さわやかウォーキングin上呂!自然歩道「健康の道」と歴史・伝説に触れる楽々ウォーキング

もう11月…山々も色づき、いよいよ気持ちいい秋本番です!

といっても、朝冬は冷え込んで2℃・3℃なんてことは当たり前になってきました…
11月の最初の祝日。11月3日にさわやかウォーキングが開催されました。
今回は高山本線上呂駅。上呂駅から飛騨萩原駅までの約4.5キロの道のりです。
目的はもちろん、「Wスタンプ」!
まずは、普通列車で高山から上呂まで。
濃霧で前が見えない(^-^;
とっても幻想的。
4710D キハ25(P103編成) 久々野駅の霧の中にて
かぶりついて上呂に到着。
右:4710Dキハ25(P103編成)と左:4705Dキハ25(P105編成) 上呂駅にて
ここからスタート!
上呂駅さわやかウォーキングスタート!
1キロ歩くと龍泉寺に到着。
龍泉寺踏切と龍泉寺 上呂にて
神社の前にある踏切を渡るとお寺。
高山本線には神社の前やお寺の前に踏切がある光景が結構ありますね。
龍泉寺から山沿いは「健康の道」と言われ、
きれいにウォーキングコースが整備されています。
24D ひだ4号 上呂ー飛騨萩原 南飛騨健康の道より
山沿いを歩くと、急に開けてきます。
雲一つない晴天で、めっちゃ気持ちいい!!
上の写真の場所でふと後ろを振り返ると…
水神の水
おぉ!ここもコースか!上呂富士の水が出ている「水神の水」。
山道を登って、水を飲んで、折り返して降りてきます。
あの高い山は登りませんでしたよ(^-^;
水神の水からちょっと歩くと久津八幡宮に到着。
久津八幡宮と久津第1踏切
ここも神社の境内のすぐ前を線路が走っています。
ほんとに多いですね、この光景。
また改めて撮影に行きたいです。
久津八幡宮から約1キロ。
飛騨萩原の街に入っていきます。
天領酒造と萩原町商店街
ここは飛騨街道の萩原宿で、宿場町として栄えました。
その飛騨街道は今、国道41号におおよそ沿っている形になっています。
ゴールが近づいてきました!
飛騨萩原駅から300メートルの場所にある諏訪神社の境内を横切ります。
諏訪神社
諏訪城址とも呼ばれ、その名の通り、お城でした。
当初、諏訪神社がありましたが、金森時代に南飛騨の要として諏訪城となり、幕府直轄領、いわゆる天領となったあとに再び神社に戻りました。
そんな由緒がある神社を抜けたらゴール!
さわやかウォーキングゴール 飛騨萩原駅
Wスタンプをゲット!
飛騨萩原駅、どこかの雰囲気に似ているなぁ…と思っていたら、
中央本線の薮原駅に似ている気がします。
さて、帰りたいところですが、ひだ5・25号まで時間があるので、撮り鉄タイム!
1026D ひだ6号 飛騨萩原駅にて
4714C キハ25(P1編成) 上呂ー飛騨萩原にて
秋も深まり、木々もいい感じ♪
でも見ごろは来週いっぱいかも…
そうこうしているうちに、ひだ5・25号が入線。
25D ひだ5・25号 飛騨萩原駅にて
高山本線
おなじみの最長編成の一つ、ひだ5・25号。
今日は堂々の10両編成でした。
25号に至っては日本でもトップレベルの最長運行距離を誇っています。
25D ひだ5・25号 車窓
山々もいい色合いです。
カメラで撮るより肉眼のほうが美しい…
そして10両ならではのカーブで先頭が見える車窓がたまらないですね!
家族向けコースで距離が少なめですが、今回はなぜかきつかったですね…
久々野の宮峠越えのさわやかウォーキングのほうが疲れなかったのはなぜなんでしょうかね…?
さて、明日は飛騨古川でさわやかウォーキング!明日に備えます…


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です