【マイクロエースキハ8000開封!】あぁ…懐かしの北アルプス

ついに届きました!首を長~くして待ちました!
もうワクワクが止まらんですよ!ということで早速本題へ!

キハ8500系とキハ8000系

今日はこの車両!

マイクロエース キハ8000系特急「北アルプス」晩年編成!

いやぁ…かっこよすぎでしょ…
今となってはどちらも引退しましたが、新旧の並びです!
名鉄の車両なのに国鉄カラーリングというこのギャップが堪らんですよね!

晩年編成ということは…

キハ8500系とキハ8000系とキハ85系が並ぶ!

キハ85とも並んだ編成!ということで、高山本線のスター大集結!
奥にはキハ82もいますね♪
マイクロエースはニッチなところに入ってくるので、嬉しいですね♪

さて、それでは車両をじっくり見ていきましょう!

マイクロエースキハ8203

まずはキハ8203。
キハ82と同様の曲面ガラス、大きな窓、独特の折り戸…そして大きなグリル…
名鉄と国鉄がミックスされた感じが堪りません!
晩年編成は
<キハ8205+キハ8201>キハ8203>
です。
全て先頭車です。

全て先頭車…なかなかカオスですな(笑)

マイクロエースキハ8201

モーター車は真ん中の8201。
車両の仕様はすべて同じですね。

マイクロエースキハ8205

そして、最後尾。
足回りは晩年らしくグレーに。
かつての急行たかやまや急行北アルプスから昇格した特急だけに歴史もいっぱいです♪
神宮前から新鵜沼、高山本線に入って下呂・高山…富山と抜けて立山まで向かった特急の風格がにじみ出ています!

そして、細部は…

キハ8000系の細部

中々細かく作られています。
ジャンパやエアホース類が細かく再現されています!
やはり大手メーカーのほうが精密ですが、マイクロエースも頑張っています!
ヘッドライトの間にあるのは、名鉄名物のミュージックホーンスピーカー!
高山本線区間では鳴らしてはいけなかったらしいですね(笑)
サービスで鳴らしてくれたこともあったらしいけど…

そして、車内は…

キハ8203車内

しっかりシートが塗り分けられています!このディテールには驚きました!

そして、驚いたことがもう一つ!

なんと!サボはすでに印刷済みだった!
「特急北アルプス」と号車サボは印刷済みでした!

行先サボとヘッドマークはシール式になっているので、貼る必要があります。
あとは室内灯も組み込まないといけないので、まだまだ作業が必要ですね…
ということで次回は室内灯を取り付けてみようと思います!

「【マイクロエースキハ8000開封!】あぁ…懐かしの北アルプス」への3件のフィードバック

  1. これ、楽しみにしてました。
    8200×3 がやりたくて、でもMが無かったからせめてもディスプレイと思って、バラシ売りをやっていた店に行ったけど、3輌揃わなくて断念したことを覚えています。失業や引越とやたらと出費の嵩む中でも、これだけは!と。
    今は、テレビの前に飾ったいるけど、やっぱり、いいですね。機会に恵まれずに乗った経験は無かったけど、急行色の頃から指くわえて眺めていたことを思い起こします。
    ただ残念なのは、ステッカーに、文字の「特急北アルプス」が無いことですね。晩8200×3では文字ヘッドは無かったかもしれないけど、片側は絵入り、もう片側は文字…にしたかったなー…って。

    1. コメントありがとうございます!
      良いですよね♪
      当時の様子を見たことがあるだけでも羨ましい…
      次回ステッカー貼り付けしますので、お楽しみに!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です