるのは難しいかも…
高山駅の特徴的な長細いガラスの内側はステンドグラスなんです!
昭和9年の開業当時としては最新のデザインと建築技術を使用した建物でしたね。

飛騨の夜明けと呼ばれて85年。
駅舎も変わり、車両も変わりましたが、今も人々を乗せて走ります。

これからもよろしくね!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です