【新しくなった電気バスで黒部へ!】トロリーバスから電気バスに変わった関電トンネルで黒部ダムへ!

秋らしくなってきました…かね?最近暑い気がする今日この頃、どうもTakayamaLine85です。

さて、今年は電気バス元年!ということで、唐突ながら黒部ダムへ行きます!
電気バス誕生記念ということで乗車券割引券を去年もらったので、それを使いに…
実は飛騨高山から扇沢経由で黒部ダムに行く場合、往復セット券を買うと6,800円なんです…
一人から申し込める自由散策ツアー型の割引料金の金額です。
にもかかわらず、私は濃飛バス扇沢線正規運賃往復6,800円+関電トンネル電気バス2,050円を支払って黒部ダムまで来てしまったのです…

まぁそんなこんなで、高山濃飛バスセンターから平湯を経由して扇沢へ
一応高速バスです。
松本ICから安曇野ICまで1区間だけ高速に乗るんです(笑)

扇沢で名物の中里さんの口車にのせられ、弁当を購入(笑)

関電トンネル電気バス 黒部ダム駅にて

黒部ダムに到着!
音がとにかく静か!
一般の人は静かで心地いいと思いますが、なんせ先代のトロリーバスがあのGTO-VVVFインバータ搭載だったものですから、私からしたら物足りないです…
トンネル内に響くあの音が聞けないのは寂しいですね…

黒部ダムの虹♪

今回は電気バスに乗るのがメインなのですが、黒部ダムもせっかくなので見ておきます!
ありがたいことに虹が出ました♪
展望台から堰堤までを何回か行ったり来たり…この日だけで会談を1,000段以上は上り下りしたと思う(^_^;)
太陽が出ていたので暑かったぁ…

黒部ダムを満喫し、撮りバスをして帰ります。

関電トンネル交換所

トロリーバス時代は無軌条電車ということでれっきとした鉄道でしたが、電気バスになってから、鉄道としての届を廃止し、バス運行という形になりました。
免許も動力車操縦免許と大型二種から大型二種のみの免許で運転できるようになりました…
とはいえ、出発信号機や通票はまだまだ健在で、鉄道の感じがします。

大破砕帯 関電トンネルトロリーバス

破砕帯をあっという間に通過し…

電気バス 扇沢駅到着!

あっという間に扇沢…
電気バスは扇沢に着いたらやることがあるんです!

電気バス蓄電中

一番大事な充電!
車載パンタグラフをニョキっと伸ばして専用の通電設備にタッチ!
次の発車までの間に充電します!
大容量の急速充電バッテリーの技術の進歩によってなせる技ですね♪

今回の動画です♪

扇沢からは高山まで直行!
楽しい1日でした♪
そろそろ立山黒部アルペンルート通り抜けしたいですね…

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です