さよなら富山駅地上ホーム…富山駅で撮り鉄2019.2.23~その3~

前回の続きです。

前回の撮り鉄の様子を動画にしました。
ブログ記事が先に出来上がっちゃいましたので、今回でのご紹介となりました。
【今や特急はワイドビューひだのみ…】最後の富山駅地上ホーム撮り鉄
まさかの521系が512系になってしまっているという誤植…
やってしまいました…
DAITIさん、気付いていただきありがとうございます!
さて、今回は富山駅の北陸本線時代の名残と富山駅北を見ていきます。
富山駅高架化切り替えに伴う代行バスの案内
新幹線高架、あい鉄下りホーム高架など、何度か切り替えの案内を見てきましたが、これが本当に最後ですね。
そして、富山駅といえば…
富山駅5,6番線から4番線を望む
立山そばですね!
まだ残ってました…もちろん営業はしていませんが…
富山駅5番線の68系車掌停目
北陸本線の特急といえばサンダーバード・しらさぎ。
まだまだ金沢ー大阪・名古屋間を駆け抜けていますが、富山駅時代の名残もしっかり残っていました。
9両の車掌用停目。
この停目の直江津寄りには48系の停目もあります…
北越にサンダーバード、はくたか、しらさぎ…懐かしいなぁ…
それでは、新高架ホームを見て駅構内を出ます。
富山駅3番線から新4、5番線を望む
富山駅3番線から新4、5番線を望む
ほぼ完成!
電光掲示板は調整中の文字が出てました。
てか、こんなにホーム長くする必要あったのか?
最大4~6両程度やろし。
でも、ここを貨物が通る姿を流すとかっこいいやろな…
さて、富山駅北の外観も。
富山駅北
奥のガラス張りの建物が新富山駅北口。
手前が全部なくなるんですよね…
富山ライトレール TLR0607A
ポートラムのズーム流し。
そういや、ポートラムも新車が登場したらしいですね。
楽しみ♪
富山駅北口駅舎と仮設跨線橋
そして、完全に解体される駅舎と跨線橋…
この景色もあと僅か…
南口に戻り…
7018形 富山駅にて
恒例の路面電車闇鉄。
やっぱ富山はいいなぁ…
これにて、使用されている仮設ホームとは今生のお別れ…
いよいよ解体作業と北口周辺整備作業が始まります…


「さよなら富山駅地上ホーム…富山駅で撮り鉄2019.2.23~その3~」への6件のフィードバック

  1. SECRET: 0
    PASS:
    こんにちは512系ドンマイでした(笑)立山そば懐かしいですね。僕は富山方面遊びに行くと帰りに必ず立ち寄りましたね。結構美味しいお蕎麦屋さんでよく寄りました。そして改札出て白えび.マスの押し寿司購入して高山線で高山へ帰るとゆうのが恒例行事でした(笑)新ホーム長いけど必要か?特急来ないのにと僕も思いますね。

  2. SECRET: 0
    PASS:
    > DAITIさん
    コメントありがとうございます!
    立山そば、ホームでは食べたことがないですが、とやマルシェ内で数回食べました。
    富山は食べるものが多すぎて逆に困ります(笑)
    嬉しい悲鳴ですけどね~。
    ホームはやたら長いですね(笑)

  3. SECRET: 0
    PASS:
    こんにちは。
    路面電車の走る街って街が生きてる感がありますよね。
    車イスでも介助者なしで乗り降りできますし。
    昔岐阜に住んでたんですが岐阜は残念だったなぁ。

    北陸本線は食パンが好きでしたね。
    普通電車なのにワクワクしました。

  4. SECRET: 0
    PASS:
    > bun*83さん
    コメントありがとうございます。
    街が生きている感じ、よく分かります!
    低床車が多いので、バリアフリーですね♪
    岐阜も懐かしいですね…豊橋などに移った車両たちも元気のようです。

    食パン…懐かしい!!
    ちょっと寝台特急感があってワクワクしますよね!

  5. SECRET: 0
    PASS:
    こんにちは。遅コメ失礼します。
    私も先日、私なりのお別れをしてきました。北陸本線そのものとの本当のお別れのような気がして切ないですね。

    「一万三千尺物語」試運転、ラッキーでしたね!消え行くホームと、新しい観光列車(車体は十分国鉄ですが) 、貴重な画だと思います。ありがとうございました。

  6. SECRET: 0
    PASS:
    > 季たぐにさん
    コメントありがとうございます!
    いえいえ!いつでもコメントお待ちしてますよ!
    本当に北陸本線が終わる感じがして寂しいですね…
    まさか撮れるとは思っていなかった一万三千尺には驚きました!
    これからは南北直通へと時代が進んでいく富山駅。遠く飛騨から見守っていきたいものです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です